神戸楽器店 リードマンのブログ

楽器の販売からスタジオレンタル、PAまで幅広くサポートいたします!


テーマ:
久しぶりの更新で申し訳ございません。

前回、K.Country新たにスタートという事で、長野県小諸市のDaisakuGuitars小林大作さんと共に製作しました、LeD-211hrs LeD-211rsをご紹介させて頂きました。


完成したギターの出来がとても良く、店頭で試奏して頂いた皆様にも好評を博し、
お陰さまで2本ともすぐに完売致しました!
まだ、見て頂けてない方も沢山いらっしゃると思います。
次はいつ上がるの?という嬉しいお声も頂きつつ…


お待たせいたしました!
LeD-211hrs1本(海外のお客様オーダー分) LeD-212hrs1本、LeD-212rs1本が 完成間近です!
LeD-212とはLeD-211をベースにカッタウェイを少し深くし、ブリッジサドルに角度を付けました。


上手くいけば、11月11日(月)以降に店頭に並ぶ予定です。
是非、見て弾いて確かめにご来店お待ちしております。
※9日(土)大阪南港ATCホールにて開催されるサウンドメッセのDaisakuGuitarsブースにて展示される予定です!http://www.sound-messe.com/


新たなK.Countryは益々良くなるように努力しております。
今回は、製作過程のなかでしか見れない、こだわりの箇所をいくつかご紹介させて頂きます。



$神戸楽器店 リードマンのブログ


まずは、Rosetta(口輪) サウンドホールの周りの飾り部分です。
すぐに目に入る場所で、ここが変わればギターのイメージも変わると言ってもいいほど重要ポイント。
このように、細いローズウッドやマホガニーを1本1本手作業で入れていきます。


$神戸楽器店 リードマンのブログ


アバロン貝を入れているところです。1ピースずつ丁寧に入れていきます。



$神戸楽器店 リードマンのブログ


HPのLeD-211の説明文でもご紹介しました、強度を高める為、表甲 裏甲 胴の接合部に使用する補強材の蛇腹(カーフリング)を通常の逆に取付ける方式 "リバースカーフリング"を取り付けているところです。きっちりと隙間無くクランプで固定します。



$神戸楽器店 リードマンのブログ


今回のポイントの一つに、テールブロックという胴材を接いでいる一番エンド部(ストラップピンが打ってある部分)に補強材が入っているのですが、そのマホガ二ー材のブロックの真ん中にメイプル材を入れました。
K.Countryユーザーの多くの方がピックアップシステムを増設されるのですが、その際の補強としてとても重要な役割をします。



$神戸楽器店 リードマンのブログ


組上げられたギターはニトロセルロースラッカーで丁寧に塗装されます。
このラッカー塗装も薄く噴く事により材の本来の鳴りを生かす重要なポイントになります。


このようにして、全て手作業により製作家と企画者の思いを込めて丁寧に仕上げられたK.Country LeD-212hrs,LeD-212rs
是非、当店に直接試奏して確かめに来て下さい!
心よりお待ちしております。

LeadMan 今西
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

神戸楽器店 リードマンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。