共産党の市田忠義書記局長は15日夜、民主党の石川知裕衆院議員の逮捕について「石川議員は(小沢一郎幹事長の資金管理団体の)陸山会の事務責任者であったわけで、政治資金規正法に違反する疑惑があれば、逮捕するのは当然だ。真相を究明するのは司直の当然の責務であり、厳正な捜査を求めたい」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

竪山容疑者、放火ほのめかす供述も 千葉大生殺害(産経新聞)
福島県産リンゴを「山形・朝日町産」 台湾でブランド無断使用(河北新報)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
橋下知事、空港をどうするか「僕が決めることができる」(産経新聞)
大麻所持の元騎手・田原被告に有罪判決(読売新聞)
AD

コメント(1)