2008年06月30日(月)

『宝島』海賊ゴッコの聖典―第6号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2008(平成20)年6月号(No.6)-080630-『宝島』海賊ゴッコの聖典


今も手元にある本は、旺文社文庫版のもので、『トム・ソーヤーの冒険』のあとで買ったもので、同じ体裁の本です。

『トム』同様私の愛蔵本になっています。


当時私は高校生で、これらの本を購入する直前?に、NHKテレビでドラマを放送していたのです。
平日夕方放送のいわゆる「少年ドラマ」の枠組みで。


『トム』と『宝島』を順番は記憶にありませんが、続けて。


そこで原作を読んでみようと思ったのです。


ちょうどいいところに旺文社版が登場したのです。

この旺文社文庫は、学参のメーカーである旺文社が、メインの顧客である中高生向けに名作・名著を紹介する、というコンセプトで創刊されたものです。


本を読むことに不慣れな中高生にも受け入れやすいように、本文は現代仮名遣い・新字体で、挿絵を付け、巻末には詳細な解説や改題、作者の年譜を添える、という親切な読書の手引きを施しています。


また、すべて同一装丁の箱入りで、豪華な印象の文庫本になっていました。
(のちには、すべて他の文庫同様の、カバー付に変わりました。)


初心者に優しいこの本で私は、この海の冒険を楽しみました。



新訳本も、少し前に中公文庫、今年は光文社古典新訳文庫版が出ました。

これらの本をきっかけに新たなファンが増えることを期待しています。


子供だけでなく大人も、いや、大人こそこういう冒険ロマンに夢をはせて現実の憂さ晴らしをして欲しいものです。


しかも、この19世紀の小説は、近代の息吹を受けて、それ以前の時代の荒唐無稽さを脱した大人の読み物になっています。


著名な灯台建築家一家に生まれ、跡継ぎとして自らも大学で、あるいは父について実地に学んでいた技術者でもあった著者が、自らの持つ海洋航海の知識を詰め込み、義理の息子と実の父親の参加もあり、過去の名作(『ロビンソン・クルーソー』や「黄金虫」など)を下敷きに創り上げたのがこの作品であったのです。


そういう文豪の技がこの小説をただの子供だましでなく、大人の読み物にしているのです。

ぜひ一度お読みいただきたいものです。



宝島 (光文社古典新訳文庫)/スティーヴンスン
¥720
Amazon.co.jp


完訳 宝島 (中公文庫)/ロバート・ルイス スティーヴンスン
¥880
Amazon.co.jp


(↓伝記)

物語る人(トゥシターラ)―『宝島』の作者R・L・スティーヴンスンの生涯/よしだ みどり
¥1,995
Amazon.co.jp

(↓もうひとつの「宝島」)

難破船 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)/ロバート・ルイス・スティーヴンスン
¥1,470
Amazon.co.jp


---
過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008.5.31
『三教指帰』天才青年空海の主張―第5号「楽しい読書」別冊編集後記

http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10101154942.html
2008.4.30
古典としての『星の王子さま』―第4号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10092238277.html
2008.3.31
ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10083428304.html
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html


---
「レフティやすおの楽しい読書」
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。

●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html

●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486

古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。

●『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年06月09日(月)

新訳本記事とメルマガ『レフティやすおの楽しい読書』

テーマ:メルマガを作る

6月6日付『日経トレンディネット』<新訳>の記事「新訳 『カラマーゾフの兄弟』が累計80万部突破! 大人の読書には続々登場の「新訳」を見逃すな!」が出ています。


海外の翻訳ものの文学書が売れないといわれるようになって久しいのですが、このところ新訳本が意外な売れ行きを見せて、一つの流れになっているようです。


もちろん、昔から何度となく、古典作品はその時代その時代で新訳本が出版されています。


しかし、今回は、2005年の『星の王子さま』の著作権切れに始まる新訳ラッシュといったブームがあったり、「光文社古典新訳文庫」に見られるような正面から<新訳>を売りにした叢書が出現したり、人気作家を翻訳家に迎えたものが出てきたりしている点が目新しいかと思われます。



余談ですが、
最近で私がひそかに注目していますのは、モンテーニュの『エセー』の新訳本(宮下志朗訳、白水社)です。
従来のものは、文中にそれぞれの版を(A,B,C)といった形で表記して区別していました。著者が手を入れた変遷の履歴は明確になりますが、通読するのにはちょっとわずらわしい感じがありました。
この新訳ではそういうわずらわしさを一切省き、文章自体も日本語の訳文として読みやすくしています。
全巻訳了するまでにはまだ間があるようですが、楽しみな一作です。


(↓モンテーニュ『エセー』新訳本/宮下志朗訳)
エセー〈1〉
¥2,100
Amazon.co.jp


モンテーニュエセー抄 (大人の本棚)/ミシェル・ド モンテーニュ
¥2,625
Amazon.co.jp

で、
この記事に注目しましたのは、実は、私が今年から始めた月刊メルマガ『レフティやすおの楽しい読書』で、既刊五号中の二号で扱った作品が紹介されている点です。

(まあ、たった二本だけですが、ね!)


記事は、村上春樹の新訳本を掲げた『ロング・グッドバイ』『キャッチャー・イン・ザ・ライ』んど[村上春樹翻訳の4作品]に始まり、『武器よさらば』『チャタレー夫人の恋人』など[名作・定番の4作品]、『カラマーゾフの兄弟』『白鯨』など[大長編の3作品]、『存在の耐えられない軽さ』『ロリータ』[映画化で知られる4作品]、『キラー・イン・ザ・レイン(チャンドラー短編全集1)』『シャーロック・ホームズの冒険(新訳シャーロック・ホームズ全集)』など[3作家の新訳全集]、そして最後に[童心に帰る3作品]として、私がメルマガで取り上げた作品『トム・ソーヤーの冒険(トウェイン完訳コレクション)』『新訳 星の王子さま』を紹介しています。


大人になった今こそ読みたい[童心に帰る3作品]
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080529/1013201/?P=7
 タイトルを聞いて「懐かしい!」と思う人もいれば、「あらすじは知っているけれど読んだことはない」という人もいるだろう。ただ、子供時代に絵本や簡略版を読んで、知ったつもりでいるのはあまりに惜しい。大人の読者を意識した新訳を読めば、楽しいひとときが過ごせるだけでなく、新たな発見がきっとあるはずだ


まさに私の観点と同じです。


自分で勝手に思い込むだけならよいと思うのですが、私のメルマガから採ったでしょう、といいたくなります。


今後の私のメルマガの紹介に変更を余儀なくされるかもしれない?記事でありました。


日経トレンディネット
Keyword 新訳
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080529/1013201/


*初歩的古典入門メルマガ
『レフティやすおの楽しい読書』
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
2008(平成20)年2月号(No.2)-080229-大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』
http://archive.mag2.com/0000257388/20080229074500001.html
2008(平成20)年4月号(No.4)-080430-星になった少年『星の王子さま』
http://archive.mag2.com/0000257388/20080430074500001.html


トム・ソーヤーの冒険―トウェイン完訳コレクション (角川文庫)/マーク トウェイン
¥700
Amazon.co.jp

星の王子さま (新潮文庫)/サン=テグジュペリ
¥500
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。