■「サムライではない」法廷闘争でミゾ

 調査捕鯨妨害事件で東京拘置所(東京・小菅)に勾留(こうりゅう)され、27日に初公判を迎える環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体シー・シェパード(SS)のメンバー、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)=ニュージーランド国籍=は23日までに、産経新聞との接見に応じた。同被告は、自身を「ラストサムライ」と呼び徹底した法廷闘争へ仕向けようとするSS代表、ポール・ワトソン容疑者(59)=カナダ国籍=は「間違っている」と、同容疑者の意向には沿えないとの姿勢を示し、ミゾをうかがわせた。

 ワトソン容疑者はベスーン被告が拘束されて以来、「日本は違法な捕鯨を終わらせるための(抗議行動の)結集地となる」と主張し、法廷闘争のための寄付を募り、各国の日本大使館で抗議デモを行うよう支持者らに呼びかけてきた。ベスーン被告には「クジラのために命をかけることを誓ったのであれば、刑事被告人として扱われる脅威など些細(ささい)なものだ」と、徹底した法廷闘争を求めていた。

 だが、度重なる接見で同被告は「日本の捕鯨は許せないが、私は家族をもつ普通の人間であり、サムライのような闘士ではない。ワトソンは間違っている」と述べた。

 被告のもとには各国から数千通もの便りが寄せられ、そのほとんどは日本を強く非難する内容だ。しかし、同被告は「日本人は礼儀正しく、過酷な扱いを受けたことは一度もない。憎むべき国ではないと言いたい」と話した。拘束から3カ月が経過し「家族が恋しい」とも漏らし、「法廷では真実を話すが、裁判のことを考えると不安になる。できれば長く勾留されたくない」と裁判の長期化は避けたいとの考えを示した。

 また「私は自分の信じる道を突き進んだあまり、多くのものを犠牲にした。妨害はボランティアであり、昨年は収入が全くなかった。生活を考えなくてはならない」と話し、捕鯨妨害活動に参加し続けることに否定的な考えも示した。

 ベスーン被告の言動について、かつて捕鯨船団の団長として南極海でSSから妨害を受けた日本鯨類研究所の石川創・調査部次長は「SSのクルーは長期間、船に乗っている間にワトソン船長にそそのかされ、善悪の判断が麻痺(まひ)していく。被告は、危険な行為を行ったことを、冷静に見つめ直しているのではないか」と話している。(佐々木正明)

                   ◇

【用語解説】調査捕鯨妨害事件

 調査捕鯨妨害事件ベスーン被告は2月、南極海で日本の監視船に投擲機で瓶を撃ち込み、乗組員にけがを負わせた。その後、やはり2月に監視船に乗り込んだところを拘束され東京に連行、3月に逮捕された。東京地検は4月上旬、傷害など5つの罪で起訴。東京海上保安部は同月末、傷害容疑などでワトソン容疑者の逮捕状を取った。

【関連記事】
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁
船体に赤い塗料…SSの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
中国が優等生路線に?

タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
<MOX工場>着工を延期…日本原燃(毎日新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)
元朝青龍関を聴取=男性への暴行問題―警視庁(時事通信)
<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
AD