迷える子羊のための美容整形教室

勇気を出して美容外科治療を決意されたあなたが、その理想に遠回りしないで確実に近づけるために・・・


テーマ:
顎の骨を小さくする手術には、削る手術と切る手術があります。

切る手術をするときは、切って骨をずらした後に生ずる段差をなだらかにするために削る作業を行うため、切ると削るの両方を行うことになります。

切った骨を再度つなげなければいけないため、チタンプレートやワイヤーで固定する必要があります。

その点、削る手術では骨の表面を機械を用いて削って小さくするだけなので作業は簡単です。

でも、この削るだけの手術にはいくつかの欠点と限界があります。

一つは、削る部分の骨を全体的に露出させる必要があるということです。

特に短くしたい時などは、どうしてもオトガイの下端の骨につながっているオトガイ筋などの軟部組織を一旦剥がさなくてはいけません。

ここを剥がすと顎下が緩んでたるんでしまいます。つまり二重あごになってしまいます。

もう一つは、小さくできる程度の問題です。

削る手術で頑張りすぎると、骨の髄質(骨髄)が露出してしまいます。

これ自体は大きな問題ではないのですが(エラの手術の時には必ず露出します)、顎の場合この髄質に、さきほどお話しした顎下の筋肉などが癒着すると、口の動きによってはひきつれて見えたりつっぱたりします。

これを防ぐためにはどうしても骨皮質(骨の表面の硬い部分)の全部が無くならない程度に削る量を抑えなければなりません。

でも、この骨皮質の厚みは5ミリ程度しかありません。(さらに薄い場所もあります。)

ですから、この手術を安全に行おうとすると、顎の前方や側方を3,4ミリ程度小さくするだけということになります。

つまり削る手術は、ちょっと小さくしたり顎のバランスを少し整えたりするのには良い適応ですが、大きく変化させたい方には向いていません。

切る手術はいわゆる中抜きと呼ばれるものですが、一般的なのは平行なラインで二か所水平に切り、間をだるま落としの要領で抜いて、その上下をつなぎなおすという方法です。

当然この上下の骨の大きさには差があるので、それによって出来る段差をなだらかにする必要があります。

これが意外と厄介ですが、ここをきっちりしないと綺麗なあごにはなりません。

$迷える子羊のための美容整形教室$迷える子羊のための美容整形教室
















上下には長いけれども前後には短いタイプの方は、この下の骨を前方に少しずらして固定します。

この方がメリハリの利いたシャープな顎に見えます。

$迷える子羊のための美容整形教室


この中抜き手術は切る角度を変えたり、上下の骨切りラインを変えることで、いろいろな形に対応できます。


最近は、側方が大きい、つまり幅の大きい顎にも中抜きを行います。

この場合は、水平に切るのは一か所で、その代わり切った下の骨を二か所垂直に切り、その間を抜きます。

この場合も、当然段差は出来るので、これをなだらかにする必要があります。


$迷える子羊のための美容整形教室$迷える子羊のための美容整形教室








特に女性らしい細くてシャープな顎になるためにはとても優れた方法です。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード