2009年03月31日(火)

『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>―第15号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る


レフティやすおの作文工房-ヴェルヌ 地底旅行

レフティやすおの作文工房-ジュール・ヴェルヌ
●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2009(平成21)年3月号(No.15)-090331-『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>


<驚異の旅>シリーズ第二作
『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ/作(1864)


つい今しがた大人になった私、ずっと以前から大人であった私は、自分の内にある子供という痛ましい死骸の残り少ない断片を探してみようと思った。この子供は相も変わらず草原(ステップ)や大渦巻(マエルストローム)、氷原や太平洋に魅せられている。海も、私の生半可な学問も、生活の火もこの子供をヴェルヌから解き放ってはくれなかった。...

 ミッシェル・セール/著『青春 ジュール・ヴェルヌ論』豊田彰/訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス396(1993,原著1974)「扉の言葉」より

少女のころ、父が私に「ジュール・ヴェルヌのこの作品がおもしろいよ、読んでみたら?」と、大人向けの単行本を何冊か薦めてくれたことを、今でもはっきりと覚えている。... 当時、十一~十三歳の、つまり子どもの世界と大人の世界の境目にいた私は、大人が読む本を読みたくてたまらなった。しかし、大人の本はむずかしすぎて、最後まで読み通せず、やはり楽しめない。そのころの私にとって、ジュール・ヴェルヌの作品はぴったりだった。大人と子どもを両方満足させる魔力をもっている作品である。その魔力のおかげで、私は「パパといっしょに」読書を楽しむことができた。

 コリーヌ・ブレ「まえがき―金庫の中の一〇〇年間」より
    『20世紀のパリ』ジュール・ヴェルヌ/著 菊地有子/訳 ブロンズ新社(1995,原著1994,執筆1863頃?) 

私にとってもジュール・ヴェルヌは、高校生になりたてのころ、読書人生最初期において、子供から大人へ移る時期の読書習慣をつける役割を果たした一連の作家の一人でした。


いえ、高校生時代、私にとって最も価値ある存在でした。


この時期、ヴェルヌの本を次々と読んでいました。


幸い、この時期、集英社コンパクト・ブックス版ヴェルヌ全集・全24巻の刊行の末期でもあり、ヴェルヌの本が幾つも出版されていました。


それは、ヴェルヌによって予言されたといわれる、1969年のアメリカのアポロ計画による、人類初の月面着陸の時期に当たっていたからでした。


しかし当時の高校生の私には、この全集の本は文庫本に比べて高価なもので、面白そうな、選りに選った作品を四冊のみ、買えただけでした


それ以外は、もっぱら文庫本でした。
幸いなことにこの時期、角川文庫からいくつかのヴェルヌ本が新たに出版されたのです。


お陰様で私は楽しい時間をすごすことができたのでした。


最初に楽しんだジュール・ヴェルヌは、この『地底旅行』でした


中学生時代、学校の図書館で一冊に本に出会いました。

そこには、巨大キノコの森のなかを歩む探検家たちや、海か湖から首を出す恐竜のイラストが描かれていました。


これが、私のジュール・ヴェルヌとの最初の出会いであり、『地底旅行』との最初の出会いでもありました。



それから、二、三年後の高校一年(1969・昭和44年)のことです。

大人向けの『地底旅行』を読んだのは。



ちなみに書いておきますと、テレビで『地底旅行』の映画を見ました。(※1)
そこでは、この冒険の旅に女性が参加していました。
しかし、通常のヴェルヌの小説には女性はまず同行しません。
それは、マルセル・ブリヨンが指摘しているように、「間違いであり、たいへんな錯誤」なのです。(※2)


これが始めに書いた、私にとっての読書の先導役となった一番好きな作家との出会い―再会?―でもありました。


その後、色々な本を読むようになった私でしたが、心の奥に懐かしく残っているのは、ヴェルヌの小説を読んだときのワクワクでありドキドキでした


集英社文庫版の<ジュール・ヴェルヌ・コレクション>が刊行されたときは、どれほど喜んだことでしょう。


しかし、残念なことに、この企画は一部本邦初紹介作品が含まれていたものの、私にとっては半ば幻の、羨望の的でもあった以前の全集をすべて網羅するものではありませんでした。


その後、いくつかの作品を「拾った」ものの、やはり、当時の全集の作品、角川文庫の作品等は、私にとっては「伝説の名作」とでもいうべきものになっています



今手元にある、集英社文庫版ヴェルヌ・コレクション作品やその昔に手に入れたヴェルヌの文庫作品は、すべて未読のまま置いてあります。


全集で読んだり、他の版で読んだりした作品も含まれていますが、これらの本は基本的に老後の楽しみのためにとってあるのです。


いつの日にか、緑の庭を目の前にして、穏やかな陽射しのもと、揺り椅子にもたれて、これらヴェルヌの本に読みふける、そんな日が来ることを夢見ています。



(※1)梅棹忠夫『知的生産の技術』(岩波新書 1969.7)第9章日記と記録168-9p に、テレビで見た『地底大探検』という映画版『地底旅行』についての記述がありますが、この作品と同一のものである可能性が大です。なぜなら筆者はこのテレビを見て数日後(1969.3.22)、原作の本を買ったからです。

(※2)マルセル・ブリヨン「密議参入の旅」有田忠郎/訳 『ユリイカ』1977年5月号「特集ジュール・ヴェルヌ」167p 参照。


*『レフティやすおの左組通信』
「ジュール・ヴェルヌ Jules Verne コレクション」
*『レフティやすおの本屋』
支店「海外名作文学館」<ジュール・ヴェルヌが好き!>の棚


地底旅行 (岩波文庫)/ジュール・ヴェルヌ
¥840
Amazon.co.jp
青春 ジュール・ヴェルヌ論 (叢書・ウニベルシタス)/ミッシェル セール
¥3,885
Amazon.co.jp
20世紀のパリ/ジュール ヴェルヌ
¥1,529
Amazon.co.jp
二十世紀のパリ/ジュール・ヴェルヌ
¥1,631
Amazon.co.jp

(↓豊富な図版で描くヴェルヌの時代とその世界)

ジュール・ヴェルヌの世紀―科学・冒険・“驚異の旅”/フィリップ・ド・ラ コタルディエール
¥4,725
Amazon.co.jp

(↓ジュール・ヴェルヌの特集号)

水声通信 no.27(2008年11/12月号) 特集 ジュール・ヴェルヌ
¥2,100
Amazon.co.jp

--
※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2009.2.28
『学問のすゝめ』新時代の国民教科書―第14号「楽しい読書」別冊編集後記
2009.1.31
『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検―第13号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.12.31
『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻―第12号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.12.6
『クリスマス・キャロル』善意の季節―第11号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.9.30
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ―第10号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.8.31
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.8.15
夏休み特別編・読書感想文を書く―第8号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.7.31
夏休み特別編・夏の文庫100冊から海の古典―第7号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.6.30
『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
---
「レフティやすおの楽しい読書」
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名

著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験

すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。
バックナンバー
●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年03月04日(水)

お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」

テーマ:【レフティやすおの読書室】
内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!/渡瀬 謙
¥1,575
Amazon.co.jp

(↓前著)

誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる/渡瀬謙
¥1,470
Amazon.co.jp


左利きの人々 (中経の文庫)/渡瀬 けん
¥530
Amazon.co.jp


友人の新著に関するお知らせです。

アマゾン・キャンペーンです。

詳しくは末尾にお知らせしています。↓


 ・・・


左利き仲間の友人・渡瀬謙が新しい本を出しました。

(この人は、昨年末に中経の文庫から出た、『左利きの人々』の著者「渡瀬けん」でもあります。)


今回の本は、書名を見てもわかりますように、営業ビジネスに関する本です。


このブログの閲覧者の皆様の中には、私は営業に関係していない、だから私には無縁の本だ、という人も多いで しょう。


しかし、人生というものは、ある意味で自分を売るという営業活動の日々だと思うのです。

就活もしかし、婚活もしかりです。

もちろん、日常生活でも同様です。


そういう意味で、一度はこういう本を読んでみるのも無駄ではないのです。

人生に無駄というものはない、ともいえます。)


私も普段はこういう本を全く読みません。

せいぜい、自己啓発に関するビジネス書を読む程度です。


他人様の書いた本なら読まなかったでしょう。

友人の書いた本だから読んだ、というのが本当のところです。


でも読んでよかったと思いました。


だからこの文章を書くことにしました。



友人の本だから薦める、それももちろんあります。

でも、それだけではない、のです。


とはいえ、この本を読んだからといって、それで何がどうなるというものでもないかもしれません。


ただ、一つ私が感じたことは、この本は「勇気を与えてくれる本だ」ということです。

どういう種類の勇気か、といいますと、それは「自分の性格に関して」の、です。



もちろん、この本を読んで即、自分の性格がコロッと変わるというわけではありません。

どちらかというと、性格はそのままでしょう。


では、何が変るのかというと、気の持ち方とでもいうものでしょうか。


自分の性格を肯定する、という気持ちになれるということです。



精神科医で大阪樟蔭女子大学の夏目誠教授は、産経新聞夕刊の連載コラム「実感!やすらぎこころ学」3月3日分で、

「良いと断言できる性格はない。いい面と悪い面が同居するのが多い」といい、「性格を肯定的に受けとめるのが大事だ。」と結ばれています。



自分の性格は、良くない。

内向的な性格というのは、悪いものだと思い込みがちです。


私も若い頃には、自分の性格に不満があり、宮城音弥先生の心理学の新書本や、『性格』というタイトルの本を 何冊も読みました。

(なかでも、相場均先生の中公新書『性格』は今でもすぐ手にとれるところに置いています。

そのときに救われたのは、相場均先生の本にあった「苦しむことの価値」という言葉でした。

性格はさほど気にしなくていいのではないか、と悟ったのです。)


私の場合は、左利きであるということもコンプレックスの一つでした。

他にも、今でもここに書けないような悩みをたくさん抱えています。


私も自分の内向的な性格に悩んでいたのです。

(いえ、今でも悩んでいるといえるかもしれません。)


でも、そうではないのです。


「そもそも人の性格に良いも悪いもない」、単に「違う」だけなのだ、と渡瀬氏は書いています。

おわりに、「あなたはあなたのままでいい」のだ、とも。


それはちょうど、右利き左利きの問題と同じだ、と私は思いました。


右利きが良い利き手で、左利きが悪い利き手だといったのは、昔のお話です。


今では、左利きは個性だ、といいます。

左利きは左利きでよいのだ、と。


性格も同じです。

それぞれに自分の性格でよいのです。


それを肯定して、受け入れて生きてゆくべきなのです


それぞれの場面で、良いときもあれば、悪いときもあるかもしれません。

でも、それでいいんじゃないか…。


まずは自分であることが大事なのではないか、そう思います。



…と、まあ、そういう本です。

これだけでは、よくわからないでしょうけれど…。


もっと専門的な説明はできます。

でも、それはやめておきます。


私の任ではないように思うからです。


でも、ホンのちょっとだけ書いておきますと―


 ・・・


「ステップ営業法」―これは、まさに「困難は分割せよ」という発想です。


いや、元々そういうものなのだ、ということでしょうか。


営業活動は、日本では一人でこなしているけれど、アメリカでは別々の仕事としているものなのだ。

だから、文字通りそれぞれ分割し、段階を追って進めればよいのだ、ということ。


そこで前著(『誰よりも売るアポ取りの達人【法人営業編】』ぱる出版)の「TFTアポ取り法」を紹介してい ます。

この方法を使えばよいのだ、と。


ご自分の失敗例とリクルートH先輩の実例を出しながら話を進めていくところが、わかりやすく、親しみやすく 、説得力を生んでいます。


成功している事例という客観的事実を提示して、相手の利益を提案できる営業を、というところでしょうか。

しかも、マイナスの情報も隠さず、洩らさず告げることで信頼感を勝ち取る、という点も強調されています。


あの本田宗一郎は、人間誰しもが哲学者だ、その哲学とは、難しい理屈ではなく、相手の心を知り、他人の身に なって考えることだ、といっています。

『やりたいことをやれ』PHP研究所刊)


成功した人、偉い人はたいていこういう哲学を持っているようです。


営業で大事なのは、相手方のこちらへの信頼なんですね。


そのためには、素の自分でなければダメだ、ということです。

嘘偽りなく自分本来の姿で接して、互いに真っ当なビジネスとして、相互に利益を求めてゆけば、合意できる部 分がある、ということでしょう。


昔から、三方良しといいます。

自分良し、相手良し、世間良し、と。


 ・・・


(以下、渡瀬謙氏からのキャンペーンのお知らせです。) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「内向型営業マンの売り方にはコツがある」渡瀬 謙/著 大和出版

http://www.pictworks.com/contents/sonota/amazon.html


★「内気な性格だから売れない」と悩んでる人にはぜひオススメです!

 (→売れない本当の理由は、性格とは関係ないところにあります)

★コツさえつかめば、自分の性格を変えなくても「売れる」!

 (→いまのままの性格で売れる営業になるための本です)

★内気、口ベタ、人見知り、あがり症の超内向型の営業マンである著者が、

 あの営業の猛者たちが集まるリクルートでトップ営業になった理由とは?

 (→このコツさえつかめば「トップ営業」にだってなれます)

★自分は営業に向かないと思っている人、またそれを理由に営業になるのを

 ためらっている人に読んで欲しい内容です!

 (→これ知れば、未経験でも売れる営業になれます)


本書の構成■

・なぜ、超内気なダメ営業の私が急に売れ出したのか?

・これが、内向型のままでも売れる「ステップ営業法」だ!

・もう冷たく断られない、ストレスがかからない!-[アポ取り]

・なぜかお客さまの「心のガード」が自然に下がる!-[訪問]

・この単純な質問で、お客さまが自らしゃべりだす!-[ヒアリング]

・ほとんど話さずにお客さまの「納得」が得られる!-[商品説明]

・いっさいに売り込まないのに「YES」を引き出せる!-[クロージング]

・だから内向型営業マンには無限の可能性がある!


著者からのコメント■

 私自身、ずっと長い間、自分の内向的な性格で悩んでいました。

 人とのコミュニケーションがうまくとれない自分がイヤでした。

 売れない営業の頃は、自分の性格を変えることばかり考えていました。


 そんな私でもあることをきっかけに、

 自分の性格に対するコンプレックスが無くなり、

 素の自分のままでいられるようになりました。

 そして内向的な性格のまま客先に行っても売れるようになったのです。


 この本はかつての「売れずに悩んでいた」自分に対して書きました。

 そしてあの頃の私と同じようなことでカベにぶつかっている人に、

 ぜひこれを知って欲しいと思っています。

 「営業成績と性格はまったく関係ない」ということを!


※3月5日(木)・6日(金)でキャンペーン中です!

 (「5秒であなたの前に人が集まる自己紹介の極意」テキストPDF)

 → http://www.pictworks.com/contents/sonota/amazon.html ──────────────────────────────────


キャンペーン期間中にアマゾンで本書を購入しますと、特典として著者の「5秒であなたの前に人が集まる自己 紹介の極意」(将来出版の予定)がもらえます。

上記キャンペーンに関しましては、上 ↑ のURLからお願い致します。


* 参照

営業のカンセツワ ザ[号外]アマゾンキャンペーンのお知らせ


--

※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「お知らせ:友人渡瀬謙の新著「内向型営業マンの売り方にはコツがある」」 を転載したものです。

---

「左利 きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

創刊三周年!! 「登録及び解除(配信中止)」は、こちら↓

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)

「最新号」は、こちら

* 渡瀬けん/著『左利きの人々』中経の文庫(2008.12)「参考サイトその他」欄に掲載されました!

(『レフティやすおの本屋』 )

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』2007.12.06(No.170)"ランキンレビュー"「右利きが左 利きより多いのはなぜ?」 で紹介されました! 

◆◆古典の名著・名作を楽しむメルマガ「レフティやすおの楽しい読書」毎月発行!

「登録及び解除(配信中止)」は、こちら「レフティやすおの楽しい読書」まぐまぐ!のページ

「最新号」は、こちら

◆◆◆左利きがメイン・テーマのブログ「レフティやすおのお茶でっせ」

『モノ・マガジ ン』2008.2.2号(No.598)「特集・左利きグッズ大図鑑」 で紹介される!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。