2009年02月28日(土)

『学問のすゝめ』新時代の国民教科書―第14号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2009(平成21)年2月号(No.14)-090228-『学問のすゝめ』新時代の国民教科書


昨年11月、慶応義塾創立150周年ということで、福沢関連の展示会やマスコミでも関連のテレビ番組、新聞記事などがありました。


それらを横目に、私はこのメルマガ向けに、福沢諭吉の著作や伝記などの下読みをしていました。
今回初めて読んだものばかりといっても過言ではありません。


福沢諭吉といえば、やはり『学問のすゝめ』が頭に浮かびます。


学校の教科書でもこれは欠かさず掲載されているのではないでしょうか。

私も「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉を習った記憶があります。


ところが、実際にこの本を読んだことのある人は意外に少ないのではないかと思うのです。


私がこの本を読んだのも、つい二、三年前のこと。
ちょうど文庫版の本が二点ほぼ同時期に出たときでした。


それが、講談社学術文庫版の詳細な解説と訳注付の『学問のすゝめ』であり、角川ソフィア文庫版の現代語訳のビギナーズ・クラシックス『学問のすすめ』でした。


これについては、ブログ『お茶でっせ』に文章を書いています。


*2006.06.21 福沢諭吉『学問のすすめ』二冊の文庫本
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2006/06/post_5ab9.html
『学問のすゝめ』福沢諭吉/著 伊藤正雄/校注 講談社学術文庫1759 講談社(2006.4)
『学問のすすめ』福沢諭吉/著 佐藤きむ/訳 坂井達朗/解説 角川ソフィア文庫330(2006.2)


学問のすゝめ (講談社学術文庫)/福沢 諭吉


福沢諭吉「学問のすすめ」―ビギナーズ日本の思想 (角川ソフィア文庫)/福沢 諭吉
¥700
Amazon.co.jp

改めて、福沢諭吉という人およびその著『学問のすゝめ』の現代性に気付かされました。


そこに説かれている内容は、もちろん開国したばかり明治維新当時のその時代のものではありますが、人間の平等とは、自由とは、国家と国民の関係とは、といった普遍的な問題を取り上げて優しく解説しています
(男尊女卑等についても取り上げています。)


現代人も一読の価値あり、というべき名著でした。


今回ほかの著作も読み、さらに伝記で諭吉のその生涯と仕事についても知り、改めてその偉大さを知らされました。


明治における新時代の啓蒙思想家、慶応義塾創始者としての教育者、『時事新報』という新聞社の創立者、第一回ノーベル賞の有力候補者でありながら日本人であったために受賞を逸した、北里柴三郎の後援者として等々、幾つもの顔を持つ、一万円札の人となるだけの重要人物である事がわかります。


もし、この時期にこの人がいなければ日本はどのようになっていたのか、と思うとぞっとするものがあります。

(もちろん、歴史というものは、それに変わる人を生み出したのではないかという気もしますが…。それはそれでまた一つの歴史となっていることでしょう。)


ぜひ、この機会にこの名著を読んでみて欲しいものです。


現代語訳もありますが、できるだけ原文に近いものをお読みになっていただきたいものです


原文の方が、その時代性というものも感じられ、福沢諭吉の思いがよりストレートに伝わってくるように思われます。
いかにして伝えようか、いかにすれば理解してもらえるか、どのように読者にアピールできるのか、国民一人一人に志を持たせられるかという苦労が偲ばれるような気がします。


2009(平成21)年2月号(No.14)-090228-『学問のすゝめ』新時代の国民教科書
http://archive.mag2.com/0000257388/20090228074500000.html


*『レフティやすおの本屋』
 「新しい生活のために/日本古典編」の棚
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/08
--
※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2009.1.31
『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検―第13号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10199935950.html
2008.12.31
『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻―第12号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10181058245.html
2008.12.6
『クリスマス・キャロル』善意の季節―第11号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10173923261.html
2008.9.30
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ―第10号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10142820739.html
2008.8.31
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html
2008.8.15
夏休み特別編・読書感想文を書く―第8号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10124998198.html
2008.7.31
夏休み特別編・夏の文庫100冊から海の古典―第7号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10121001660.html
2008.6.30
『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10109196707.html
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10101154942.html
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10092238277.html
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10083428304.html
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html
---
「レフティやすおの楽しい読書」
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。
●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486
古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。
●『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html

¥1,050
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年02月20日(金)

勝間和代/著『読書進化論』:レフティやすおが読む

テーマ:作文と読書
読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)/勝間 和代
¥777
Amazon.co.jp


最近読んだ本から、この頃一般紙にも顔を見せるようになった、勝間和代氏の『読書進化論』を取り上げてみます。


 勝間和代/著『読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか』小学館101新書 001(2008)


私は普段ビジネス書は読みません。当然、勝間氏の本を読むのも今回が初めてです。


本書は、私のようなビジネス書に縁のない人間でも、読書に興味がある、読書好き・本好きの人ならば、つい手を出したくなる書名です。


そういう意味ではうまく“のせられた”わけで、この本を出す意義があった、といえます。

即ち、読者層を広げるという著者の作戦が成功した一例といえることになります。


まず一読後の感想をいいますと、


 非常に「元気になる」、「前向きにものごとに取り組もう」という気持ちになれる本だ


ということです。


これは現在、百年に一度の金融危機などといわれ、景気が落ち目で暗い時代には、うってつけかもしれません。


この本を読んで、元気をもらい、自己革新を行い、「成功への道」を歩まんと欲する人たちが生まれてくれば、これほど世の中の役に立つことはありません。


そういう意味では思った以上に、評価できる本である、といえそうです。



私がおもしろいと思った点を一つ一つ挙げてゆきましょう。


(1)本、読書について―

 本は、著者の「与太話」、経験談だ(120p:第二章 進化している「読む」技術)


この点は、過去にも同じような表現をされた方がいるのかも知れませんが、ストレートに「与太話」と決め付ける表現をした人は、私の記憶にはありません。

その点は目立っています。


与太話だから、鵜呑みにしないで自己検証が必要だとか、疑似体験で学ぶとか、その辺のことは既に言われてきたことで、これはどうということはありません。


(2)読後の処理について―

 思考の六段階を経て頭の中に整理する(99-102p:第二章)


知識、理解、応用、分析、統合、評価を思考の六段階としている。

このように段階を踏んで、本から学んだ知識を整理して、いつでも使えるようにしておけ、という。


19世紀の哲学者ショウペンハウエルの「思索」(斉藤忍随/訳『読書について他二篇』岩波文庫)の冒頭に、知識は蔵書と同じで、整理が必要である、として下のように書いている。  

「何か一つのことを知り、一つの真理をものにするといっても、それを他のさまざまの知識や真理と結合し比較する必要があり、この手続きをへて始めて、自分の知識が完全な意味で獲得され、その知識を自由に駆使することができるのである。」

同じことでしょう。


読書について 他二篇 (岩波文庫)/ショウペンハウエル
¥525
Amazon.co.jp


(3)読者への影響について―

 再現性を持たせる(52-53p:第一章 人を進化させる読書がある)


読者が読後に容易に再現できるものであることが重要だ、という。

“ご利益”のないものには人は寄り付かない、というのは、何事にもいえる正論です。


本も、読んだだけの元が取れなければ、誰も読もうとはしません。

特に現代のように、本と競合するメディアも娯楽も、それぞれにいくつもある時代においては。


しかも、十年先二十年先にじわじわと効いて来るというのではなく、今すぐに可能な即効性の高いものでなければ、人の心を捉えることができない時代でもあります。

(悲しいことですが…。)


(4)本の送り手について―

 「プレイス」「プロモーション」に工夫が必要(162p- 第四章 「売る」仕組みを進化させる)


私自身、もう二十年以上前のことになりますが、二十代後半から三十代初めまで、まちの本屋で働いていた経験があります。

本屋を取り巻く状況については昔のことしか知りませんが、今でも基本的には同じような状況にあると見ていいのではないかと思います。


だから、感じるのですが、著者も出版社も取次(本の卸屋さん)も本屋の人たちに対して、十分な対応をしていないのではないか。


書店人の「思い」や「志」を十分汲み取っていないように思います。

まだまだ書店の力を活かしていないのが、現状でしょう。


書店人も努力不足の面がありますが、それ以上に書店人の思いを活かす配慮とアイディアを、本の作り手側・送り手側が怠っているように感じます。


元書店人としましては、勝間さんのような人が増えて、書店の見直しが進むことを期待します。


具体的には、ネットとの役割分担および統合や連動という点でも、書店側が送り手側と協力してネットをもっと有効に利用する必要があるでしょう。


たとえば、ブログを使えば、個人店でもある程度のことはできるはずです。


取次がポータルサイトを用意して、書店のブログを競争させてもいいし、そこに著者や出版社が参加して盛り上げれば、書店業界そのものが活性化するのではないでしょうか。


そういう場所で一冊一冊の書籍情報を交換することで、読者に便宜をはかれれば、本の売上も伸びてゆくはずです。


(5)社会貢献について:

 印税寄付プログラム<Chabo!>(終章 これから「読みたい」「書きたい」「売りたい」と思っているみなさんへ)


初めて知ったのですが、印税の20%を寄付に回すというのは、一つの卓見でしょう。


10%だとやはり平凡な印象を与えます。

20%は著者の本気度が伝わり、好感度も上ります。


以前は、本の後ろのカバーに「EYEマーク」というロゴのついた本がありました。

(最近はどうなんでしょうか、よく知りません。)


視覚障碍者のための音声訳、朗読サービスに自由にご利用いただけます、といった内容でした。


こういった社会貢献も、著者の社会性を示すチャンスでもあり、且ついずれは回りまわって自分の本の売れ行きにも貢献してくれるはずです。


 ・・・


最近の本を読んでいて、どうも物足りなさを感じることが少なくないのです。


この本も、ではどうか、と問われますと、ウーン、と考えてしまいます。


私は本を評価するときに、その本の重さを量ります。

文字通り重量です。


手にしたときに重い本は、やはり中身も重い。

軽い本は中身も軽い。


これは意外に使える見極め法です。


しかし、元々小著の場合は、違ってきます。

文庫や新書はそれなりに、手軽に読んでもらおう、という意図で作られていることが多いのです。


本書もそういう新書本です。

それなりの軽さは致し方ありません。


その点を考慮しますと、読者の求めるものにも寄りますが、まずは妥当なところか、と思われます。

値段的にも、分量的にも読みやすさも、軽さのなかでは手ごたえのあるほうではないでしょうか。


“勝間本”の入門書としても、まずは最適なのではないでしょうか。


とりあえず、書店で“勝間本”があれこれ露出している状況を見て気になっている人は、この辺からお読みになられても良いのではないか、という気がします。


もちろん、本に、読書に、書店に、書くことに興味のある方は、まずは一読の価値ありでしょう。


大半は知っていることでも、それはそれなりにあなたの知識を補強してくれるはずです。



ちなみに、巻末「私を進化させた20人の著者」中、私と接点があるのは、(強)文芸:新井素子、(中)文芸:筒井康隆、哲学・心理学:中島義道、(弱)哲学・心理学:河合隼雄、著書としては『OUT』『七瀬ふたたび』だけでした。 勝間さんとは、進化の方向がかなり違っているようです。


私の進化の方向は、こちらから↓

・レフティやすおの本屋

http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「勝間和代/著『読書進化論』:レフティやすおが読む」 を転載したものです。

---

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

創刊三周年!! 「登録及び解除(配信中止)」は、こちら↓

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)

「最新号」は、こちら

* 渡瀬けん/著『左利きの人々』中経の文庫(2008.12)「参考サイトその他」欄に掲載されました!

(『レフティやすおの本屋』 )

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号で紹介されました! 

*『R25』2007.12.06(No.170)"ランキンレビュー"「右利きが左利きより多いのはなぜ?」 で紹介されました! 

◆◆古典の名著・名作を楽しむメルマガ「レフティやすおの楽しい読書」毎月発行!

「登録及び解除(配信中止)」は、こちら「レフティやすおの楽しい読書」まぐまぐ!のページ

「最新号」は、こちら

◆◆◆左利きがメイン・テーマのブログ「レフティやすおのお茶でっせ」

『モノ・マガジン』2008.2.2号(No.598)「特集・左利きグッズ大図鑑」 で紹介される!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。