2005年03月25日(金)

主な流れ―オレ流ブログの書き方・その1

テーマ:ブログの書き方
<レフティやすおのオレ流ブログの書き方・その1>

まず主な流れアウトラインを箇条書きしてみる

1・何を書くか考える(テーマと仮題を決める)
2・メモを取る(チラシの裏を利用した手製のメモ用紙&パソコンのメモ帳を使用)
3・取材する(主に本・雑誌・新聞、インターネットでホームページやウェブログなど)
4・パソコンのメモ帳に原稿を書く
5・画像を用意する(画像を載せる時)
6・原稿を広げる(原稿の首尾を見る―原稿段階の最終チェック)
7・各ブログ・サービスの投稿画面を表示する
8・原稿をコピーして載せる
9・記事を修飾する―まな板(各サービスのプラットフォーム?)上で、原稿の文字をそれぞれのサービスにあわせて、絵文字を入れたり、文字に色づけしたり、サイズを変えたり、画像をアップしたり、リンクを張ったり、カテゴリを登録したり、等々。
10・確認する(プレヴュー画面で、最終チェック)
11・保存・投稿する(出来上がり)

ざっとこんな感じか。多少の前後はあるが、基本的な流れはこんなものだろう。

少し注釈を加えるとすると、パソコンのメモ帳を使う点ぐらいか。
昔はパソコンで原稿を書くといえば、ワードを開いて使っていた。しかし、ブログの場合は、タグを打ち込むのでメモ帳が便利そうと気付き、パソコンのメモ帳を使うようになった。

タグも原稿を書く過程で最低限度のものは打ち込んで置く。太文字や赤や青の色文字、リンクなどは基本的にどこのサービスでも使えそうなものは、あらかじめ原稿を書く段階で織り込んでおく。

この辺の感覚は、齋藤孝氏の言う三色ボールペン方式だといえば、今の若い人にもすぐ理解していただけると思う。
最重要は赤文字比較的重要なポイントは青文字私的なこだわり部分は緑文字など。あるいは太文字や大文字を使う、他に適宜、斜体文字下線を入れるなど、だ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日(木)

公私を分ける文末の表現―オレ流ブログの書き方・番外編

テーマ:ブログの書き方
これから時々思いついた時に、私流のブログの書き方について書いてみようと思います。

<レフティやすおのオレ流ブログの書き方・番外編>

文体(文末の表現)について―

一応自分のなかで決めていることなのですが、告知に当たるものや「お茶でっせ」などの左利きに関する文章、「新しい生活を始めよう!」での提案の文章では「ですます調」を使い、それ以外の文章では「…である/…だ」という文末にしているつもりです。

公的な文章私的な文章とでもいいましょうか。読者を想定するものと、そうでないものともいえます。
あるいは、公的な記録や公に向かっての情報発信の記事と、私的・個人的な覚書や日記的文章とでもいいましょうか。

どちらかに統一する方がよいのかもしれません。読み手にとっても書き手にとっても。
ただ本来は、ですます調で書いているわけではありません。
メモや下書きなどはすべて、「…である/…だ」式に書いているのです。
それを逐一書き換えています。
そのほうが丁寧な感じを与えるのでは、との考えからです。

実際はどうなんでしょうかね。

一時はですます調一本だったときもありましたが、変化をつける意味で変えてみたことがあります。
それ以来、自分の中で書き方を変えてみるのもいいのかな、と思うようになってきました。

最近は、先に述べたようなやり方で固めていこうと考えています。
公私をはっきり分けて書く方がいいような気がしています。
読んでもらうことを意図して書く、ということでしょうか。

個人的なことですが、とりあえず書いておきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月09日(水)

このブログの目的、書こうとすること-その2-

テーマ:ブログ
当初この「作文工房」の「作文と読書」で書こうとしていたことは、二冊の『読書力』(齋藤孝の『読書力』岩波新書(2002)とハイブロー武蔵の『読書力』総合法令(1999))という本を読んで、読書力を向上させることが作文力を向上させることになるよ、ということでした。

そして、まずそれぞれの本から学んだことを書いてみようとし始めました。ここで、ストップしてしまいました。
申し訳ない気もして「読書感想文を書く」という一文をはさんでみたのです。

いずれ齋藤孝の『読書力』とハイブロー武蔵『読書力』から学んだことを書いてみようと思います。

次に始めたのが、「作文力を鍛える」です。
ここでは、何でも作文に関するお話を書いてみようと思っています。ただの愚痴になるかもしれません。あるいはもっと有意義なことを書けるかもしれません。

「物書き人生」―これは、切羽詰って始めたものでして、自分の今までの書き物の経験を回想するものです。私を知るいい機会かもしれません。(エッ、誰も知りとうないって。ハッハッハッ! (-_\)

「ブログ」―これはまた範囲が広い。このブログや他のブログの話など。
いずれは自分流のブログの書き方というものを書いてみようと思っています。また別にテーマとして立てるほうがいいのでしょうか。

―というのが、今までのこのブログの様子です。
今後どういう形で更新してゆけるかわかりませけれど、せめて週一ぐらいは書き続けたいと思っています。
乞う、ご期待! というところでしょうか。 o(^v^)o
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月06日(日)

このブログの目的、書こうとすること-その1-

テーマ:ブログ
いやーっ、たいへん永らくごぶさたです。
どうも、思うように更新できません。
色々理由はあるけれど、結局のところ、ここのブログは目的が二次的なわけです。
たとえば「お茶でっせ」は、左利きと読んだ本の紹介など、「店長日記」は「本屋」の紹介、「新しい生活」は生活を一新しよう、といった具体的な目的があるわけです。
それに引きかえ、こちらはどちらかというと、そのときそのときの作文に対する不満や思い付きを吐き出す場所としてスタートしています。
もちろん作文力を高めたい、という意識があって、そのための方法を自分なりに極める場として考えているわけでもあるのですが。

当初の予定していたことが、様々な事情で思うように更新できず、考えが乱れています。
この辺で、少し整理してまとめておきたい、方向性を確認しておきたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。