平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、米国のキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が17日に予定していた訪日を取りやめたことについて「日程の調整がつかないため、わが国への訪問を中止したということだ」と説明した。

 キャンベル氏は外務省高官らとの間で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題や北朝鮮問題について協議する予定だった。平野氏は、普天間問題で進展が見込めないことが来日中止の原因になったとの見方に対し「そういうことではないと思う」と否定した。

【関連記事】
米次官補が訪日を突然中止 日程上の理由と国務省
政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく
「日本が説明すべき問題」 財政密約発表で米政府
「日米関係に影響ない」 密約問題、米政府は静観の構え
小沢氏の訪米 オバマ政権の手離れ民主党議員仕切る
20年後、日本はありますか?

禁輸案可決なら再投票要求=クロマグロで徹底抗戦-水産庁長官(時事通信)
<郵便不正事件>副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁(毎日新聞)
2審は賠償額を440万円に減額 大相撲八百長訴訟控訴審判決(産経新聞)
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)
生方氏の対応批判=鳩山首相(時事通信)
AD