2011-04-10 19:30:17

日本財団ROADプロジェクト 「大学生泥かきボランティア隊」派遣 募集要綱

テーマ:ブログ

LBでもお馴染の日本財団ボランティアセンターの西尾センター長からの

メッセージです。いよいよ日本財団として宮城県石巻市に学生ボランティアを

派遣することとなった模様です。LB学生メンバーご関心のある方は以下の

申し込み要領に沿ってご参加下さい。


また、実際に参加される方はLBとしても参加状況を把握しておきたいので、

各エリア・チームリーダーにご一報頂けたら幸いです。


--------------------------------


【学生ボランティア募集】
日本財団ROADプロジェクト 「大学生泥かきボランティア隊」派遣 募集要綱

被災地では津波により浸水した学校や公民館、民家などの建物がいまだ

手つかずのところがまだまだあります。大切なモノが汚れたままであるのは]

被災者にとっても辛く悲しいこと思います。

津波で被災した建物の汚泥・土砂等の片付けをしていただける大学生を募集

しています。


■実施要項
[集合時間①4/15(金)・②4/19(火)]12:00
[解散時間①4/19(火)・②4/23(土)]20時~21時(道路状況で前後します)
[集合場所]日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー
[活動場所]宮城県石巻市
[宿泊場所]現場近辺を手配しています。(雨露がしのげる程度となります)


■募集要項
[応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
・心身ともに健康な20歳以上の男女
・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
・寝袋を持参し、防寒対策の出来る方
・泥かきにより汚れてもいい方
・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
・下記の必要な持ち物を持参出来る方


[参加費]1,400円(ボランティア保険料実費)当日徴収いたします。
[場所]宮城県石巻市
[作業内容]学校や民家の泥かき(必要に応じ、被災物の搬出)、ゴミ出し、町内清掃
[日程及び募集人員]
1 4月15日(金)~19日(火)    100名
2 4月19日(月)~23日(土)    100名

[持ち物]
 ・寝袋
 ・カップラーメン・日持ちするパンなど現地で食べる食糧(滞在日数分)
  ※お湯はありますが、沸くまでに時間がかかります。
  ※水道水は出ますが、ペットボトルの飲料等はありません。
  ※体を使うので、作業途中の飲料等も考慮ください。
 ・トイレットペーパー1巻(トイレのため、また埃で鼻水が出やすくなります。)
 ・マスク(泥が乾いているため、被災地が埃っぽくなっています。)
 ・長靴
 ・ヘルメット
 ・ゴム手袋
 ・合羽(汚泥のため大変汚れます。)
 ・懐中電灯(夜間の室内が暗いため)
 ・ゴーグル(あればで結構です。)
 ・保険証のコピー

[申込み方法]
必要事項を記入の上、gakuvo.info@gmail.com までお申し込みください。
1 希望参加日程:①4/15-4-19 ②4/19-4/23(どちらかを記載してください)
2 氏名(ふりがな)

3 年齢
4 性別
5 大学名
6 学年
7 所属サークル
8 電話番号(携帯)
9 緊急連絡先
10E-mail(PC)
11E-mail(携帯)
12住所
※定員に達し次第締切させていただきます。


[問い合わせ先及び申し込み先]
日本財団学生ボランティアセンター 

TEL:03-6206-1529(火~土 10:00-18:00)gakuvo.info@gmail.com


■詳細スケジュール
出発日
 12:00 集合
 13:15 事前オリエンテーション
 14:00 出陣式
15:00 出発
 21:00 宿泊場所に到着予定
       作業についての説明及び準備

5日目
       宿泊場所等清掃
 13:00 宿泊場所出発
 20:00 東京 日本財団 着予定
※到着時間は道路状況等によって変わります。


[生活上のルール]
 ・喫煙は指定の場所で。
 ・飲酒は禁止。
 ・基本的に夜の外出はしない。(外は真っ暗です)
 ・1日1回掃除をする。
[ボランティア活動上のルール]
 ・塩分と休憩はきちんと取ってください。
 
・廃棄するものでも被災者にとっては大切な思い出のつまった物です。

取り扱いには十分配慮してください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-27 23:06:24

総務省2職員を岩手県へ派遣

テーマ:ブログ

産経Newsより。LBメンバーの片山さんの奮闘ぶりが報道されています。

彼からは岩手からの情報提供を引き続き行って頂く予定です。LBメンバーが

現場でも活躍していることを本当に嬉しく、そして誇りに思います。頑張れ!!


-----------------------------

総務省2職員を岩手県へ派遣

2011.3.16 17:46

 総務省は17日、東日本大震災の復興支援のため、同省自治行政局の

浦上哲朗課長補佐と片山良太事務官を同日から岩手県に派遣すると発表した。

期間は未定。国家公務員の身分のまま、県内市町村の復興計画づくりなどを

担当する。

 片山善博総務相が13日に岩手県を視察した際、達増拓也知事から派遣要請

を受けた。派遣される2人は同県への出向経験がある。


【産経ニュース】

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110316/lcl11031617470006-n1.htm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-21 23:21:57

東北地区の福祉施設復興支援イベント!

テーマ:ブログ

障害者雇用支援の会社であるJOYコンサルティングの木村社長からの

お知らせです。LBでもお馴染の方であり、もしご都合が付く方がいれば、

是非、お力添え下さい。


・・・・・・・・・・・・・

このたびの震災において、お亡くなりになられた方々の
ご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、
被災者のみなさまとご家族のみなさまにには、心よりお見舞い申し上げます。

原発復旧活動に被曝しながら命がけで取り組まれている方々、
被災地での過酷な救助活動に取り組まれている方々へ、
心から感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・

25日(金)緊急開催!
東北福祉施設復興支援チャリティナイトバザール

青葉仁会×ヤサシイキモチ@パーラー神宮前

●日時:3月25日(金)17時~20時

※品物がなくなり次第終了、その後「キャンドルdeカレーナイト」
お一人1500円(義援金+ワンドリンク付)、追加ドリンク300円開催します
※地震や原発事故の状況などによって日程を変更する場合があります

●場所:パーラー神宮前/渋谷区神宮前3-6-24
※ワタリウム美術館近く
地図
http://p.tl/rRQr
(地下鉄外苑前駅3番出口から「青山ベルコモンズ」を超えて
「外苑西通り」横断歩道を渡って右折、「原宿団地北交差点」を左に入って
すぐ最初にあるパーキングの右の道を入り、
「ファニチャーショップ ザ・シグネーチャストア」
http://www.signature-store.com/shop/index.html
を左に曲がって最初の角を左に。一軒家のガレージになります)

・・・・・・・・・・・・・

東北地方に甚大な被害をもたらした3.11の震災。

障がい者と一緒においしい漬け物をつくっている
岩手県大船渡市のNPO法人さんりくこすもすさん。
まだ連絡が取れません。

宮城県内に11施設ある、障がい者がおいしいお豆腐を
つくることで有名なはらから福祉会は、
震災4日後、「やっと連絡が取れた」と、東京板橋にいらっしゃる
はらから福祉会理事長の弟さんから聞きました。
すべての職員・利用者さんともに
無事が確認されたとのことで、ほっとしましたが、
お豆腐や商品が生産できるようになる見込みは
まだたっていないとのこと。

仙台市若林区でおいしい「伊達の薫製」をつくる「ぴぁ」の
NPO福祉法人ネットABCさんも震災5日後に電話がつながり
みなさんご無事だったとのこと!
かろうじて建物の崩壊は逃れたものの、厨房設備が壊れ
再開の目処はたたないそうです。

ほかにも被災された施設さんはたくさんあるはずですが、
ヤサシイキモチでは、まずこの障がい者が働く3法人さんに
復興支援金をおくるチャリティナイトバザールを
パーラー神宮前さんと開催することにしました。
東北の施設さんたちが早く元気に立ち直れたら、
現地で被災者のみなさんたちを勇気づけてもらえるのではと思いました。

本趣旨に賛同いただいた奈良の青葉仁会さんから、
人気の「世界にひとつだけのカレー」を
「東北地方太平洋沖地震 復興支援カレー」として
ご提供いただけることになりました!

この機会に、ぜひご賞味下さい^^

バザールでは、震災前に宮崎県都城市で噴火の被害にあった
なのはな村さんなど、複数の施設さんから、
乾物や玄米、白米などを取り寄せ、お米は1kg単位で販売します。
長野の岩井屋さんからは、美味しいお野菜が、
神戸プラスリジョンさんからオニオンキャラメリゼも届きます。

東京近郊では、お米や水などの食料品が品薄状態で
これからは、放射能に汚染されていない農作物も
手に入りにくくなってしまうかもしれません。
米どころ東北の農業、漁業もこれからどうなるのか、
とにかく頑張ってもらいたいと願うばかりです。

施設さんから安全で美味しいお米や乾物、野菜を中心に
準備しますので、買い占め、買いだめではなく
万一、避難生活になったときの「分け合い備蓄米」として、
ご協力いただけましたらうれしく思います。

終了後はココファームワインなどのお酒と
福祉施設から届いたおつまみとキャンドルを囲んで語らい、
売上金の一部と寄付品売り上げ全額を
復興支援金として上記東北の3法人さんに
送らせていただきます。

「お米の予約」をご希望の方と
「キャンドルdeカレーナイト参加」ご希望の方は
22日(火)までにメールくださいませ。
E-meil : info@motherness.com
090-1057-5158(はねづか)

※恐れ入りますが、お米はお一人さま3kgまで、
なくなり次第終了とさせていただきます。
<予約可能なお米と商品>
●宮崎なのはな村のかるがも農法無農薬玄米 800円/1kg(義援金付)
●山梨あすなろ会のミルキークイーン白米 700円/1kg(義援金付)
●青葉仁会の東北地方太平洋沖地震 復興支援カレー
(牛、チキン、キーマ、海老、野菜、ひよこ豆、タイレッド、タイグリーンの8種)
500円/220g各1パック(義援金付)
●プラスリジョンのオニオンキャラメリゼ 700円/2パック(義援金付)

次回は、復興された施設さんの品物もご紹介できるように
できればと思います。
みなさまとお目にかかれますことを楽しみにしています!

【募集中!】
保存食、おつまみ類をご提供いただける東京近郊の施設さんと、
当日お手伝いいただける方を募集していますので
お気軽にご連絡くださいませ。

【問い合わせ先】
ヤサシイキモチ 羽塚
E-meil : info@motherness.com
090-1057-5158

※ヤサシイキモチでは、
「大切な人に伝えたくなる、贈りたくなる」
をコンセプトに、有志のクリエイターさんたちと、
社会的に弱い立場にある人たちの
自立を支援する商品(=ウェルフェアトレード商品)の
企画開発、販売のお手伝いをしています。

・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。