自分で自分を幸せにする方法~ルブラン【東京・目黒】

生まれる前に決めてきた、魂の自己実現へ。すべての生き物が幸せに生きられる美しい世界へ☆


NEW !
テーマ:

みなさん、こんにちは。長谷川のぶこです。


旅ブログばかり更新してますが、明日は新月のヒプノアロマ瞑想会 です。


一応告知しておきます(笑


 


さてさて、ついに砂漠ツアーのメインイベント、


ラクダに乗って砂漠一泊ツアーへ。


 


砂漠の民ベルベル人は、別名ブルーマンと呼ばれるように、全身ブルーです。


せっかくなので、民族衣装を買ってベルベル・コスプレしてみました~!


(私のは日本から持ってきた自前です(笑)


image


ベルベル人である、ムスタファさんのおうちに招待していただき、


お兄さんのハミさんと一緒に撮った写真を見せたら、ママが泣き出しちゃった(><)


私も思わずもらい泣き。


image


モロッコにはたまに帰ってくるそうですが、


もう7-10年離れて暮らしてるんだそう。


 


「あの子に渡してね。」とデーツを預かりました。


日本でいう、梅干しみたいな感覚なんでしょうか?


 


7人兄弟、他にもいとこやら甥っ子やら、大勢がとても仲よさそうで。


見てて心が暖まるような幸せそうなご家族でした。


甥っ子を笑わせようとする2人。前歯に隙間があるから、写真ではいつも歯が見えないように真顔。それもかわいい(⋈◍>◡<◍)

甥っ子を笑わせようとする2人。前歯に隙間があるから、写真ではいつも歯が見えないように真顔。それもかわいい(⋈◍>◡<◍)


 


image

どの写真も真顔!ww


 


そしていよいよ砂漠に到着~!!!


image


image


360度砂しか見えない景色は解放感抜群!!!


image


image


image


やっぱり、ターバンも巻いとかないとね、ということで準備も抜かりなく


意外に似合わないターバン。。。民族衣装物は自信あったのになぁ。

意外に似合わないターバン。。。民族衣装モノは自信あったのになぁ。


すすみんさんが、ハンパなく似合います!ちょっと悔しいわ。笑

すすみんさんが、ハンパなく似合います!ちょっと悔しいわ。笑


 


らくだは、お尻が痛くなるとか、慣れるのが大変とか聞いていたのですが


らくだの優しい目にも癒され、


30分もすると力の抜き方も慣れ、


らくだの上で寝れるんじゃないか?というぐらいリラックスできました。


image


到着したテントでの夕日です。


言葉を失うというか、みんな無言で夕焼けを見てました。


image


image


image


image


日が落ちたらご飯。


ろうそくの明かりに灯された夕食は、


砂漠とは思えないほど豪華!おいしい~!


image


テーブルの隣はメキシコ人2人、その隣が日本人3人、その隣がドイツ人5人とインターナショナルです。


メキシコ人2人は、とってもフレンドリー。


もう1か月もモロッコだけを旅してるんだって~!


 


夜は満点の星空。くっきり天の川が見えて超~きれい!


これを10倍綺麗にした感じでした!

これを10倍綺麗にした感じでした!


 


私は、小さいころから屋根に布団引いて寝るほどの星好き。


ということで、砂漠の上で星空見ながら寝てしまいました(笑


 


ラクダ使いの人が毛布持ってきてくれて


風が防げるし、砂漠の熱でかなり快適です。


image


でも、最後は砂が雨のように降ってきて断念、テントで寝ました。


メキシコ人はずっと外で寝てましたね。


&そのまま帰らないでもう1泊するって言うから、


思わず「何やるの?!」って聞いちゃいました。


 


「何もすることがない場所で、自分がどうなるのか、どこまでいけるのか観てみるの。」


という、素敵なお答え。


 


砂漠では当然、ネットもないし、昼は暑いから外に出るのも無理。


でも、何もないからこその何かがあるのかもしれないね。


 


砂漠の民は昼休んで夜移動しながら、52日間旅したりするそうです。


その時に、本当に大切なのは助け合う事、


笑い合う事なんだろうな~と思いをはせました。


 


素敵な砂漠キャンプも日が明けたら、暑くならないうちに移動。


帰りはあっという間に時間が過ぎ去りました。


 


また機会があったら、今度は砂漠で2泊以上してみたいです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)