2009年04月30日(木)

私の読書論~その1・読書の三種類―第16号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る


レフティやすおの作文工房-読書術・読書法の本
●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2009(平成21)年4月号(No.16)-090430-私の読書論―その1―読書の三種類
http://archive.mag2.com/0000257388/20090430074500000.html


昨今の「読書論」読書術・読書法について書かれた本を読んでいますと、どうも、自分の思うところと違うような気がします。


そこで、私なりの読書論を書いて見たい、と思うようになりました。


できれば、今後、月の前半で「私の読書論」といったエッセイを、後半では、従来どおりの作品紹介、というかたちにできれば、と考えています。

よろしくお願い致します。


 ・・・


メルマガでは、読書の三種類について書いて見ました。


1.(イ)楽しみとしての読書
(ロ)学びとしての読書
2.(ロ―A)基礎的教養を身につける、考える力をつける読書
3.(ロ―B)実用的知識を身につける、情報収集としての読書


このような三つの読書が考えられるように思います。

それぞれは、


1.=「文芸書」を読むときの読書
2.=「教養書」を読むときの読書
3.=「実用書」を読むときの読書


に対応する、といってよいのではないでしょうか。


とはいえ、ドストエフスキーの小説などは、「文芸書」か「教養書」か判別しにくいといえるかもしれません。


そういったことも含めて、色々その都度思いついたことを書いて行こうと思います。

では、よろしく!


読書について 他二篇 (岩波文庫)/ショウペンハウエル
¥525
Amazon.co.jp

本を読む本 (講談社学術文庫)/J・モ-ティマ-・アドラ-
¥945
Amazon.co.jp

現代読書法 (講談社学術文庫)/田中 菊雄
¥903
Amazon.co.jp

知的生産の技術 (岩波新書)/梅棹 忠夫
¥777
Amazon.co.jp


*『レフティやすおの本屋』支店「新書でプチ教養」
 「読書術・読書法」 の棚


--
※ 2009年の「楽しい読書」別冊編集後記:

2009.3.31

『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>―第15号「楽しい読書」別冊編集後記
2009.2.28
『学問のすゝめ』新時代の国民教科書―第14号「楽しい読書」別冊編集後記
2009.1.31
『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検―第13号「楽しい読書」別冊編集後記


--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月24日(金)

『左利きの子』(のための)教育・保育ガイド本

テーマ:左利き


レフティやすおの作文工房-『左利きの子』教育・保育ガイド本
今度こんな本が出ます。


 『 左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために

  ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍(2009年4月)


これは、今まで日本にはなかった種類の左利きの本です。


どの点が、といいますとそれは、左利きの子供たちのための教育・保育に関するガイドブックだ、ということです。


左利きの子供を持つ親御さんだけでなく、教育や保育に携わる人にもぜひ読んで欲しい、という本です。


今まで、左利きの本といいますと、

脳神経系の利き手の科学研究書

(『左対右 きき手大研究』八田武志著、『非対称の起源 偶然か必然か』クリス・マクマナス著)、

左利きの人の手になる、左利きの謎に挑んだエッセイ

(『「左利き」は天才? ― 利き手をめぐる脳と進化の謎』デイヴィッド・ウォルマン著)、

左利きの不便にまつわる本

(『左利きの人々』渡瀬けん著、『左ききのたみやさん― 哀愁ただよう左きき爆笑エッセイ』たみやともか著)、

社会や文化の面から左利きを考える本

(『見えざる左手― ものいわぬ社会制度への提言』大路直哉著)などなど、でした。


しかし、今回の本はそういったものとは異なり、 左利きの子供の生活の向上のための教育の方法や様々な技術について書いたアドヴァイス本です。


原書は、世界的に有名なイギリスの左利き用品専門通販会社ANYTHING LEFT-HANDED(ALH)のスタッフであり、顧客を中心にした左利きの会LEFT-HANDERS CLUBの機関紙“THE LEFT-HANDER”のエディターでもある女性で、その経験を生かした内容といえると思います。


ALHのサイトでも紹介されています。

(私はそこでこの本 "Your Left-Handed Child" のことを知ったのです。)


実は私は、偶然、この本の巻末資料作成の一部お手伝いをさせていただきました。

(私自身のサイト情報、および私のオススメ本を追加したぐらいのことですが。)


とはいえ、実際に内容は見ていません。(目次の紹介を受けた程度です。)


しかし、左利きの問題に取り組んできた私としては、日本初の試みでもあり、大いに期待しています


▼目次▼

 まえがき はじめに

 1 どのようにして左利きになるのか 17

 2 就学前の発達 31

 3 毎日の生活で役立つこと 51

 4 左利きの子どもの学校生活 75

 5 スポーツ 101

 6 音楽 113

 おわりに 参考資料 索引 謝辞


▼版元の東京書籍の情報▼

 左利きの子どもは,右手社会ではハンディがある。

 左利きの親でも気がつかなかった,子育て上の配慮や,

 学校生活上,先生方が配慮・支援すべきことなど,

 「眼からうろこ」のアドバイス満載の手引書。

 ISBN:978-4-487-80379-8, 本体予価:1900円, B5変型判 128頁


▼本書『左利きの子』「はじめに」の文章▼

 左利きは障害でも不利でもありません。ただ違う、それだけです。

 子どもの違いを尊重し、必要な時には配慮し、そしていつもほめる。

 左利きは、その子の人となりの一部なのです。


▼東京書籍・担当編集者Oさんからのメッセージ▼

 左利きの子どもと保護者や保育園~学校の先生のための本がないので、

 良い本をさがしておりましたが、この翻訳書を見つけ、刊行することに決めました。

 そう、編集の僕自身も、クロス・ラテラルでボールを投げるのは、左利きです!

 この本を読んだ親御さんや先生方が、適切な配慮・気配りをして、

 左利きの子たちがハンディを感じることが少なくなり、

 誇りと自信をもって毎日が送れるようになればうれしく思います。

 (刊行は4月末頃です!)


 ・・・


ぜひ、一読を!



そして、本書を参考にして、左利きの子供への理解と対応の仕方を、もう一度考え直していただきたい、と思います。


何度も書きますが、本書が、左利きの子供をお持ちの親御さんだけでなく、教育・保育の関係者、その他多くの人たちの間で大いに話題の書となることを期待しています。


左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために/ローレン ミルソム
¥1,995
Amazon.co.jp


上にダイジェストしました、本書の著者について、目次、出版意図などの情報は、以下のメルマガ『左利きで生きるには週刊ヒッキイhikkii』より抜粋しました。

第175号(No.175) 2009/4/11「親御さんへ速報!『左利きの子』教育・保育ガイド本」


「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」の購読登録は、↓から

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン) 「最新号」は、こちら

◆紹介されました!

・渡瀬けん/著『左利きの人々』中経の文庫(2009)「参考サイトその他」

・親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号

・『R25』2007.12.06(No.170)"ランキンレビュー"「右利きが左利きより多いのはなぜ?」


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「『左利きの子』(のための)教育・保育ガイド本」 を転載したものです。

--

◆紹介されました!古典の名著・名作を楽しむメルマガ 「レフティやすおの楽しい読書」最新号

・無口営業の達人・渡瀬謙の殿堂入りメルマガ 『営業のカンセツワザ』2008/03/13 208号「我流 文章術(2)」

『ウィークリーまぐまぐ[エンタテイメント版]』2008/3/14号 「今週のおすすめメルマガ@エンタテイメント」

『まぐまぐ!』「今週のおすすめメルマガ」2008年03月12日~03月18日

◆紹介されました!・左利きと本のブログ「レフティやすおのお茶でっせ」

『モノ・マガジン』2008.2.2号(No.598)「特集・左利きグッズ大図鑑」

・日経BPnet SJ 親野智可等『父親のための親力養成塾』第45回 左利きを直す必要はない

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。