LD菊池のこの指とまれ!!

自分の人生自分の足で歩いてますか?LD菊池です。



9年勤めた信用金庫を辞めて42歳で外資系生命保険会社に転職、



不安な日々の中で、色々なすばらしい出会いに導かれ、



今は夢の実現にまっしぐらの私の話を是非聞いてみてください。

FP事務所オフィスこの指とまれ

   代表 ファイナンシャルプランナー

           菊池 正浩


FP業務・総合保険代理店

経営コンサルティング

マーケティングサポート


お金のこと、営業のことなら

何でも任せてください

オフィスこの指とまれ

公式ホームページはこちらから 

本気の元気感じて欲しい


  金融機関19年・外資系営業5年・ビジネス書年間100冊読破

  現在・総合保険代理店をメインに・TV製作会社相談役・

  FPとしてTVでのコメン ト出演  経営コンサルタント

  などをこなしさらにビジネスコーチとしてクライアントを抱えています
 
  悩める経営者様・営業マンの応援団になりたい
  そんな想いで毎日頑張っています

  



テーマ:

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

  【「もしドラ」はなぜ売れたか?パート3】

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

先々週、先週に引き続き

「もしドラ」こと岩崎 夏海さんの書いた

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 

がベストセラーになった理由を

私なりに分析してみたいと思います。

さて、今週は「ベストセラー「もしドラ」の隠された

三つ目の秘密です。

売れる理由3 物語の活用

「もしドラ」に隠された三つ目の秘密は

「物語」の活用です。

「もしドラ」の最初のページにある

プロローグを

少しだけ引用させていただきます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川島みなみが野球部のマネージャーになったのは

高校2年生の七月半ば、夏休み直前のことだった。

 それはとつぜんのことだった。ほんの少し前まで、

みなみはまさか自分が野球部のマネージャーになるとは思っていなかった。

それまでは、どこの部活にも所属していないただの女子高校生にすぎなかった。

野球部とは縁もゆかりもなかった。

 ところが。思いもよらない事情から野球部のマネージャーをすることになった。

そのため、二年生の夏休み前という中途半端な時期ではあったが、

野球部に入部したのである。

 マネージャーになったみなみには、ひとつの目標があった。

それは、「野球部を甲子園に連れていく」ということだった。

彼女はそのためにマネージャーになったのだ。

それは夢などというあやふやなものではなかった。願望ですらなかった。

明確な目標だった。使命だった。みなみは、野球部を甲子園に連れて「いく」と

決めたのだ。

 しかし、そう決めたのはいいものの、どうしたらそれを実現出来るか、

具体意的なアイデアがあるわけではなかった。前途したように、これまで野球部とは

無縁の生活を送ってきた。だから、野球部はおろか、マネージやーのことも

よくわかっていなかったのだ。

 しかしみなみは。それを全く気にしていなかった。

「なんとかなる 」と単純に考えていた。彼女にはそういうところがあった。

考えるより先に、まず行動するのだ。

 野球部のマネージャーになったのもそうだ。

「どうやったら野球部を甲子園に連れていけるか」と考える前に、

まず「野球部を甲子園に連れていく」と決めてしまった。そして、

そう決めたらもう考えるのをやめ、すぐに行動に移したのである。

もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの「マネージメント」を読んだら

     岩崎夏海著 ダイヤモンド社  より

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

物語はここかから展開していきます。

でも、どうですか、この先読みたくなりませんか?

このプロローグにもドラッカーの話はもちろん

ビジネスの話ひとつ出てきません。

実はこの本最後まで読んでも

ビジネスに関する具体的なことは

一切出て来ないのです。

あくまでも、野球部の新米マネージャーが

進学校の弱小野球部を甲子園に出場させるという

それだけの話

ストーリー自体はものすごく単純

本当によくあるお話です。

では、なんで200万部も売れてしまったか?

そこには、

難解と言われているドラッカーと

「誰もが感動するストーリーの法則」を

結びつけるという素晴らしいアイデアが

隠されています

人は誰も、冒険ストーリーを求めています。

主人公が、仲間と共に冒険しながら目標を目指す。

仲間との人間関係、外的障害、自分の心の中で葛藤などを

経験しながら、大きく成長していき

最大の危機を乗り越えたときに、目標に地にたどり着く

今なら人気の漫画のワンピース

少し前なら、ドラゴンボール

映画ならスターウォーズ

古くは、宇宙戦艦ヤマト

そして水戸黄門

実は、「もしドラ」も

この、冒険物語のストーリー構成を

忠実に踏襲しています。

しかしそれだけでは200万部は売れません

そして、もしドラのすごいところは

その誰もが好きな冒険物語のストーリーに

非常に難解と言われている

P・ドラッカー」の理論をわかりやすく解説しながら

主人公である

女子高校生マネージャーによって

ドラッカー理論を理論を実践させ

きちんと結果を出させているところ

冒険物語のストーリーを楽しみながら

「難しいドラッカー理論も、こういうふうに応用すれば

実践で使えるかも、、」と

読者に思わせてくれるところだと思います。

実はこの本の著者

岩崎鳴海三派

経済学者でも、経営コンサルタントでもなく

放送作家出身のご出身

学者がわかりやすくドラカーを解説したのではなく

放送作家がドラッカーをん題材にして物語を書いた

つまり、難しいドラッカー理論を優しく説明したのではなく

面白いストーリーの中にドラッカー理論をはめ込んでいるのです。

読み込んでいくと分かりますが

この本の中で、ドラッカー理論についての解説文が

ひとつもありません

余計な解説を入れないことで

読者は、自由に女子高校生マネージャーと

ドラッカ理論の関係を自分なりに解釈できる

だから読みやすく面白く、ためになり

そして、売れる本が出来上がった。

私はそんなふうに思っています。

まだまだ、この本については

色々書きたいこともありますが

まずは、今回で終わりにします。

もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの「マネージメント」を読んだら

     岩崎夏海著 ダイヤモンド社  

とにかく面白いですから

是非読んでみてくださくぃ

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

AD
いいね!(6)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

  【「もしドラ」はなぜ売れたか?】

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

先週、本屋さん巡りが

私のリフレッシュタイムという話をお伝えしました。

そんな私を喜ばせてくれているのが

最近の本屋さんのビジネス本コーナーの充実

私のお気に入りのコーチャンフォーには

一般書籍のベスト30コーナーの横に

ビジネス書ベスト30のコーナーが並んでいて

今売れているビジネス書が一目でわかるようになっていて

とっても助かります。

いろんな本屋さんも、売れ筋ランキングのコーナーを

作ってくれていますが

その中で、ずーと上位に居座っているのが

「もしドラ」こと岩崎 夏海 さんの書いた

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 

テレビドラマにまでなった

去年から売れ続けている

超ベストセラーです。

遅ればせながら、先日購入して読んだ話は

このメルマガにも書きました。

内容は、

ある事情があって

野球部のマネージャーになってしまった女子高校生が、

本屋さんでピーター・ドラッカーの名著「マネージメント」と言う本を

スポーツのマネージャーのための本と勘違いして購入し

その本に書かれてるビジネスマネージメントの手法を使い

弱小チームを、甲子園に出場できるまでのチームに

変えていくというものです。

ピーター・ドラッカーは

ご存知の方も多いとおもいますが

経営コンサルタントとしてGEはじめ

多くの大企業を指導・大きな実績を残し

一方で経営に関する膨大な著書を著し

20世紀から21世紀にわたる

ビジネス界の「知の巨人」といわれる人物で

特に、20世紀後半から出現した

知的労働階級をいかにに効率的に働かせて

生産性を挙げ、企業を成功に導くという

「マネージメント」と言う発想を

定義したことで「マネージメントの神様」と

呼ばれています

また、戦後奇跡的成長を遂げた日本経済を支えた

「日本型経営」を詳しく研究し

一つの成功ビジネスモデルとして

世界に紹介したほどの

大変な親日家でもあったため

ユニクロの柳井社長などを筆頭に

日本のトップ経営者にもドラッカーファンは多く

また、ドラッカーの著書を研究する勉強会の日本各地にあり、

それに参加する人を「ドラッカリアン」と呼んだりします。

以上のようにピーター・ドラッカーという人は

ほんとうにすごい人なのですが

こんな素晴らしい実績を持つドラッカー先生が

世間一般に、それほど知られていないのは理由がありました

それは

「本が難しくて普通の人は最後まで読めない」

ということ

私のまわりにも

ドラッカーの名前を知っている人はたくさんいるのですが

実際にドラッカーの著書を読みこなし、実践しているという

ビジネスマンには数えるほどしかお目にかっかったことがありません。

実際、かなりのビジネス書オタクの私も

いちばん読みやすいとされている

「プロフェッショナルの条件」一冊しか読んでいません。

実はこの

「読みたいけれど難しくて読めないドラッカー」

に目をつけたのが「もしドラ」の著者

岩崎 夏海さん

ビジネスの基本は

「相手が困っていることを解決してあげる」

チャンスは、相手の不便の中にあります。

鳴海さんはある時ひらめいた

ビジネスマンの誰もが気になっている

ドラッカーの考えを、

形を変えて読みやすくすれば

新人ビジネスマンでも

ラクラクドラッカーが勉強できる

この発想が、超ベストセラーを生むきっかけに

なったのではないかと思います。

自分の売りたい物を、

自分の都合で売り込むだけでは

どんなにたくさん行動しても

ただの迷惑でしかありませんが

自分の商品で相手が困ってることを

解決してあげれば、感謝とともに売上が上がります。

まさに、それを実践したのが「もしドラ」

更に実際「もしドラ」購入し

読んでみると、そのほかに

売れるための仕掛けが

本当にいろいろちりばめられていて

なるほどと考えさせられました。

そんな様々な仕掛けについては

来週のメルマガで、、、、

では、また来週!

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

   【私のリフレッシュプレイス】○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

本当に久しぶりに、大好きな本屋さん

「新川のコーチャンフォー」に行って

ゆっくり本屋さんを回りながら

ここのところ

本屋さんで一人でゆっくり本を見る時間すら

作ることも出来ないくらい

忙しかったんだなということを

あらためて感じてしまいました。

本屋さんで過ごす時間は

私にとって大切なリフレッシュタイム

主婦のおしゃべり

サラリーマンの焼き鳥屋さん

等に匹敵する大事な時間です。

外資系の保険会社にいた頃は

オフィスが札幌駅の近くにありましたので

仕事に詰まって頭が疲れてくると、

よく駅周辺を散歩しました。

まず、大丸デパートの紳士用品売り場へ行って

一流ブランドの洋服・ネクタイや、財布・カバン、靴

それから、モンブランの万年筆などを見て目の保養をし

それから、

ステラプレスのCDショップと楽器屋さんを回って

学生時代の憧れだった

マーチンやギブソンのビンテージ物のアコースティックギターを眺め

更にちょっと時間があるときは

ロフトの文房具売り場でおしゃれな手帳やノートを見たりして

気分転換したところで本屋さんめぐり

当時の札幌駅周には、紀伊国屋さんのほかに

旭屋、三省堂と本屋さんがたくさんあって

その日の気分によって本屋さんを選べました。

リフレッシュした頭で

本屋さんに入ると

かなりの高確立で、

その時自分が必要としている本が見つかりました

とても不思議な感覚ですが

必要としている本から電波が出ているかのように

ひきつけられることがよくありました。

電波を出してくるのは新刊本とは限らず

前からなんとなく気になっていた本から

電波が出ていて

どうしても今日買わなければ

と言う気持ちになって買ってしまったことも

しばしばありました。

そして、そんな気持ちで買った本はほぼ「当たり」

ページの中に広がる文字たちは

目の前のもやもや、迷いや、悩みを解消してくれたり

前に進むためのエネルギーを持たせてくれたり

時には、「今のままでいいんだよ」と

必ず役に立ってくれました。

FPとして独立して

西11丁目界隈に事務所が移ってからは

近くに本屋さんがないので

煮詰まった時は、大通公園や狸小路を散歩するか

東急ハンズをぶらぶらしながら頭の中を空っぽにしています。

肉体労働の場合

疲れてくると、体が動かなくなり

効率が悪くなるのは目に見えて判るので

必ず、休憩が織り込まれる仕組みが出来ていますが

頭の労働の場合

疲れているかどうかは、

自分でもなかなかわからないケースが多く

休憩のルールのないのが現状

きちんと対策を立てなければ

効率の悪い長時間労働が蔓延し

ひどいときには、心の病に陥るケースも

珍しくありません

自分の体と心は、自分で守るしかない

そして、本当にに効率のいい仕事に必要なのは

心と体のリフレッシュ

これからいい季節になりますし

私も一所懸命大通公園散策してみます。

頑張っているお父さんたち、

頑張るためには、勇気を持って仕事を忘れる時間

作ってみましょう!

おじさんの挑戦は

まだまだ続きます。

では、また来週!

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。