海外で子育てしながら、古事記や日本語のお勉強

日本の歴史や海外育児、インターネットでライブオンライン教室をオーガナイズしています。
世界中どこにいてもZOOMというオンラインミーティングルームでつながれます!!
貴方も参加してみませんか?(ただいま歴史教室開催中)


はてなブログ からお引越ししてきました。

 

はてなブログにもいろいろと書きましたので、なんだ??と思う方はこちら を読んでいただくと嬉しいです。また、LEARNJAPAN という世界中の日本人の子供たちが(別に日本人でなくてもいいですよカナヘイうさぎ)日本の歴史を日本の学校の授業に沿った形でどこにいても学べるオンライン歴史教室も開いています!!

Learn Japan 

 詳細はこちらから。

 

どうぞよろしくお願いします。

 


テーマ:
こんにちは。
 
小学6年生にもなると、国語の時間には大和言葉の勉強をするんですね。
私が小学6年生の時もやっていたのかな?
もうだいぶ前で覚えていません。。。セキセイインコ メロンちゃん
 
 
皆さんもご存じのとおり、日本語には3種類の単語があって、漢語、外来語、大和言葉なんですねえ。漢語は、中国語から取り入れたことばで、外来語は中国語以外の国から来た言葉、そして、、じゃじゃーーん、大和言葉とは、私たち日本人の祖先が作り出した日本固有の言葉なのですね。
誰でも知っている、山、川、花、、海、空、--
 
 
そう、、こんな記事を見つけました!!
国際派日本人養成講座を開いてらっしゃる、伊勢雅臣さんの書いた記事です。すばらしい。
 
どんなことが書かれているかというと、大和言葉の文字の説明なのです。
 
そして、偶然にも今日は、「花」と、「鼻」の話を外国人の生徒さんとお話をしていたのです。
 
伊勢さんは、このように書いています。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.目と芽、鼻と花、歯と葉■

     目と芽、鼻と花、歯と葉、耳と実(み)、頬と穂(ほ)。顔
    と植物の各パーツが、まったく同様の音を持つ言葉で呼ばれて
    いるのは、偶然だろうか?

     万葉学者の中西進氏の説によれば、これらは語源が共通して
    いるからだと言う。漢字にすれば、まったく別の言葉のように
    見えるが、古代の日本人は、顔のパーツも植物のハーツも、
    「め」「はな」「は」「み」「ほ」と同じように呼んで、同じ
    ようなものと考えていたようだ。

     たとえば、鼻は顔の真ん中に突き出ている。同様に「花」も、
    植物の枝先の先端に咲く。そして岬の端も「はな」と呼ぶ。薩
    摩半島の「長崎鼻」がその一例である、さらに「かわりばな」
    「しょっぱな」「寝入りばな」など、物事の最初を表す意味も
    持つ。

    「からだ」とは、幹をあらわす「から」に接尾語の「だ」がつ
    いたものである。「から」が植物にも使われた例は、稲の茎の
    「稻幹(いながら)」、芋の茎の「芋幹(いもがら)」などの
    言葉に残っている。

     古くは手足のことを「枝(えだ)」と呼んだ。「手」「足」
    と呼び分けるようになったのは、奈良時代あたりからである。

     もう明らかだろう。我々の先祖は、植物も人体も同じものだ
    と見なしていたのである。すべては「生きとし生けるもの」な
    のだ。こうして古来の大和言葉の源を辿っていくと、古代日本
    人の世界観が見えてくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ちょっと――なるほどーーと思っちゃいましたよ。
 
 
外国人の方に日本語をおしえていると、「花」と、「鼻」の話はよく出てきますよねえ。
それでだか、わからないのだけれども、この言葉に共通するものがあるような気がしていたんです。
 
歯=葉、目=芽、鼻=花、耳=実、頬=穂
 
とくるなら、
 
口=茎としてもいいですよね。(一文字ちがうけど)
 
まつ毛=松の毛とか。。
 
 
だんだん、、言葉遊びになってきてしまいますが。。。孫二号
 
 
「かわりばな」とか、「しょっぱな」とか、そういう言葉も鼻からきているのも、おもしろいですね。
 
むかしから、「体が資本」とか、「根を張って生きる」とかいうけれど、人生とか人間の体にまつわる言葉が、植物と同じ語感というのがいいなあ。
言霊を大事にする日本人らしい、単語、言葉の選び方だと思うのです。
 
 
 
さてさて、、
日本に帰ると、いつもほっと心が和むものがあります。
 
それは、、
 
町かどにちょこっとある、小さな神社なのです。小さな神社だけでなく、お地蔵さんとか、なにげに誰かが編んだ毛糸のぼうしをかぶっていたりしていて、とてもかわいらしく、思わず手をあわせてしまいます。
この小さな神社なのですが、お社(おやしろ)と呼ぶのだそうです。
 
あ、、知っていましたか??すみません。わたしは、知りませんでしたよ。
 
 
もしくは、
 
 
「祠(ほこら)」というそうです。
 
 
「ちょっとそこの角で祠を見ておがんできたよ」
 
なんて、、言えばいいんですね。
 
お社(おやしろ)と、祠(ほこら)、、なんて、、かわいい言葉だことーーー
 
 
そうですよ。。これも大和言葉です。
 
また、、言葉遊びになってしまいますが、、
 
「お屋敷+お城」でおやしろ。。(お社)
 
見ると心が「ほこっ」とあったまり、気分が「らんらん」してしまう「ほこら」(祠)
(ちょっと無理やりっぽいか。。びっくり
 
 
 
最後に、、
 
 
私の好きな大和言葉は、、
 
 
 
 
「湯船」です。。。。。。。。。。。。。デレデレ
 
 
いいじゃないですかーー
 
お湯の、船にはいるだなんてーー
 
 
「湯船につかる」
 
 
だなんてーーことば。。。いいとおもうのだなあー。
 
 
 
ああ、またお風呂に入りたくなった。グラサン
 
 
それではまた!!
 
 
 
LEARN JAPANの歴史教室の記事もアップしました。
 
 
 

Learn Japanの歴史教室は、まだまだ生徒さまを募集しています。

途中参加大歓迎の、4週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。