大阪府河内長野市の無職女性(42)が今月5日、自宅マンションの浴槽で遺体で見つかり、府警捜査1課などは19日、女性の現金入りの財布などを奪ったとして、強盗殺人容疑で、知人の住所不定、無職、城田修一容疑者(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月中旬、河内長野市小山田町のマンション一室で女性を殺害し、現金入りの財布や貴金属を奪ったとしている。

 府警によると、今月5日午前、女性宅から水漏れしているとの連絡を受けた親族がマンションを訪れ、女性が浴槽で死んでいるのを発見。司法解剖の結果、死因は水死で、死亡推定時期は1月中旬と判明した。

 女性は発見時、服を着たまま浴槽につかり、浴槽の上には毛布がかけられていた。蛇口からは水が出た状態だった。玄関は施錠されており、鍵は部屋の中で見つかったが、財布がないなど不審な点があったため、府警が事件と事故の両面で捜査していた。

【関連記事】
鳥取連続不審死 強盗殺人罪で上田容疑者を起訴 鳥取地検
千葉大女子学生放火殺人 強盗殺人と放火容疑で男再逮捕
遺体なき殺人 11年前にも別の殺人容疑、男4人を逮捕
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論
埼玉不審死 結婚を“エサ”に男性籠絡

<ユニセフ大使>アグネス・チャンさん、ソマリアを視察(毎日新聞)
両親、元市職員らを提訴=3児死亡飲酒事故-福岡地裁(時事通信)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)
石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
リコール制度見直しを検討=トヨタ問題踏まえ-前原国交相(時事通信)
AD