羽田空港で保安検査員を殴ったとして、警視庁東京空港署は25日、暴行容疑で、埼玉県新座市野火止、毎日新聞社社員鈴木秀明容疑者(53)を現行犯逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「飛行機に乗り遅れたので保安区域に入りたかった」と話している。
 逮捕容疑は同日午後5時25分ごろ、羽田空港第2ターミナル2階出発ロビーの保安区域で、検査員の男性(26)の顔を平手で1回殴った疑い。
 同署によると、飛行機の搭乗時間が過ぎ、入場を断られたのに搭乗ゲートがある同区域に侵入。検査員や駆け付けた同署員が注意し、交番への同行を求めたところ、暴行したという。
 毎日新聞社によると、同容疑者は1974年に入社。制作技術局に勤務しているという。
 同社社長室広報担当の話 社員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処する。 

【関連ニュース】
羽田空港、管制システムダウン=欠航など50便以上に影響
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
北海道と日本海側、大荒れ続く=低気圧停滞、交通に影響
日本海側中心に暴風、大雪=東北に低気圧、交通に影響
日本海側、2日も大雪=北海道は朝まで強風

「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査-中教審特別委(時事通信)
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)
普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
AD