資産家向け!不動産対策で円満相続を!

不動産の相続対策で失敗する方が多いのは、「相続対策」は「不動産投資」であるという視点が欠けているからです。

百戦錬磨の不動産鑑定士が、相続対策の成功の秘訣を伝授します。by円満相続の不動産アドバイザー

相続に不動産はつきものです。
相続対策も相続税の特例も、ほとんどが不動産に関連します。
争続がおこるのは、不動産の適正な価値がわからないことが多いからです。

相続はいろんな専門士業の協力が必要となりますが、まずは不動産を考えてください。

テーマ:
こんにちは。

円満相続の不動産アドバイザー、不動産鑑定士の福井將之です。


先日、車に乗っていましたら、こんな看板が目に飛び込んできました。




これ、いいでしょう。

地主さんのお気持ちがストレートに伝わってきます。

もう、ごみを不法投棄する人はいないでしょう!

あっぱれ!


お読みいただき、ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。

円満相続の不動産アドバイザー、不動産鑑定士の福井將之です。


相続税を払わなければならない人の相続財産は、いろんなパターンがあると思いますが、

なかでも大変なのは、相続財産が不動産だけで相続税の納税資金がないケースです。

この場合は、不動産を売却するなどして資金を確保しなければなりません。

不動産をお金の代わりに納める物納制度もありますが、物納してもらうには条件が

いろいろあってなかなか難しいようです。

不動産を売却して納税資金を確保するとしても、すぐ売却できる土地、建物な

どの相続資産があればいいのですが、売却に時間がかかるような不動産でしたら

納税期限が過ぎてしまうリスクもあります。

その際には、不動産を担保に金融機関から借り入れして納税するケースもあります。

この場合、金融機関に払う金利負担が生じて費用がかかります。

というわけで、不動産だけを相続することは相続税納税面からはマイナス要素が

非常に高いので、相続が発生する前から、すぐ売却できる不動産を確保しておく

ことをオススメします。


お読みいただき、ありがとうございます。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

円満相続の不動産アドバイザー、不動産鑑定士の福井將之です。


廃村になる村を一人の役人が建てなおしていくというストーリ

の「ナポレンの村」というTV番組を見ていて、TVの中で描かれた

廃村再生の鍵は、農村や地方の再生だけではなく、企業再生、不動産再

生などいろんなことに使えるなあと思いました。

その鍵とは、本当に単純なことです。

オンリーワンという個別性、そしてそれに向き合う人の情熱でした。

これって、わかりきったことなんですが、できないんですよね。

企業や不動産の再生の鍵も、きっと同じことだと思います。


お読みいただき、ありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

円満相続の不動産アドバイザー、不動産鑑定士の福井將之です。


30数年前、私は地元の県立高校に入学しました。

部活はラグビー部と決めていましたが、ラグビー部が

なかったので、柔道部に入部しました。

高校の武道館には、剣道部と柔道部が隣り合わせで練習

していました。

自然と剣道部と柔道部は仲が良くなりました。

そんなある日、剣道部の誰かが、武道館の下駄箱の奥から、校内で

履く女性用スリッパの片足を見つけました。

埃をかぶりだいぶ古びれていました。

しかし、そのスリッパの上の所に書かれていた名前だけは鮮明

でした。

その名前を見て持ち主がわかると、男子柔道部員、男子剣道

部員は大騒ぎし、そのスリッパの取り合いが始まりました。

「これは俺のだ」、

「違う違う、俺が見つけたんだ」、

「・・・・・」

取り合いは本当に物凄かったです。

そのスリッパの持ち主は3年上の女性剣道部員の先輩でした。

私とは高校時代は重ならず、その先輩は大学に入ってタレントとして

人気が出ているときでした。


あれから30数年、時は流れました。万物は流転します。

テレビのニュースで訃報を知り、高校時代が懐かしく昨日のように

想いだされます。

そのスリッパの持ち主、川島なお美先輩のご冥福を心からお祈りいたします。



お読みいただき、ありがとうございます。










いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

円満相続の不動産アドバイザー、不動産鑑定士の福井將之です。


先日、地価調査価格が発表されました。

案の定、3大都市はもちろん中核都市にも地価上昇の潮流は押し

寄せている。

しかし、地方都市はまだまだ地価上昇トレンドを描き切れていない。

そのような状況下で気になるのが、平均値という数値。

たとえば、同じ地域にプラス10%上昇のA地点、-5%下降したB地点、

この2地点の地価変動の平均値はプラス5%です。極端な例です。

地価調査のトレンドはあくまでも平均値にしかすぎず、半径500mの同じ

地域によっても、人気があるエリアもあれば人気がないエリアもあります。

ですから、地価調査の平均だけを信じて、不動産を買ったり売ったりすると

思わぬ損失を招くことがありますので十分ご留意ください。


お読みいただき、ありがとうございます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。