2010年06月30日(水)

アラン『幸福論』―幸せとは何か―第37号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

●レフティやすおの楽しい読書●

2010(平成22)年6月30号(No.37)-100630-アラン『幸福論』―幸せとは何か    
http://archive.mag2.com/0000257388/20100630120000000.html


◆ 別冊編集後記 ◆


今月の「楽しい読書」、実は、予定を変更しています。
なかなか思うように本が読めてなかったりして…。


以前、『種の起源』を取り上げました。
あの時、関連書をかなり読んで、それに時間を取られました。
おもしろい本が数珠つなぎ状態で、読んでも読んでも尽きない感じ。


もっと色々な本を紹介したいのですが、
私自身、古典の名作名著は、50の手習い状態。
名作に関しては、若い頃も少しは読んでいましたが、
名著の類は全くと言っていいぐらい、読まず嫌い。


というと聞こえがいいですが、
要するに、能力的にその域に達していなかっただけかも…。


50歳になってやっと、そういう教養の類が必要だと分かるようになってきた
あるいは、必要だと感じるようになってきた、というべきか。


やっとこ世間の人並みに、自分というものがどの程度のものかわかるようになり、
少しは勉強しなきゃ、という気になったというべきでしょうか。


まあ、この程度のレベルの人間がやっていることです。
気楽に読んでいただければ、と思います。


 ・・・


アラン『幸福論』のことを少し。


哲学の三大幸福論については名前はずっと昔から知っていました。
若い頃はこういう本も一般書店でも結構並んでいたと思います。


中でもアランのものは、各社文庫本が出ていたと記憶しています。
それだけとっつきやすい本で、愛好者も多かったのでしょう。


私も、少し前からこの本だけは読んでいました。


まとまった読書ノートのような文章は残していません。
その代わり、古本屋で購入した本に、色々書き込みしています。


私は基本的に本に書き込みしない方なのですが、
この本と『武士道』は、古本屋で購入したものに書き込みしています。


手放す予定がない、という証拠でしょう。


将来手放すかもしれない本は、きれいなまま読むように心掛けています。
それが本に対する礼儀だと思って。


 ・・・


アランの『幸福論』における楽観主義についての批判というのは、
わからないでもないのですが、
私はやはりアランの立場を支持します。


私の幸福についての考えを言えば、
「生きていることが幸福だ」ということでしょうか。


人生そのものが不幸である、
人は生まれながらにして不平等である、
生きていること自体が苦である、
死の怖さや無常さ、
といった考えは理解できます。


仏教でも四苦八苦と言います。
出自がその人に一生付きまとうのも事実でしょう。


しかし、それでも、死は人に平等にやってきます。
そういう意味では生は、平等かもしれない。


そして、その生を精いっぱい生きること
良い方向を目指して努力すること
それがヒトに課せられた義務のように思います。


天・神・大いなるもの、他なんと呼んでもいいのですが、
そういう存在から与えられた生を全うすることが
生き物としての幸福以外の何でしょうか。


私はそんなふうに考えています。


人は生きていることがしあわせ、です。

幸福論 (集英社文庫)/アラン
¥680
Amazon.co.jp

幸福論 (岩波文庫)/アラン
¥735
Amazon.co.jp

●最近の「レフティやすおの楽しい読書」●


2010(平成22)年6月15号(No.36)-100615- 私の読書論-12-電子書籍と紙の本    
6.15 私の読書論-12-電子書籍と現物の本―第36号「楽しい読書」別冊編集後記

・2010(平成22)年5月31日号(No.35)-100531-
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』―名探偵の代名詞   
5.31 コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
―名探偵の代名詞―第33号「楽しい読書」別冊編集後

2010(平成22)年5月15号(No.34)-100515- 私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用      
5.15 私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用―第34号「楽しい読書」別冊編集後記
2010(平成22)年4月30号(No.33)-100430- ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立    
4.30 ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立―第33号「楽しい読書」別冊編集後記

■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月28日(月)

実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』

テーマ:【レフティやすおの読書室】


レフティやすおの作文工房-売り場の風景
(画像は、6月24日夕、大阪市内・近鉄百貨店・上本町店・近鉄ブックセンターでの売り場風景です。)


前作『“内向型”のための雑談術 ―自分にムリせずラクに話せる51のルール』大和出版

の紹介の中でも書きましたように、

「渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く」 (お茶でっせ)  (新しい生活)  (作文工房)

友人で左利き仲間(中経の文庫『左利きの人々』

左利きの人々 (中経の文庫)/渡瀬 けん
¥530
Amazon.co.jp


の著者)、ビジネス本のライターで、サイレントセールスの達人「サイレントセールストレーナー」渡瀬謙の今月二冊目の本が出ました。


『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』日本能率協会マネジメントセンター

営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく/渡瀬 謙
¥1,470
Amazon.co.jp


「サイレントセールストレーナー」による、「しゃべらない営業」シリーズの4冊目。


既刊―

1.誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる

誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる/渡瀬謙
¥1,470
Amazon.co.jp


2.内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく! (大和出版)

内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!/渡瀬 謙
¥1,575
Amazon.co.jp


3.「しゃべらない」営業の技術 (PHPビジネス新書)

「しゃべらない」営業の技術 (PHPビジネス新書)/渡瀬 謙
¥798
Amazon.co.jp


上記の本は、言ってみれば、理論書です。

具体的な提案もあり、それぞれ使える実例を示していますが、ある程度本を読める人でないと、十分伝わらないかもしれません。


本書は、イラスト入りのページも多く、マンガのコラムもありで、2ページ見開き1項目、お題目と太字の部分だけ読めば、一通りのことが分かります

「口ベタ・あがり症」で、なおかつ本を読むのも苦手という営業初心者でも、十分使えるマニュアル本です。


「売れるためのヒント」が散りばめてありますと、著者は「あとがき」に書いています。
いいかえれば、「売れる人になるためのヒント」集です。

読むよりも、それを手に実践することが、大事な本です。


イラストやマンガ、太字の部分だけ読めば、ものの10分足らずで一冊読めてしまいます。

あとはひたすら実際に挑戦するだけ。

いつも営業の資料とともに持ち、ときおり、確認するのがよいでしょう。


そういう意味で、「口ベタ・あがり症」の新規学卒の営業就職者や営業部門への転職者といった、営業初心者が常時携行する本と言えそうです。



私からの提案としては、犬の表紙がインパクトがありますので、これを生かして相手との話題作りに利用しましょう。


書名の「口ベタ・あがり症…」の部分に自分の名刺でも貼り付けて隠します。

「営業は」の文字は見せて、遊びの本ではないところを示します。


営業の資料と一緒にこの本を相手の目につく所に「さりげなく」置き、相手の様子をうかがいます。


で、犬のイラスト部分に相手が乗ってくれれば、よしです。


さらに、誰でも隠している部分があれば気になるでしょう。

ここも相手の気を惹くポイントです。


注意深い相手なら、背表紙の「口ベタ・あがり症」の部分をのぞき見て、はは~ん、こいつはこんなやつかと思ってくれるかもしれません。


ダメでもともと…。



最後に、本人(渡瀬 謙)からの伝言です。 ↓ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』(渡瀬 謙・著)

──────────────────────────────────

●「自分は営業に向いてない!」 と思っているあなたにこそ読んで欲しい!  

・エンジニアから営業に転職した人。 

・望んでないのに営業になってしまった人。

 

営業初心者で、しかも営業に自信のない人にオススメです。

--

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「実践で学ぶ本、渡瀬謙『営業は口ベタ・あがり症だからうまくいく』」 を転載したものです。(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

---

◆左利きを考える無料メルマガ(週刊)◆

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)」

┗登録・解除→「最新号」(まぐまぐ!)『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」ページ

◆読書論と古典の名著名作を楽しむ無料メルマガ(月2回発行)◆

「レフティやすおの楽しい読書」

┗登録・解除→「最新号」(まぐまぐ!)『左組通信』「楽しい読書」ページ

◆左利きと趣味のホームページ◆

『左利きを考える レフティやすおの左組通信』

◆左利きがメイン・テーマのブログ◆

「レフティやすおのお茶でっせ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月18日(金)

渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く

テーマ:【レフティやすおの読書室】

左利き仲間(中経の文庫『左利きの人々』の著者)で友人のビジネス書ライターでもある、

「サイレントセールストレーナー」渡瀬謙 の9冊目の本、
新著『“内向型”のための雑談術』大和出版が17日届きました。


最初の本は自分で買いました。
二冊目は、応募して贈ってもらいました。
三冊目は、営業職じゃないからとパスしました。
四冊目は、気になる部分があり、贈ってもらうことにしました。


その後は、私も興味の持てるテーマが含まれていたり、畑違いの人にも読んでほしいという著者の希望もあり、
両者の思いが重なり、ずっと贈ってもらっています。


で、今回の本です。


『内向型営業マンの売り方にはコツがある』

『内向型人間の人づきあいにはコツがある』

に続く、

内向型3部作のトリです。

それぞれ結構売れているようです。
やっぱり時代の影響でしょうか。


誰もが営業活動を余儀なくされる、そういう時代になってきたようです。


製造業の多くが現場を海外に移転させ、国内での職種が限られています。
否応なく営業や接客を業務にしなければいけない状況です。


さらに、核家族やオートロック・マンションの時代となり、家族間の会話も近所付き合いも希薄となりました。
子供の絶対数が減り、子供同士の遊び集団もなくなりつつあります。


黙ってものが買えるスーパーやコンビニ、自動販売機の氾濫。
ケータイやメール、ネットなどの発達で、じかに人と会って話す機会が減りました。


昔のように常に人と接し、人との付き合い方を自然に身に付けられた時代ではなくなっています。


そういう社会の変化の中で、特に私のような「内向型」の人間は、ちょっと生きづらいものを感じています。


中でも最初の一言、まあ、挨拶はできても、その次ですね。
挨拶のあとに続く一言が難しいのです。


最近は雑誌の特集にも、こういった雑談や会話力を扱ったものがありました。
本でも「雑談力」なんて書名のものがあるようです。


この本も基本的にはそういったものです。


仕事って結局、大なり小なり人付き合いにつきますから。


そして人付き合いの第一歩は、あいさつであり、雑談です。


その雑談の方法を説く本。


でも特に、
内向型の人のための「自分にムリをしないでラクに会話を進める技術」を解説する本。

「他人との適度な距離」を保つための、「小さな雑談」をうまく使えるようにする手引書です。


渡瀬謙/著『“内向型”のための雑談術

―自分にムリせずラクに話せる51のルール』大和出版


目次

はじめに 「内向型専門の雑談術」だからあなたもムリなくできる!

序 章 以前は、私も大の「雑談苦手」だった!

第1章 内向型には「内向型ならではの雑談術」がある

第2章 これで、初めて会う人ともラクに雑談できる!

第3章 よく顔を合わせる人とは、この要領で雑談しよう

第4章 こんなとき、どうする? 苦手なシーン別の雑談術

第5章 「一歩上をいく雑談」で相手の信頼をつかみとろう

おわりに 雑談は、あなた自身を映し出す鏡である


51のルールですので、トランプにでもして(1枚足りませんが、その+αは自分で考える?)、
日々一つずつ繰り返し叩き込んで、自分のものにできればいいなあと思います。


著者の話の中で(といってもまだペラペラ見ただけですが)、
一番大事だと思ったことは、
「ありのままの自分でいることが人づきあいの原点」(p.213)


だというところです。


大根演技は見苦しいだけです。

メッキはいつか剥げます。

いつも着飾っているのは疲れます。


「雑談で、あなたが一番ラクな状態をつくろう」(p.217)


これがスタートです。


では明日から、頑張りましょうか。
いえ、今日から、ですね。


最後に、
渡瀬さんからのお知らせを―。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『“内向型”のための雑談術』(渡瀬 謙/大和出版)  
──────────────────────────────────
●雑談とは、人を笑わせたり場を盛り上げたりすることではありません!

 世に会話本や雑談本はたくさんありますが、
 ここまで内向型に絞った雑談本は、おそらく初めて!
 超内向型の著者だからこそ書ける内容が満載!

 ・初対面の人と何をしゃべっていいのかわからない
 ・いつも話題がなくて沈黙してしまう
 ・パーティや飲み会で孤立しがちである
 
 そんな悩みをスッキリと解消できます。

●アマゾン↓『「“内向型”のための雑談術』


“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール/渡瀬 謙
¥1,575
Amazon.co.jp
内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!/渡瀬 謙
¥1,575
Amazon.co.jp


内向型人間の人づきあいにはコツがある/渡瀬 謙
¥1,470
Amazon.co.jp



--

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「渡瀬謙の新著『“内向型”のための雑談術』届く」 を転載したものです。(この記事へのコメント・トラックバックは、転載元『お茶でっせ』のほうにお願い致します。ただし承認制になっていますので、ただちに反映されません。ご了承ください。)

---

◆左利きを考える無料メルマガ(週刊)◆

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)」

┗登録・解除→「最新号」(まぐまぐ!)『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」ページ

◆読書論と古典の名著名作を楽しむ無料メルマガ(月2回発行)◆

「レフティやすおの楽しい読書」

┗登録・解除→「最新号」(まぐまぐ!)『左組通信』「楽しい読書」ページ

◆左利きと趣味のホームページ◆

『左利きを考える レフティやすおの左組通信』

◆左利きがメイン・テーマのブログ◆

「レフティやすおのお茶でっせ」


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年06月15日(火)

私の読書論-12-電子書籍と現物の本―第36号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」


●レフティやすおの楽しい読書●

2010(平成22)年6月15号(No.36)-100615-
私の読書論-12-電子書籍と紙の本    
http://archive.mag2.com/0000257388/20100615074000000.html


◆ 別冊編集後記 ◆


今週の【私の読書室】は「電子書籍と紙の本」について書きました。


最近この話題がメディアで頻繁に出てくるのは、やはりあの機械の発売のせいでしょうね。


あの機械「iPad」は、キーボード・アレルギーでパソコンはどうも、という人には、非常にいいのではないかと思います。

そういう意味では、新たな端末として一定の位置を占めそうです。

ケータイでは物足りないし、パソコンのネットブック的なものにはちょっと抵抗あるし、という人にぴったりでは?


で、電子書籍・電子出版です。


こちらはこれからドンドン進んでいくだろうと思われます。


今までにもネット発の本は多く出ています。
しかし、そういうものとはまた違った形で、書籍化がさらに進むように思います。


特に自分で簡単に出版できるシステムも整ってくるでしょう。


何しろ自分の書いたものを本にしたい人は、私も含めて、たくさんいるわけです。
しかも、現物の紙の本の場合のような出版上のリスクは、少なくなります。


今ものを書く人はほとんどがパソコンを使っているので、原稿は電子情報化された状態のものです。
そのまま即使用できるわけです。
入口が整っています。


自費電子出版によって、どんどん打っていけるようになるのではないでしょうか。


出版社も変化が期待できます。


かえって、紙の本の価値が上がるようになりそうな気がします。


まあ、そのなってほしい、というのが、本好きの私の正直な気持ちです。


では。




▼ 本文で取り上げた本

本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか/永江 朗
¥1,890
Amazon.co.jp

●最近の「レフティやすおの楽しい読書」●


・2010(平成22)年5月31日号(No.35)-100531-
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』―名探偵の代名詞   
5.31 コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』
―名探偵の代名詞―第33号「楽しい読書」別冊編集後

2010(平成22)年5月15号(No.34)-100515- 私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用      
5.15 私の読書論-11-蔵書を並べ替える効用―第34号「楽しい読書」別冊編集後記
2010(平成22)年4月30号(No.33)-100430- ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立    
4.30 ダーウィン『種の起源』―進化理論を確立―第33号「楽しい読書」別冊編集後記
2010(平成22)年4月15号(No.32)-100415- 私の読書論-10-蔵書を並べる効用      
4.15 私の読書論-10-蔵書を並べる効用―第32号「楽しい読書」別冊編集後記


■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。