2008年12月31日(水)

『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻―第12号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2008(平成20)年12月号(No.12)-081231-『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻


私が本格的に哲学書を読むようになったのは、まだ二三年のことです。

初歩的な入門書を読み、古典を読み始めたばかりといったところです。


古典もまだプラトンの段階。

その中でも最初期のソクラテス対話編と呼ばれるものをいくつか読んだぐらいです。


このソクラテス対話編の中でも、特にこれだけは読むべきだというものがあるとすれば、それはやはり『ソクラテスの弁明』と『クリトン』でしょう

この二つを続けて読むことで、人が生きるとはどういうことかということが少しは理解できるようになる、そんな気がします。


それでは具体的にどの本を読むのがいいのか、私なりの経験からお話しましょう。


主だった文庫からいくつかの本が出ています。
どれを読んでもそれほど大差があるというわけではありません。


それでも初心者の場合には、少しでもわかりやすい本、とっつきやすい本というのがあるように思います。


まず一つのパターンは、講談社学術文庫版『ソクラテスの弁明・クリトン』+『哲学者の誕生 ソクラテスをめぐる人々』。


三嶋輝夫・田中享英/訳 講談社学術文庫版『ソクラテスの弁明・クリトン』は、現代に即した読みやすさに徹した新訳です。

それぞれ豊富な訳注と解題で、哲学的な説明も十分に施されていて、初心者にも理解しやすくなっています。
さらにクセノポン『ソクラテスの弁明』を参考資料として訳出しており、プラトンとはまた違った見方を知ることができます。


これに解説書として、納富信留/著『哲学者の誕生 ソクラテスをめぐる人々』ちくま新書(2005)を合わせて読みますと、一段と理解が進むかと思います。


こちらは、プラトン描くソクラテスやプラトン自身を時代から突出した人物ではなく、時代の流れの中で捉え直そうという考えに基づいた著書です。


一方、新潮文庫(改版2005)版、田中美知太郎、池田美恵/訳『ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン』と、岩波新書版、田中美知太郎/著『ソクラテス』を併読しますと、従来からいわれてきた偉大な哲学者としての歴史的ソクラテス像といったものを知ることができるでしょう。


もちろんどちらがどうということは私にはいえません。


田中美知太郎先生の解釈にも、先の諸先生方の解釈と共通する理解があります。
両方を読むことで、実際に私たちが考えなければならない―哲学しなければならないポイントが、よりわかりやすくなるような気がします。

その上で、岩田靖夫先生の著書『ソクラテス』勁草書房(1995)や『いま哲学とはなにか』岩波新書(2008)、『よく生きる』ちくま新書(2005)を読みますと、よく生きるとはどういうことであるかをさらに哲学することができるように思います。


私にとって哲学とは、まず(個人としての)人はいかに生きるべきかを問うものである、といえます。


それ以上の難しいことは今の私にはまだよくわかりません。


そういう私にとって、この『ソクラテスの弁明』および『クリトン』は、『論語』『老子』と並んで、ときおり紐解いてみる本の一冊となってきています。


2008(平成20)年12月号(No.12)-081231-
『ソクラテスの弁明』まとわりつく虻
http://archive.mag2.com/0000257388/20081231074500000.html


ソクラテスの弁明・クリトン (講談社学術文庫)/プラトン
¥924
Amazon.co.jp


ソクラテスの弁明―エウチュプロン,クリトン (角川文庫)/プラトン
¥420
Amazon.co.jp


ソークラテースの弁明・クリトーン・パイドーン (新潮文庫)/プラトーン
¥460
Amazon.co.jp


哲学者の誕生 ソクラテスをめぐる人々 ちくま新書 549/納富 信留
¥945
Amazon.co.jp


ソクラテス (岩波新書)/田中 美知太郎
¥819
Amazon.co.jp


ソクラテス/岩田 靖夫
¥2,940
Amazon.co.jp

--
※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008.12.6
『クリスマス・キャロル』善意の季節―第11号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10173923261.html
2008.9.30
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ―第10号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10142820739.html
2008.8.31
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html
2008.8.15
夏休み特別編・読書感想文を書く―第8号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10124998198.html
2008.7.31
夏休み特別編・夏の文庫100冊から海の古典―第7号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10121001660.html
2008.6.30
『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10109196707.html
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10101154942.html
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10092238277.html
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10083428304.html
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html


---
「レフティやすおの楽しい読書」
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。
●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486
古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。
●『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html


--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月06日(土)

『クリスマス・キャロル』善意の季節―第11号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る


レフティやすおの作文工房-たのどく081207クリスマス
●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2008(平成20)年12月クリスマス号(No.11)-081206-『クリスマス・キャロル』善意の季節


今日12月6日は、ヨーロッパ諸国では聖ニクラウス祭です。


聖ニクラウスは、聖ニコラスとも呼ばれ、サンタクロースのモデルになったといわれる、4世紀ごろ小アジア地方ミュラの司教で、広く一般庶民から慕われてきた聖者です。


詳しくは、サンタクロースの起源を扱った本で、どうぞ!


―ということで、遅れていましたが『レフティやすおの楽しい読書』です。


昨今は日本でも、簡単なキットが販売されていることも手伝って、クリスマス・デコレーションを施した家が増えてきました。


お店でも、昔なら七五三の季節のあとは、歳末・お正月用品へと移っていくのが常道でしたが、今では、10月末のハロウィンからクリスマスへと衣替えしてゆくようです。


それらを見ていますと、キリスト教と縁のない私たちも、クリスマスというだけで、何かワクワクしてきませんか?


そうです、もはやクリスマスはキリスト教徒だけのものではなく、広く世界中の愛と善意に満ちた人々のお祭りなのです。


そんな中で、スクルージのような人もまた、私たちの隣人の一人にいたことに気付きます。
そのスクルージもいつかきっと、愛と善意に気付き、クリスマスを楽しむ人にかわることでしょう。


クリスマスは、自然の恵みに感謝し、命の大切さと変わることのない愛を確認するときなのです。
のクリスマス・カラーの中には、それらが象徴されています。


さあ、私たちもせわしない季節ですが、心にゆとりを持って、子供の頃のように素直にクリスマスをお祝いしましょう。


Merry Christmas!


 ・・・


筆者の都合で、一ヶ月お休みをいただきました。
その影響もあり、予定を変更いたしまして時節柄、11月末に予定していました『クリスマス・キャロル』編を先にお送りいたします。


予告していました「『ソクラテスの弁明』シビレエイの一刺し」は、12月末「『ソクラテスの弁明』..虻またはシビレエイ..」として発行する予定です。
お楽しみに!



『クリスマス・キャロル』ならびにクリスマスやサンタクロースについての本につきましては、メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」本編をご覧ください。


2008(平成20)年12月クリスマス号(No.11)-081206-『クリスマス・キャロル』善意の季節
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html



クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)/ディケンズ
¥440
Amazon.co.jp

名作クラシックノヘ゛ル&シネマ クリスマス・キャロルDVD BOOK (宝島MOOK 名作クラ.../チャールズ・ディケンズ
¥780
Amazon.co.jp


贈り物―クリスマス・ストーリー集1 (1978年) (角川文庫)

¥357

Amazon.co.jp

クリスマスの悲劇―クリスマス・ストーリー集2 (1978年) (角川文庫)
¥441
Amazon.co.jp

--
※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008.9.30
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ―第10号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10142820739.html
2008.8.31
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html
2008.8.15
夏休み特別編・読書感想文を書く―第8号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10124998198.html
2008.7.31
夏休み特別編・夏の文庫100冊から海の古典―第7号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10121001660.html
2008.6.30
『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10109196707.html
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10101154942.html
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10092238277.html
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10083428304.html
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html

---
「レフティやすおの楽しい読書」
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。
●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486
古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。
●『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html


--
■レフティやすおのもう一つのメルマガ:
―発行部数300部超!日本唯一の左利きによる右利きと左利きのための左利きの"現役"メルマガ―
『左利きで生きるには 週刊ヒッキイ』
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。