長崎市の田上富久市長は9日、外務省有識者委員会が核持ち込みの「密約」をめぐる検証結果を公表したことを受け、「詳しく内容を見ていないが、いくつかの点で密約の存在が認められたと聞いた。長い間国民の目に見えない中で、存在したことは遺憾に思う」と述べた。
 市長は「被爆者にとって非核三原則への思いは非常に強い。その被爆者の思いを欺いてきたということについても非常に残念だ」とし、「三原則の法制化や北東アジア非核兵器地帯の検討を改めて政権に要望していきたい」と話した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
「欺き続けた責任重い」=被爆者らが憤りの声
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC
APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論
元特攻隊員に64年ぶり被爆手帳=長崎湾の魚雷艇、「証拠なく苦労」

沖縄知事、次々飛び出す普天間移設案に困惑(読売新聞)
<悪天候>東日本や北日本で大雪などの恐れ 11日にかけて(毎日新聞)
<火災>倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明(毎日新聞)
「北陸」「能登」ラストラン=半世紀の歴史に幕-「撮り鉄」3000人・JR上野駅(時事通信)
<岡田外相>「沖縄の人を欺く結果に」密約問題で答弁(毎日新聞)
AD