平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、宮崎県で拡大する家畜感染症の口蹄(こうてい)疫対策として、現地に山田正彦農水副大臣や小川勝也首相補佐官らを常駐させる政府の対策チームを同日中に発足させる方針を明らかにした。

 対策チームは防疫強化、経済支援、調整連絡の3班で構成。現地の要望に応えながら、適切な消毒態勢や、被害を受けた畜産農家への経営支援、手当金支払いの迅速化に取り組む。

 平野氏は、小川補佐官派遣について鳩山由紀夫首相の強い意向と説明し「政府と地元とが一体となって取り組む考えだ」と述べた。首相は同日昼、首相官邸に赤松広隆農水相を呼び、対策を協議した。

【関連記事】
九州市長会、国に畜産支援・防疫対策を要望 口蹄疫問題
口蹄疫被害8万2000頭 政府の対応遅れに怒り
「口蹄疫、一体となって対応」官房長官が東知事に 被害160億円
宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも
横峯、賞金1200万円を宮崎県へ寄付 口蹄疫対策に
少子化を止めろ!

<江ノ電・嵐電>キャラ決定 「えのん&あらん」をよろしく(毎日新聞)
【高速道路新料金】一部区間無料化の開始は6月下旬(レスポンス)
<名誉棄損訴訟>山岡議員が請求放棄 「秘書給与疑惑」報道(毎日新聞)
国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
憲法改正原案、18日にも提出=自民(時事通信)
AD