2009年01月31日(土)

『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検―第13号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

レフティやすおの作文工房-失われた世界 ●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2009(平成21)年1月号(No.13)-090131-『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検


名探偵シャーロック・ホームズで有名なイギリスの作家コナン・ドイルのこのSFの古典『失われた世界』は、かつて二度映画化され、それぞれ好評を博しました。


最初の映画は、のちの映画『キング・コング』のアイディア(見世物の為に都会に連れて来られた未知の世界の怪獣)につながった作品で、1925年に制作されました。
また、日本の『ゴジラ』につながる怪獣映画の端緒となったものでもあります。


このように、映画化による影響だけでなく、小説の分野でもその影響を受けたもの、またはその続編となるような作品も生れています。


影響を受けたものとしましては、映画でも有名な作品としては、マイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』(映画版では『ロスト・ワールド』の名が使われていました)があります。


これもまた基本的には、怪獣映画のパターンでした。


そういった作品とは違っていわゆる続編というべきもの、このドイルの作品の文字通り後日談ともいうべき作品に、横田順彌『人外魔境(ロストワールド)の秘密』(新潮文庫,1991)があります。


頃は明治、日本SFの父とも言うべき、『海底軍艦』の著者・押川春浪率いる探検隊が、チャレンジャー教授一行がロンドンで熱狂的な歓迎を受けた直後、このメープル・ホワイト台地を目指す。


ところが、時節柄、遅れてきた帝国主義国家ドイツが、かの地に陸軍の特別調査隊を送り込んでいた…。

―という具合に、日独の争いがこの台地上で、恐竜との戦いもを交えて、一大冒険となって巻き起こるのです。


ドイルの名作にも負けず劣らずの快作です。
機会があれば、お読みください。


 ・・・


ちなみに、手塚治虫のSF漫画『ロストワールド』は、名前が同じというだけで、ドイルの作品とは関係がありません。


2009(平成21)年1月号(No.13)-090131-『失われた世界』英雄的行為としての秘境探検
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html


失われた世界 (創元SF文庫)/コナン・ドイル
¥630
Amazon.co.jp

ロスト・ワールド (1963年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)/アーサー・コナン・ドイル
¥1,533
Amazon.co.jp

人外魔境(ロストワールド)の秘密 (新潮文庫)/横田 順弥
¥489
Amazon.co.jp

(↓コナン・ドイルの伝記)


コナン・ドイル (創元推理文庫 (100‐6))/ジュリアン シモンズ
¥612
Amazon.co.jp

コナン・ドイル (ハヤカワ ポケット ミステリ)/ジョン・ディクスン カー
¥2,447
Amazon.co.jp

コナン・ドイル伝/ダニエル スタシャワー
¥3,780
Amazon.co.jp



*『レフティやすおの本屋』支店・海外名作文学館「英米文学2」
http://myshop.7andy.jp/md_fair/foreignbooks/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/09
支店・名作ミステリ「名探偵シャーロック・ホームズ」
http://myshop.7andy.jp/md_fair/mistery_genryu/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/04

--
※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008.12.31
『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻―第12号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10181058245.html
2008.12.6
『クリスマス・キャロル』善意の季節―第11号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10173923261.html
2008.9.30
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ―第10号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10142820739.html
2008.8.31
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html
2008.8.15
夏休み特別編・読書感想文を書く―第8号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10124998198.html
2008.7.31
夏休み特別編・夏の文庫100冊から海の古典―第7号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10121001660.html
2008.6.30
『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10109196707.html
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10101154942.html
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10092238277.html
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10083428304.html
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html

---
「レフティやすおの楽しい読書」
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。
●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。
●『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ

--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月03日(土)

新年明けましておめでとうございます。

テーマ:左利き

レフティやすおの作文工房-2009年賀

旧年中はお世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。


最近は月一のメルマガ『楽しい読書』別冊編集後記ぐらいの更新ですが、閑を作って昨年以上に更新できるように努めてゆく所存です。


今年の一年の計:


 自分の左利きの本を出す(少なくともその準備に入る)


昨年は、左利き仲間の友人が左利きの本を出しました。


今年は自分も続きたいと思います。


まだ何も具体的なものは固まっていませんが、なんとかその目鼻はつけたい、と願っています。


これに尽きる一年です。


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より「新年明けましておめでとうございます。」 を転載したものです。


---

「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」 ―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中! 創刊三周年!!

「登録及び解除(配信中止)」は、こちら↓

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii(レフティやすおの左組通信メールマガジン)

「最新号」は、こちら

* 渡瀬けん/著『左利きの人々 悲しくも笑える』 中経出版・中経の文庫(2009.1)「参考サイト」欄に掲載されました!

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』2007.12.06(No.170)"ランキンレビュー"「右利きが左利きより多いのはなぜ?」で紹介されました! 


◆◆古典の名著・名作を楽しむメルマガ「レフティやすおの楽しい読書」毎月発行!

「登録及び解除(配信中止)」は、こちら「レフティやすおの楽しい読書」まぐまぐ!のページ

「最新号」は、こちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。