憲法の流儀~司法試験・予備試験・国家公務員試験~

たけるのブログ、憲法の流儀~司法試験・予備試験・国家公務員試験~です。
よくわからないをスッキリに。
自分の頭で考えよう!
※講師依頼・答案添削依頼につきましては,ボタンをクリックし,必要事項を記入の上,送信してください。


テーマ:
1 いよいよ夏休み

いよいよ、学生さんは夏休みですね。
予備試験・司法試験受験生の方は、この時期を使って、じっくり考えたり、知識の定着をしたりする時期ですね。

また、法科大学院入試は、これから本格化します。
なるべく上位の法科大学院を目指したいというのが人間の性です。
きつい時期ではありますが、頑張ってくださいね。

なお、夏休みを有効に使うために、次の講義を用意しています。
ふるってくご参加くださいね。

旧試験で読み解く憲法判例

短答式

詳細・お申込はこちら

2 憲法主義とは?

さて、今回のお題は、「憲法主義」のレビューです。

憲法主義:条文には書かれていない本質/PHP研究所

¥1,296
Amazon.co.jp

この書籍、AKB48に所属するアイドルであり、我が義塾の現役塾生でもある内山奈月さんが、九州大学教授である南野森先生から、憲法を学ぶという講義形式の書籍です。
(出版時は准教授となっていますが2014年8月より教授に!おめでとうございます!)

南野先生は、著名な憲法学者ですので、知らない人は少ないと思いますが、念のため。
南野先生は、樋口陽一先生や高橋和之先生の門下に当たるであろうお方であり、日本国憲法のみならず、フランス憲法学に精通しておられます。
しかも、非常にイケメンであり、話も面白いという、天は二物を与えずという言葉が嘘に思えるほどのお方です。

イケメンぶりは動画でご確認を!


南野先生の代表的な翻訳として『リアリズムの法解釈理論』があります。
リアリズムの法解釈理論: ミシェル・トロペール論文撰/勁草書房

¥4,536
Amazon.co.jp

また、南野先生は、非常に教育熱心なお方であり、次のような書籍も編集しておられます。

まず、法学部に入学したものの、どのような分野があるのか、それはどのような法律なのかを学びたいという方を対象とした『法学の世界』です。
各科目の特徴につき、簡潔に、しかし本質的にとらえた論考ばかりであり、非常におすすめです。
法学の世界 (新・総合特集シリーズ 3 別冊法学セミナー)/日本評論社

¥1,836
Amazon.co.jp

次に、ある程度憲法の勉強が進んだ大学3年生以上の方は『憲法学の世界』を読むべきでしょう。
いずれの論考も、近年の議論が綺麗に整理されており、受験生としても役立つものでしょう。
憲法学の世界/日本評論社

¥2,592
Amazon.co.jp

3 文句なしの本格的な入門書

掛け値なしで申し上げます。

非常に素晴らしい書籍です。

ここまで多くの具体例を使って憲法の基本的概念を説明した書籍はありませんでした。
しかも、分量もちょうどよく、さーっと数時間で読めてしまいます。

「憲法をいくら読んでも、たった一つの正解なんて書かれていない」(140頁)というのは、選挙制度に限らず、憲法そのもののありかたを含めて、まさにその通りです。
ですから、私たちは、憲法の事例問題を解く際には、複眼的思考で考えなければならないのです。

また「違憲審査制は民主主義とは矛盾します」(159頁)という部分も、憲法の流儀で私がさんざん強調していることです。
それゆえに、違憲審査権というのは、民主主義が機能していない場面では積極的に行使されるべきであるが、それ以外の場合は消極的であるべきであるという理論が登場するのです。

「入門書でしょ?」と侮るなかれ。
アメリカにおいて二重の基準論が採用された経緯であるコートパッキングについても的確に解説されています(181~182頁)。
二重の基準論というのは、司法部と政治部門との妥協で生まれたものなのです。
憲法の理論というのは、機械的に作られるものではありません。
その事件の背景事情に対する理解が、判例理解のカギとなるのです。

その意味で、法学セミナーで連載中の山田隆司「戦後史で読む憲法判例」は素晴らしい連載です。
法学セミナー 2014年 08月号 [雑誌]/日本評論社

¥1,652
Amazon.co.jp

さらに、次の点は、芦部憲法ではよくわからない部分を明快に解説しています。
これらは、いずれも司法試験や予備試験の短答式・論文式で頻出です。

最高法規と硬性憲法の関係(38~39頁)

権力性の契機と正統性の契機の関係(114~115頁)

9条1項・2項の解釈(200~207頁)

※択一で頻出!特に政府見解の説明がある点は必見です!

直接民主制(115~120頁)
首相公選制(226~227頁)

※類題:平成18年旧司法試験論文式第2問

選挙権と被選挙権の制限(122~124頁)
※類題:平成16年旧司法試験論文式第2問

違憲審査制の正当性と国民審査(160~166頁)
※類題:平成24年予備試験論文式

4 若干の気になったところ

私以外の方によるレビューとして、次のものがあります。

一番分かり易い「立憲主義」の入門書~南野森・内山奈月『憲法主義』 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常

【書評】憲法主義:条文には書かれていない本質--本当は皆これぐらい知っていないといけない。

それ以外に私から何か付け足すとすれば次の通りです。

第1に、薬事法違憲判決が営業の自由を侵害しているとする点です。
本書では「新しく薬局をつくろうとしている人の経済的な自由、「営業の自由」を侵害しているという判断です」(176頁)という記述があります。
しかし、薬事法違憲判決は、距離制限につき「実質的には職業選択の自由に対する大きな制約的効果を有する」としています。
教育的観点から、一見すると営業の自由であるが、実質的には職業選択の自由という説明を省略したものと考えられますが、若干の違和感がありました。

第2に、事実婚の母親(愛人)との表記(179頁)です。
たしかに、相続分の問題が生じるのは、本妻の嫡出子と愛人の非嫡出子が典型例です。
しかし、前妻と死別したのちに事実婚をしており、双方との間に子がいる場合を想定すればわかるように、愛人と限定するように読める記述は、いささか問題がないではないように思います。
もちろん、実質的議論を省略している部分なので、仕方ない側面もございましょうが。

ただし、これらは些末な記述の問題にすぎません。
本書が良書であることには何ら変わりはありません。

このような書籍を通じて、憲法学者や法律家以外の方々に憲法が「正しく」伝わることは、極めて重要です。
解釈改憲が行われてしまった今日では、なおさらです。

というわけで、憲法主義。
絶対に購入して、すぐに読破することを強く推奨いたします。
憲法主義:条文には書かれていない本質/PHP研究所

¥1,296
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

伊藤たけるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。