2009年12月31日(木)

『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan―第29号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

●レフティやすおの楽しい読書●
2009(平成21)年12月31号(No.29)-091231-
『代表的日本人』内村鑑三―I for Japan
http://archive.mag2.com/0000257388/20091231074000000.html


---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ----


10月の発行予定としてタイトルを予告して以来、二ヶ月がすぎてしまいました。


お待たせ、の登場です。


その割には中身がない、とも言えますが…。


まあ、それは今に始まったことでもなし。
お気楽にお読みください。


このような内容の文章でも、力のある人は何かを得てもらえるのでは、と思います。


内村鑑三の著作では、『後世への最大遺物』(『後世への最大遺物 デンマルク国の話』岩波文庫(1991)収録 )が、興味深い内容でした。


いつの日にか、ぜひ、これを紹介したいものです。


代表的日本人 (岩波文庫)/内村 鑑三
¥630
Amazon.co.jp


代表的日本人/内村 鑑三
¥1,365
Amazon.co.jp


内村鑑三の『代表的日本人』/童門 冬二
¥1,470
Amazon.co.jp


代表的日本人 (バイリンガル・ブックス)/内村 鑑三
¥1,260
Amazon.co.jp


後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)/内村 鑑三
¥525
Amazon.co.jp


余は如何にして基督信徒となりし乎 (岩波文庫 青 119-2)/内村 鑑三
¥735
Amazon.co.jp

“人間内村鑑三”伝記)
●最近の「レフティやすおの楽しい読書」●
内村鑑三の生涯―日本的キリスト教の創造 (PHP文庫)/小原 信
¥960
Amazon.co.jp

2009(平成21)年12月15号(No.28)-091215-
私の読書論-8-年齢の数ぐらいのオススメ本を持とう
http://archive.mag2.com/0000257388/20091115074000000.html
・私の読書論-8-年齢の数ぐらいのオススメ本を持とう
―第28号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10410977976.html
2009(平成21)年11月30日号(No.27)-091130-
私の読書論-7-<特別編>自分のライブラリーを持とう
http://archive.mag2.com/0000257388/20091130074000000.html
・私の読書論-7-<特別編>自分のライブラリーを持とう
 ―第27号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10399518184.html

2009(平成21)年9月30日号(No.26)-090930-
『白い牙』ジャック・ロンドン―犬と狼と人と

http://archive.mag2.com/0000257388/20090930074000000.html
・『白い牙』ジャック・ロンドン―犬と狼と人と
―第26号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10352574865.html


■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年12月15日(火)

私の読書論-8-年齢の数ぐらいのオススメ本を持とう―第28号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガ「楽しい読書」

●レフティやすおの楽しい読書●

2009(平成21)年12月15号(No.28)-091215-

私の読書論-8-年齢の数ぐらいのオススメ本を持とう http://archive.mag2.com/0000257388/20091215074000000.html


---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ----


前号に引き続き、今回も「私の読書論・私のライブラリーを持とう」の続編です。


実際には、少なくとも、自分の年齢の数ぐらいのオススメ本を持って欲しいと考えています。


若いうちは難しいと思われるかもしれません。

しかし、本文にも書いていますように、若いうちは何を読んでも初物で、何でも面白いと感じるものです。

意外に冊数は上がると思います。

あっという間に自分の本棚が形作られるでしょう


そして、その背表紙をながめていると、あれこれを色々な思い出や、次なる思いが浮かんでくるものです。

それが、また新たな生きる力、次の本を読む力になって行くものです。


そうして人生の年輪が刻まれるのです。

本棚となって、目に見える形に。


(↓メルマガ本文で取り上げた本)

人生後半に読むべき本/谷沢 永一
¥1,470
Amazon.co.jp
(↓上記の新装新書版)
大人の読書/谷沢 永一 渡部 昇一
¥998
Amazon.co.jp

レフティやすおの楽しい読書
2009(平成21)年11月30日号(No.27)-091130-
私の読書論-7-<特別編>自分のライブラリーを持とう
http://archive.mag2.com/0000257388/20091130074000000.html
・私の読書論-7-<特別編>自分のライブラリーを持とう
 ―第27号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10399518184.html

■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役定期"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。