柔軟性

テーマ:

普段、たくさんの保護者の方と話をしていて

よく感じることがあります。

 

それは、お子さんのことを真剣に

一生懸命考える親御さんほど

「~でなければいけない」

という思いが強いということです。

 

自分に対しても、

子どもに対しても。

 

「私がなんとかサポートしなければいけない」

「ここまでは絶対できるようにしなければいけない」

全ては、愛する子どものために。

 

確かにサポートは必要ですし、

将来のためにできることを伸ばすことは大切です。

多少無理をしても

頑張らせることが必要な時もあります。

 

ただ、

その一生懸命な思いが

日々の親御さん自身をひどく苦しめたり

お子さんを逃げ場のないところまで追い詰めたりする様子を

これまでたくさん見てきました。

 

お子さんは、どんなに小さくても

親御さんの一生懸命な気持ちがわかるから

その愛に応えなきゃと思うから

つらくても健気に頑張ろうとするのですが、

その姿は親子にとって

本当に幸せなありかたなのでしょうか・・・?

 

先日、小学2年生の男の子が

「がんばれがんばれって言われるってことは

僕ができてないってことだから。」

とポツリと言っていました。

無意識のうちに

自分を責めてしまっているのかもしれません。

 

真剣に考えれば考えるほど

「~でなければならない」が毎日あふれてきますが

たまには、そのハードルを少し下げて

「今日はそれでOK!」

という日をつくってあげたいですね。

 

それは決して手を抜くことでも

その子の可能性を諦めることでもありません。

今をお互いに幸せに生きるための

”柔軟性”です。

 

長い長い子育て、

そして毎日のことだからこそ

そうした柔軟性を

意識して身につけていきたいものです。

 

AD