2008年03月31日(月)

ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方...第3号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る


老子
●「レフティやすおの楽しい読書」―別冊編集後記
2008(平成20)年3月号(No.3)-080331-“水”のような生き方『老子』


《ビジネス自己啓発本としての『老子』または人の在り方―心の持ち方を考える本》


創刊号で、『論語』を取り上げました。
とすると、次はやはり『老子』でしょう。


『老子』は、また『老子道徳経』とも呼ばれる、古代中国の思想哲学書です。


紀元前300年ごろには原本となるものが成立していたと考えられています。

上編「道経」37章、下編「徳経」44章、あわせて「道徳経」81章。

字数にして五千数百字、中国語は一字一語ですので、五千数百語からなる、短い本です。


『論語』と『老子』は、よりよき人生を考えるための左右の両輪だ、と私は考えています。


このメルマガ「楽しい読書」の「別冊編集後記」の一回目、


ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html

で『論語』を

 「私は一種人生のマニュアル本などと呼んでいます。」

と書きました。


『論語』は、


 人と人の間―<人間>関係を円滑にするための
 マニュアルを書いている本、


といってもよいかと思います。


一方、『老子』


 この世の在り方の秘密を教えてくれる本
 人の心の持ち方在り方を教えてくれる本


という気がします。


一般的には、孔子の『論語』は、『孟子』共々、孔孟思想とか、儒教と呼ばれ、
老子の『老子道徳経』は、『荘子』共々、老荘思想、道教と呼ばれるようになってゆきます。


日本では、『論語』―儒教の方が一般的となり、『老子』―道教は、さほど広まらなかったようです。


『老子』や老荘思想、道教についての一般的な理解としては、


  逆説に満ちた抽象的なの表現で
  何を言いたいのかわかりにくくて難しい本

  欲望を否定して人里離れて自然と暮らす隠居した人や
  浮世離れした仙人のような人たちの思想


といったイメージでしょうか。


それゆえ、『論語』に比して
ビジネス系の自己啓発本などのネタにはなりにくい
ようで、そういう傾向の本が少なく、一般的な入門書は少ないようです。


でも本当にそうでしょうか。
ちょっと考え違いな気もします。


まずその辺から書いてみましょう。


 ・・・


ビジネス系の自己啓発本に使われない理由は、

先にも上げましたように、


 「足るを知る」といった欲望を否定するような発言がみられること
 「不争」―争わないといった姿勢が積極的な経済活動にそぐわない


という印象があるからでしょう。


しかし、なるほど高度成長時代には不向きだったかもしれませんが、

現代のような時代には、『老子』のこのような姿勢こそ大事なポイントとなるように思います。

というのは、


 「足ると知る」ことで、適切な利益で満足する。
 「不争」の姿勢で、過当競争に陥らない。


といった教訓を学ぶことができるのです。


昨今の一連の偽装事件でも、行過ぎた利益至上主義のようなものが根底にあったと思われます。


もし『老子』の考えを実践していたら、どうだったでしょうか?



楠山春樹は、『老子入門』(講談社学術文庫 2002)のなかで、


 <老子は無為に生きよ、自然のままがよいという。>


無為とは、
 <無作為、つまりことさらな行為をしない>ということ。

すなわち、
 <贅肉を削り落とせ>
ということだ、と書いています。


そして、
 <それが人のあるがままの自然な姿だ>
と。


『心が安まる老子』(伊藤淳子/訳 PHPエディターズ・グループ/発行 PHP研究所/発売 2006)
なんていう本は、
『老子』をリーダー論として読み解いている部分があります。


もともと『老子』には、政治論としての治世の書の側面もあります。
聖人はかくあれ的なことが書かれています。


中国・戦国時代に成立したといわれる『老子』だけに、当時の社会状況から見ても、納得の行く話です。


そういう点でも、自己啓発本のネタになっても不思議ではないのです。


 ・・・


でも、そういうことよりも、私にとってはやはり、メルマガでも書きましたように、一つの心のよりどころとしての『老子』です。


人の在り方―心の持ち方を考える本なのです。


---

※ 過去の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008.3.10
大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10078843903.html
2008.2.24ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記

http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html


---
「レフティやすおの楽しい読書」

http://www.mag2.com/m/0000257388.html

●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●発行周期  月刊(毎月月末発行)
●メールマガジンの説明文:
若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。

●バックナンバー
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html

※ 登録は、サイドバーからどうぞ →


●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486

古典の名著名作について、読書について、このメルマガについて語り合いませんか。
読者の皆様の参加お待ちしています。

---
◆レフティやすおのもう一つのメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

(最新号はこちら)

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』ランキンレビュー「右利きが左利きより多いのはなぜ?」 でコメントが紹介されました! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月19日(水)

まぐまぐ!今週のおすすめに「レフティやすおの楽しい読書」

テーマ:メルマガを作る

今年一月から始めました、左利きメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」 に続く、二つ目のメルマガ「レフティやすおの楽しい読書 」。


幸いなことに好評のようで、 『まぐまぐ!』の「今週のおすすめ』に選ばれました。


3月14日発行のまぐまぐのオフィシャルマガジンに掲載されました。


『ウィークリー まぐまぐ[エンタテイメント版]』2008/3/14号

「今週のおすすめメルマガ@エンタテイメント」コーナー


そして、きょう3月19日から一週間は、『まぐまぐ!』のサイト でも

「今週のおすすめ(毎週水曜日更新)」 コーナーに掲載されます。

今週のおすすめメルマガ

まぐまぐのメルマガの中から、スタッフが読んでみて「これは!」というものをおすすめ しまっす!(3月12日から1週間のおすすめ)


エンタテイメント2008/3/14(金) [エンタテイメント版]

スポーツ・レジャー、エンタテイメント、アート・文芸 のカテゴリより厳選!


レフティやすおの楽しい読書

若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のな かから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様 の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。


(編)『トム・ソーヤーの冒険』のマーク・トウェイン作品から 『論語』まで。


発行周期:月刊 マガジンID:0000257388 バックナンバー:すべて公開 発行者サイト

3月13日には、

左利き仲間で『営業ビジネスマナー超入門』(日本実業出版社)ほかビジ ネス書の著述家、

無口営業の達人・渡瀬謙氏の殿堂入りビジネス・メルマガでも紹介して いただきました。


『営業のカ ンセツワザ』2008/03/13 208号「我流 文章術(2)」


紹介してもらえたから、お薦めに選ばれたからといって、即、読者登録が増えるというも のではありません。

しかし、作り手としては、一応の評価を受けたということで、うれしいものです。

作者自らお薦めするのもなんですが、ぜひ、一度だまされたと思って登録して読んでみてください。


月刊なんで、忘れた頃にふとやってくる感じです。

絶対、登録しておかないと忘れちゃうよ!

ぜひ、よろしく!


◆本と読書に関する新メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」始め ました!

登録及び解除(配信中止)は、こちら「レフティやすおの楽しい読書」まぐまぐ!のペー ジ

「最新号」は、こちら


それから「楽読」メルマガ・コミュニティも開設します。

古典のみならず、広く本や読書の話で盛り上がりませんか?


ではでは。


※本稿は、ココログ版『レフティやすおのお茶でっせ』より転載したものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月10日(月)

大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』―第2号「楽しい読書」別冊編集後記

テーマ:メルマガを作る

『トム・ソーヤーの冒険』マーク・トウェイン メルマガ「レフティやすおの楽しい読書」別冊編集後記の第二弾。


2月末日に発行した第2号「大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』」編です。

2008(平成20)年2月号(No.2)-080229-大人も楽しい『トム・ソーヤーの冒険』

 ・・・


このメルマガは、古今東西の古典、名作・名著を毎月一点選んで、その面白さをお知らせし、付録を通して読者ご自身がご自分なりの楽しい読書へ進む手引きとなれば、と願って発行しています。


ついでに、自分が読み取ったことを文章に書くことで、自分の読書のレベルアップにつながれば、と欲張っています。


 ・・・


さて、マーク・トウェインは古典についてこう書いています。


  古典/


  みんな/ほめる/だけで/
  読みは/しない/ご本


一方、自分の本については、


  わたしの書は/水だ/
  偉大なる天才の書は/酒だ/
  誰もが飲むもの/それは/水だ


と。

(『ちょっと面白い話』大久保博/編・訳 旺文社文庫 1980)


いかに自分の本が多くの人から愛されているか、
それをいかに誇りに感じているか、


がうかがえる言葉です。


自信の言葉でもあります。
それでいて、引くところはきちっと引いて、天才たちをたたえています。


モラリストの本領発揮というところでしょうか。



『トム・ソーヤーの冒険』もそういった一冊です。


水のように誰もが飲むもの。
酒のように好き嫌いや、飲める飲めないといった人を選ばないもの。


子供から大人まですべての人の渇を癒してくれるもの。


最近私は、子供の頃によく食べたお菓子や定番食品を買ってくることが多くなりました。


トランプやエースコイン、あたり前田のクラッカー、のりたまや海苔の佃煮磯じまん、チキンラーメンはずっと食べて続けてきましたが、同じ系列でしょう。


あの頃のあの味がつい懐かしくなってきます。


そんな年になったのでしょうか。



それと全く同じかもしれません。
『トム―』や『ハック―』はそういう郷愁を誘う要素もあります。


でも実際に読んでみると、郷愁だけでなく、本物の味わいがあります。


絶対おもしろい!
エンターテインメントの王道を行く本物です。


子供の頃に読んだきりの人も、全く読んだことがないという人も、ぜひもう一度この作品を古典の名作としてだけでなく、現役の面白小説として楽しんでください。


※ 前号の「楽しい読書」別冊編集後記:
2008年02月24日(日)
ろんご・ロンゴ・論語―創刊号「楽しい読書」別冊編集後記

http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10075192487.html


---
「レフティやすおの楽しい読書」


●マガジンID 0000257388
●カテゴリ  アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評
●マガジン形式  テキストメルマガ形式
●バックナンバー設定  全て公開 
●発行周期  月刊
●メールマガジンの説明文:
若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおが、古今東西の古典・名作・名著のなかから毎月一点を選んで、楽しい読書のポイントを紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生を追体験すること。「楽しい読書」で豊かなひと時、楽しい人生を送りましょう。


※ 登録は、サイドバーからどうぞ →


---
◆レフティやすおのもう一つのメルマガ「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」

―左利きの人、左利きに興味のある人のためのメールマガジン発行中!

(最新号はこちら)

* 親野智可等・発行「親力で決まる子供の将来」No913 2007/12/26号 で紹介されました! 

*『R25』ランキンレビュー「右利きが左利きより多いのはなぜ?」 でコメントが紹介されました! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。