沖縄県の仲井真弘多知事は16日午前、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を明言していることについて、都内で記者団に「ネバーギブアップの精神でやっていることは、それなりに評価すべきだ。(期限まで)まだ1カ月以上あるので、公約の実現に向けて頑張ってほしい」と語った。 

【関連ニュース】
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも-普天間
志位氏「普天間移設、行き詰まった」
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

小田急線、新宿―小田原間で運転見合わせ(読売新聞)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象-参院法務委(時事通信)
<虐待>宇都宮市が老人保健施設から事情聴取 処分決定へ(毎日新聞)
AD