東証・大証1部上場の商品卸会社「ドウシシャ」(大阪市中央区)が、大阪国税局の税務調査を受け、平成21年3月期までの4年間で、約9千万円の所得隠しを指摘されたことが16日、分かった。消費税約6千万円の申告漏れも指摘され、重加算税を含め約1億円を追徴課税されたもようだ。同社は修正申告し、すでに納税したとしている。

 関係者によると、同社は子会社のドウシシャ物流に商品の保管を委託しており、倉庫費として年間約2億円を経費に計上。国税局はこれに対し、倉庫料が通常の企業間の取引と比べて1割ほど高いと指摘。過大に支払った約9千万円分が、損金算入できない「子会社への寄付金」に当たるとして、悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定した。

【関連記事】
元朝青龍の主治医、1億円所得隠し
新潟の風俗店経営者が2.5億円所得隠し 別人名義で税務申告
海砂採取組合5億円所得隠し 福岡国税局が告発
EXILEが所得隠し…2年間で3億円、すでに修正済み
クレディ・スイス証券社員ら100人 20億円申告漏れ ストックオプションめぐり
外国人地方参政権問題に一石

ネット選挙解禁で協議=各党(時事通信)
中国電部長が自殺か=原発点検漏れ問題を担当-島根(時事通信)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立-みんな・渡辺氏(時事通信)
パナソニック、ポータブルナビ「Strada POCKET」新製品、大画面7V型と5V型
AD