1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年03月25日 12時05分07秒

カタルニア一周大会、第七競技区間(スポーツ紙アスより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月24日付)、スポーツ紙 as より。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/24/mas_ciclismo/1364139824_888349.html

----------

 ジロナ Girona に住むアイルランド人選手ダニエル・マーティン Daniel Martin (ガーミン Garmin )が第93回カタルニア一周大会 Volta a Catalunya を制した。バイス Valls からバルセロナ Barcelona に至る128.9kmの最終競技区間は、ビスカヤ県のダビド・ロペス David López (スカイ Sky )とクロアチアのロベルト・キセロフスキ Robert Kiserlovski (レディオシャック Radioshack )、そして最終的に総合三位となり表彰台に上がったイタリア人ミケーレ・スカルポーニ Michele Scarponi に先んじたトーマス・デ・ゲント Thomas de Gent (バカンソレイユ Vacansoleil )が勝利した。

 この集団は、モンジュイック Montjuïc の丘の一周6.1kmの周回路を八周した後、大集団に対して21秒先行してゴールした。モンジュイックでは、17秒の優位をもって出発したマーティンに対してプリート・ロドリゲス Purito Rodríguez が決定的な攻めを仕掛けることが期待されていた。

 この区間は一つの逃げによって形作られた。優勝候補選手たちからは全く警戒されない選手たちが、5km地点から逃げ、大集団に対して3分35秒差を持つに至り、モンジュイックの坂道の一周目に2分先行して入った。
 初めの四周回にわたり逃げ集団を率いてゴール地点を通過したのはエウスカルテル Euskaltel のフアンホ・オロス Juanjo Oroz だったが、それ以降、ロドリゲスが最初の仕掛けをし、マーティンがそれに良く対応したことをきっかけに大集団が加速した。

 デ・ゲント、ダビド・ロペス、そしてトーマス・ウェレンズ Thomas Wellens の三戦手が一団となって逃げて間もなく、二周回を残してロペスがさらに強く引いて他の選手を引き離した。最終周回、ゴールまでわずか4kmのところで、プリートが再び逃げを試みるが、マーティンとガーミンの男たちは注意深く見張っていて、再びそのカタルニア人選手に追いついた。その頃、ダビド・ロペスは三人の逃げ集団に吸収され、彼らの中でゲントがゴール前の勝負を制した。

 ホアキン Joaquim ・プリート・ロドリゲスは、ブラッドリー・ウィギンズ Bradley Wiggins やダニエル・マーティンとともに大集団でゴールし、この大会の驚きであるマーティンを前にして二位に甘んじなければならなかった。総合優勝のマーティンは、2009年と2011年の大会では二位であった。

----------

以下は、第七競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 MARCA の記事。
http://www.marca.com/2013/03/24/ciclismo/1364138403.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130324/54369537169/volta-a-catalunya-daniel-martin-campeon-purito-rodriguez.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/martin-neutraliza-purito-proclamandose-campeon-volta-2348064
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月25日 09時09分02秒

カタルニア一周大会、第六競技区間(スポーツ紙マルカより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月23日付)、スポーツ紙 MARCA より。
http://www.marca.com/2013/03/23/ciclismo/1364052871.html

----------

 ダニエル・マーティン Daniel Martin は、中間関門で3秒のボーナスを得たことで、カタルニア一周大会 Volta a Catalunya での総合成績において下位との差を広げ、明日のバルセロナ Barcelona での今大会制覇に、ぐっと近づいた。第六競技区間は、バイス Valls へのゴールを制したサイモン・ゲランズ Simon Gerrans をこの日の勝者とした。

 カタルニア一周大会は、当初ほとんどの人が予想していなかった結末に向かって、最終盤に至る。ステージレースでは常に上位に入るダニエル・マーティンは、地元で仕掛けてくるであろうプリート・ロドリゲス 'Purito' Rodríguez の引きに耐え続ければ、彼にとって初のカタルニア一周大会制覇を成し遂げることが出来る。

 ガーミン Garmin の男たちはカタルニア人選手(ホアキン・ロドリゲス)を警戒し、第六区間の序盤から仕事をし、アルカラス Alcarrás の中間関門では上位三着を手中に収めた(一着マーティン、二着コルド・フェルナンデス Koldo Fernández 、三着へジダル Hesjedal )。このようにして、総合首位の彼が目標を達するに絶好の3秒のボーナスを手に入れながら、彼の優位を、より強固なものとした。

 この日で最も際立っていたものはこの動きだったが、この日の二つの登りも忘れてはならない。一つ目はアルト・デ・プラデス Alt de Prades (一級山岳)。ここではダニ・ナバロ Dani Navarro 、アスタルロサ Astarloza 、エラダ Herrada 、ロサダ Losada 、そしてソレンセン Sorensen により、逃げ集団が形作られた。集団は彼らを逃がした後、二つ目の峠アルト・デ・リリャ Alt de Lilla (二級山岳)の下りで動き始めた。

 集団が分かれ、逃げている選手たちは自分たちの冒険が長くは続かないことを見て取った。ゴールまで4kmのところで逃げは捕まり、すべては、わずかに起伏のある最終盤での、集団での勝負で決することとなった。オーストラリア人のサイモン・ゲランズが最も速く、メールスマン Meersman に打ち勝ち、ツアーダウンアンダー Tour Down Under の第五区間の勝利に続く今季二勝目を挙げた。この日曜日に、モンジュイック Montjuic の丘を八回通る競技区間によって、カタルニア一周大会は締めくくられる。ここでは、プリートが逆境から旋風を起こそうと挑んでくるに違いない。

----------

以下は、第六競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 as の記事。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/23/mas_ciclismo/1364052486_168902.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130323/54369522143/volta-a-catalunya-gerrans-valls-martin-amplia-ventaja.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/purito-ataca-sin-exito-volta-resolvera-este-domingo-barcelona-2347455
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月24日 23時17分06秒

カタルニア一周大会、第五競技区間(スポーツ紙アスより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月22日付)、スポーツ紙 as より。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/22/portada/1363967088_924880.html

----------

 カタルニア一周大会 Volta a Catalunya の第五競技区間は、フランソワ・パリジャン François Parisien がリェイダ Lleida でのスプリントで勝利した。2005年の自国選手権の覇者である30才のカナダ人は、昨季のアメリカ大陸ツアーで高いUCI得点を挙げたため、今季、彼の国のチームR.A.C.E. Proからアルゴスシマノ Argos-Shimano に移籍した(ファイスブックを通じて契約した)。パリジャンはワールドツアーでの彼の初勝利を歓声を上げて喜び、最後の1kmでのマークス・ブルグハート Marcus Burghardt の仕掛けを不発に終わらせて彼のゴールを完璧にお膳立てしたチーム員達と抱き合った。

 大会首位走者のダニエル・マーティン Daniel Martin は、総合成績において、プリート・ロドリゲス Purito Rodríguez に対して4秒、そしてナイロ・キンタナ Nairo Quintana に対して10秒を積み増した。まずはアルファラス Alfarrás での中間関門でスカイ Sky がウィギンズ Wiggins をスプリントに導いた後で1秒のボーナスを加えた。その後、リェイダに9着で入り、集団が分裂したことで、カタルニア人選手(ホアキン・ロドリゲス)から3秒、コロンビア人選手(ナイロ・キンタナ)から9秒をつまみ取った。ボウタース Vaughters が率いるガーミン Garmin の選手の多くと同様にジロナ Girona に住むマーティンは、カタルニア人選手(ホアキン・ロドリゲス)に臆することなく、アイネ Ainé での走りを評価し、記者達に応じた。「もう二区間しか残っていない。総合優勝できると信じている。私にはプリートと同等の瞬発力がある。」

 この区間の52km地点で、この日の逃げが固まった。すでに今大会で逃げを打っている積極果敢なベルギー人オリビエ・カイセン Olivier Kaisen (ロット Lotto )と、フランス人のトリスタン・バレティン Tristan Valentin (コフィディス Cofidis )は、集団との差を最大で四分まで拡げた。しかしながら、集団を率いるオメガ Omega とAG2Rのペースは、残り15kmで彼らを捕えることを可能にした。

----------

以下は、第五競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 MARCA の記事。
http://www.marca.com/2013/03/22/ciclismo/1363967231.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130322/54370555274/volta-a-catalunya-parisien-esprint-lleida.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/martin-arana-cuatro-segundos-mas-purito-2346687
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月22日 17時38分48秒

カタルニア一周大会、第四競技区間(スポーツ紙マルカより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月21日付)、スポーツ紙 MARCA より。
http://www.marca.com/2013/03/21/ciclismo/1363886317.html

----------

 大器ダニエル・マーティン Daniel Martin (ガーミン・シャープ Garmin Sharp )が、ポルトアイネ Port Ainé のスキー場に至る大一番の競技区間で大金星を挙げ、カタルニア一周大会 Volta a Cataluña の総合首位に躍り出た。そのアイルランド人は、総合優勝をかけてホアキン・プリート・ロドリゲス Joaquim 'Purito' Rodríguez (カチューシャ Katusha )と闘うことになる。

 このアイルランド人選手は、落車して大会を去ったアレハンドロ・バルベルデ Alejandro Valverde (モビスター Movistar )から、総合首位のジャージを華々しく奪い取った。そして、近年で最も感動的なカタルニア一周大会の総合二位につけるカタルニア人選手(ホアキン・ロドリゲス)と、最終的な勝利を争うだろう。

 ジロナ Gerona に住む26才のマーティンは、勇者たちが挑むこの区間最後の峠ポルトアイネへの登りの初めの数キロに放った早い段階からの渾身の攻めを完遂し、輝かしい勝利を者にした。

 このアイルランド人は生涯通算で十勝目をあげ、総合成績においてプリートに十秒の差を付けた。表彰台の一番高いところに立ちたくば、バルセロナ Barcelona のモンジュイック Montjuïc の山を八回登る最終競技区間で、登りの得意な彼(ホアキン・ロドリゲス)を捕まえておかねばならない。

 そのアイルランド人の勇敢な行いは二度に及んでいた。40km地点では逃げを追う25人の冒険者を率いたのだった。

 リャナルス Llanars とポルトアイネを結ぶ217kmの道のりは、4600mの高低差を有し、実に壮大だった。ともに超級山岳関門であるポルトデルカント Port del Cantó とポルトアイネというピレネーの伝説の峠に至る登りは、全ての視線をブラッドリー・ウィギンズ Bradley Wiggins 、プリート・ロドリゲス、そして総合首位のアレハンドロ・バルベルデに向けさせていた。

 しかし、カタルニア一周大会を威厳あるものとするために競っている彼ら優勝候補選手による熱狂の結末を示していた専門家の予想は、119km地点で覆された。

 バルベルデが彼自身二度目のカタルニア一周総合優勝を手にするために闘っていると思われたその時、ポルトデルカントを前にした下りで、道路の砂利が彼にひどい仕打ちをした。落車した彼は、大会を去った。

 二つの超級山岳の一つ目を越えた後、先に逃げていた選手たちは道を譲ったが、同じチームに所属するイタリア一周大会 Giro de Italia 優勝者ライダー・へジダル Ryder Hasjedal の後押しを受けていたマーティンは、彼にとって重要な日になると信じ、残り15km地点で悪魔のようなリズムを刻んだ。

 彼の武勇は無に帰すると思われたが、ゴールが近づくにつれて彼の脚は力を発揮し、後続集団はポルトアイネでの祝宴を渇望する彼を阻むことが出来なかった。

 雪が景色を彩るようになるにつれて、マーティンは同格の好敵手であるロベルト・ヘシンク Robert Gesink (ブランコ Blanco )とユルゲン・バンデンブロック Jurgen Van den Broeck (ロット Lotto )を追い抜き、スペイン人のホセ・エラダ José Herrada は残り7.7kmのところで屈した。

 勝者が決しようとしていた時、集団が動き始め、コロンビア人のナイロ・キンタナ Nairo Quintana (モビスター)とプリート・ロドリゲスが、総合成績で優勝圏内に残るために集団から飛び出した。

 ブラッドリー・ウィギンズが彼らに加わることはなく、切れ味鋭いコロンビア人とスペイン人を前に動けずにいた。区間勝者から一分以上遅れてゴールに入り、総合成績ではこの日の主役から36秒遅れの四位まで順位を下げた。

 カタルニア一周大会はピレネーの二区間では決まらず、来たる日曜日のモンジュイックの坂が勝者を告げる役目を果たすことになるだろう。

 しかし、最終日の戦いを前に、リアルプ Rialp からリェイダ Lleida に至る明日の競技区間では穏やかな走りが見られるだろう。ダニエル・マーティンは自力で勝ち取ったジャージにあしらわれた白と緑の帯を誇らしく披露できるはずだ。

----------

以下は、第四競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 as の記事。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/21/mas_ciclismo/1363881218_196596.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130321/54370510539/volta-a-catalunya-daniel-martin-gana-etapa-reina-lider.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/daniel-martin-situa-lider-volta-2345949
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月21日 10時58分02秒

カタルニア一周大会、第三競技区間(スポーツ紙アスより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月20日付)、スポーツ紙 as より。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/20/portada/1363796844_689820.html

----------

 コロンビア人のナイロ・キンタナ Nairo Quintana がバイテル2000 Vallter 2000 (距離12km、平均勾配7.2%の峠)にゴールし、カタルニア一周大会 Volta a Catalunya の第三競技区間で勝利した。そして、アレハンドロ・バルベルデ Alejandro Valverde が総合首位に立ったことで、モビスター Movistar は二兎を得た。プリート Purito とウィギンズ Wiggins は、そのムルシア人(バルベルデ)とともに、コロンビア人(キンタナ)から6秒遅れてゴールをくぐった。現在のところ、総合成績でそれぞれ6秒差、10秒差につけている。

 この区間は最後の1kmで勝負が決まった。ウィギンズが先頭集団から飛び出し、残り600mのところでプリートが急激に追い上げたが、キンタナの反撃にあった。バルベルデはプリートに付き、彼の追撃を妨げる役目を担った。この動きは、最終的にウィギンズが二人のスペイン人のしっぽを捕まえることも可能にした。

 そこに至るまでには、失敗に終わったもののベルギー人のバンデンブロック Van den Broeck が飛び出し(残り5km地点)、彼が捕まるや否や(残り2km地点)アメリカ合衆国人のダニエルソン Danielson が1kmにわたり前を走った。残り1kmの標識を過ぎるとほぼ同時にウィギンズの加速が始まり、決戦の火ぶたが切って落とされた。

 この日の逃げは、スイス人のマルティン・コーラー Martin Kohler 、フランス人のニコラス・エドゥ Nicolas Edet 、アルゼンチン人のルーカス・アエド Lucas Haedo 、そしてポーランド人のカロル・ドマガルスキ Karol Domagalski によって起こされた(5km地点)。コリャボス Alto de Collabós (一級山岳)へ登りの途上、ゴールまで37kmのところで、コーラーとアエドが脱落し、エドゥとドマガルスキが先頭に残った。それ以降変化はなかったが、バイテル2000への12kmの最後の登りが始まると、エドゥがドマガルスキを引き離した。その時、集団は3分50秒差で進んでいたが、頂上まで4.3kmのところでバンデンブロック、そして続く集団により捕えられた。

----------

以下は、第三競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 MARCA の記事。
http://www.marca.com/2013/03/20/ciclismo/1363800649.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130320/54370471176/volta-a-catalunya-nairo-quintana-gana-vallter-valverde-lider.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/valverde-lidera-volta-tras-vallter-2000-2345405
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月20日 12時41分17秒

カタルニア一周大会、第二競技区間(スポーツ紙アスより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
第93回カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)についての記事の日本語訳。

元の記事(2013年3月19日付)、スポーツ紙 as より。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/19/portada/1363708880_811245.html

----------

 ベルギー人のジャンニ・メールスマン Gianni Meersman が、カタルニア一周大会の第二区間(ジロナ Girona ~バニョレス Banyoles )も勝ち取った。今回は集団でのスプリント勝負だった。区間勝利により10秒のボーナスを得たことで、総合成績においてアニョリ Agnoli に対して14秒、バルベルデ Valverde に16秒、そして今大会の総合優勝候補の選手たちを含む後続の十選手に20秒と、差を広げることに成功した。

 しかしながら、メールスマンは、この大会の主催者であるサンツスポーツ協会 U. E. Sants の印である白地に緑帯のジャージを、一つ目の山岳区間である明日にも失うことになるだろう。標高2144mの山、バイテル2000 Vallter 2.000 への登りは 、12.2kmの道のり、7.2%の平均勾配と12%に達する最大斜度を有し、今大会参加選手のなかでも主力級が争う舞台となるはずだ。

 バルベルデは、総合優勝を狙っていると目されるプリート Purito 、ウィギンズ Wiggins 、ヘシンク Gesink 、スカルポーニ Scarponi に対して4秒先行している。最大の注目点は、ウィギンズが、来たるフランス一周大会 Tour de Francia でも競合するであろうプリートとバルベルデの攻撃をどのように封じるか、である。

 いずれにしても、総合成績に決定的な影響を与える競技区間であり、しかし一方で、木曜日にはもう一つの頂上ゴール(ポルトアイネ Port Ainé )、日曜日にはモンジュイック Montjuïc の周回コース(7周)が決戦の舞台として控えている。

 今日の区間に話しを戻すと、いつものように逃げの動きがあった。それは4km地点で、ベルギー人のオリビエ・カイセン Olivier Kaisen (ロット Lotto )、カナダ人のクリスチャン・メイヤー Christian Meier (オリカ Orica )、そしてフランス人のマキシム・メデレル Maxime Mederel (ソジャサン Sojasun )により始まった。大集団は彼らを常に射程距離内におさめ、三分を超えて先行することを許さなかった。しかし、逃げている彼らに勝機がないことは明らかだったが、集団が加速して残り20km地点で彼らを飲み込むまで逃げ続けた。それ以降は大集団で進み、飛び出そうとする者はいなかった。

----------

以下は、第二競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 MARCA の記事。
http://www.marca.com/2013/03/19/ciclismo/1363708864.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130319/54370425450/meersman-repite-victoria-segunda-etapa-mantiene-liderato.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/belga-meersman-repite-triunfo-puerta-los-pirineos-2344644
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月19日 12時18分36秒

カタルニア一周大会、第一競技区間(スポーツ紙マルカより)

テーマ:カタルニア一周(2013)
久しぶりにスペイン語記事の日本語訳を書いてみます。
今回はスペイン一周大会ではなく、第93回を迎えた「カタルニア一周自転車競技大会 Volta Ciclista a Catalunya (ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ)」についての記事です。

元の記事(2013年3月18日付)、スポーツ紙 MARCA より。
http://www.marca.com/2013/03/18/ciclismo/1363621769.html

----------

 第93回カタルニア一周大会 Volta a Catalunya は、この月曜日に劇的な初戦で幕を開けた。選手団のなかでも主力級の選手たちは、山場となる競技区間を待とうとせず、それぞれの闘いに力を注いだ。プリート Purito (ホアキン・ロドリゲス Joaquín Rodríguez )、バルベルデ Valverde 、そしてウィギンズ Wiggins は先頭集団に残り、この日の勝者となったベルギー人のジャンニ・メールスマン Gianni Meersman が今大会最初の総合首位走者となった。

 この伝統ある大会の開幕が、私たちにこれほど活力溢れる結末を見せてくれると予想できた者は少なかっただろう。今大会の有力選手たちは序盤から全力で競技に臨んだ。そのうちの一人、ブラッドリー・ウィギンズ Bradley Wiggins は重要な競技区間の最終盤で、最も闘争心のある選手の一人であることを示した。

 カレーリャ Calella の周辺で、159.3kmにわたり、五つもの山岳関門を通過しながら争われたこの競技区間では、極めて早い段階で、サレルノ Salerno とメイヤー Meier が逃げ集団を形成した。二人の選手は、良い天気と、競技が決定的な場面に持ち込まれるまで与えられた大集団からの自由を満喫した。

 オメガ Omega とモビスター Movistar の両チームは、この日三つ目の登りであるコイサクレウ Alto de Collsacreu への道中で逃げを吸収する仕事を任され、まさにそこで競技は急展開を見せた。登りきったところでウィギンズを先頭にスカイ Sky チームの面々が強引に引き、結局ゴールまで埋められることのなかった差をつけることとなった。

 先頭集団には、この競技区間を終えた後に国際自転車競技連盟 UCI から賞を受け取ったプリートをはじめ、アレハンドロ・バルベルデ Alejandro Valverde 、ミケーレ・スカルポーニ Michele Scarponi 、ロベルト・ヘシンク Robert Gesink など、核となる選手が残っていた。彼らの統率は取れており、おそらくゴール前の勝負では最も速いメールスマンが、バレリオ・アニョリ Valerio Agnoli と、少し遅れて発射したアレハンドロ・バルベルデの前で、勝利を勝ち取った。

 オメガチームのベルギー人が初日の総合首位に就いたカタルニア一周大会は、火曜日にはスプリンターを区間勝利の有力候補に挙げながら、ジロナ Girona からバニョレス Banyoles までを駆け抜ける。しかし、今日のことを考えると、スプリンターが勝つかどうか、結果を見るまで分からない。

----------

出場選手一覧(MARCAより)
http://www.marca.com/2013/03/17/ciclismo/1363548092.html

----------

以下は、第一競技区間についての他紙の記事。

スポーツ紙 as の記事。
http://ciclismo.as.com/ciclismo/2013/03/18/portada/1363622012_951167.html

カタルニア地方紙 LA VANGUARDIA の記事。
http://www.lavanguardia.com/deportes/otros/20130318/54369396341/volta-catalunya-belga-meersman-lider-ganar-primera-etapa-esprint.html

カタルニア地方紙 el Periódico de Catalunya の記事。
http://www.elperiodico.com/es/noticias/deportes/wiggins-pasa-ataque-primera-etapa-volta-2343713
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月12日 06時22分35秒

2012年スペイン一周大会、競技区間一覧

テーマ:競技区間一覧(2012)
スペイン一周自転車競技大会(ブエルタ・ア・エスパーニャ)に関する記事の日本語訳など。(はじめにお読み下さい

2012年1月11日に、2012年スペイン一周自転車競技大会 Vuelta Ciclista a España の道のりが発表されました。

道のりを紹介している動画、YouTubeより



----------

01 - 8月18日(土) パンプローナ<チームタイムトライアル>、16.2km
02 - 8月19日(日) パンプローナ~ビアナ、180km
03 - 8月20日(月) ファウスティーノ・キント~エイバール(アラーテ)、153km
04 - 8月21日(火) バラカルド~バルデスカライ・スキー場、155km
05 - 8月22日(水) ログローニョ~ログローニョ、172km
06 - 8月23日(木) タラソナ~ハカ、174km
07 - 8月24日(金) ハカ~アルカニス、モーターランドアラゴン、160km
08 - 8月25日(土) リェイダ~コリャーダ・デ・ラ・ガリィナ(アンドラ公国)、175km
09 - 8月26日(日) アンドラ~バルセロナ、194km
 ~ 休息日 ~
10 - 8月28日(火) ポンテアレアス~サンシェンソ、166km
11 - 8月29日(水) カンバドス~ポンテベドラ<個人タイムトライアル>、40km
12 - 8月30日(木) ビラガルシア・デ・アロウサ~ドゥンブリア、ミラドール・デ・エサロ、184.6km
13 - 8月31日(金) サンティアゴ・デ・コンポステーラ~フェロル、172.7km
14 - 9月01日(土) パラス・デ・レイ~プエルト・デ・アンカレス、152km
15 - 9月02日(日) ラ・ロブラ~ラゴス・デ・コバドンガ、186.7km
16 - 9月03日(月) ヒホン~バルグランデ・パハレス、クイトゥ・ネグル、185km
 ~ 休息日 ~
17 - 9月05日(水) サンタンデール~フエンテ・デ、177km
18 - 9月06日(木) アギラール・デ・カンポー~バリャドリード、186.4km
19 - 9月07日(金) ペニャフィエル~ラ・ラストリーリャ、169km
20 - 9月08日(土) ラ・ファイサネラ・ゴルフ、セゴビア21~ボラ・デル・ムンド、169.5km
21 - 9月09日(日) セルセディーリャ~マドリード、111.9km
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月05日 23時28分01秒

スペイン一周がバルセロナに戻って来る

テーマ:大会関連情報(2012)
スペイン一周自転車競技大会(ブエルタ・ア・エスパーニャ)に関する記事の日本語訳など。(はじめにお読み下さい

元の記事(2012年1月4日付)、MARCAより。
http://www.marca.com/2012/01/04/ciclismo/1325687713.html

----------

 2012年8月26日、13年の時を経てスペイン一周自転車競技大会 La Vuelta Ciclista a España がバルセロナ Barcelona に戻って来る。それはアンドラ Andorra からカタルニアの都(バルセロナ)にかけての194kmで争われる第九区間の末に起こる出来事で、モンジュイック Montjuic の丘のリュイス・クンパニス Lluís Companys 競技場の周辺で締めくくられる。
 この競技区間の発表会見において、スペイン一周大会の指揮官であるハビエル・ギリェン Javier Guillén は、世界有数の都市の一つであり五輪開催地でもあったバルセロナに勝負が持ち込まれることはこの大会を世界に向けて発信するための申し分のない機会である、と力説した。
 ギリェンは、この競技区間の最終盤は爆発力を必要とし、痛烈で、地元出身の一流選手の勝利を見るのに適するとも言い得るように設計されることを約束した。彼の言うところによれば、その選手とはパレツデルバリェス Parets del Vallés (バルセロナ県)生まれでカチューシャ Katusha に所属する「プリート」ロドリゲス Joaquim 'Purito' Rodríguez であるようだ。
 スペイン一周大会の発表会は来週パンプローナ Pamplona で開催されるが、バルセロナで終わるこの競技区間がソルソナ Solsona、カルドナ Cardona、そしてマンレッサ Manresa といったところも通過する予定であることが先行して明らかにされ、また、この競技区間が日曜日に開催される予定で集客力の観点から最も魅力のある日のうちの一つであることが強調された。
 2009年にフランス一周大会の競技区間の到着地となった後、2014年か2015年のフランス一周大会の開幕の地に選ばれるための交渉が実ることを期待しながら、同様の区間最終盤をもって、バルセロナが自転車競技の表舞台に戻って来る。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月13日 14時38分14秒

2009年スペイン一周大会、参加チーム

テーマ:大会関連情報(2009)
スペイン一周自転車競技大会(ブエルタ・ア・エスパーニャ)に関する記事の日本語訳など。(はじめにお読み下さい

2009年6月12日に、2009年スペイン一周自転車競技大会 Vuelta Ciclista a España に参加する21チームが発表されました。

スペインのスポーツ紙 MARCA の記事
http://www.marca.com/2009/06/12/ciclismo/1244797692.html

スペインの自転車競技専門ウェブサイト EsCilismo の記事
http://www.esciclismo.com/ampliada.asp?Id=11224

----------

AG2R・ラモンディアル(フランス)
アンダルシア・カハスール(スペイン)
アスタナ(カザフスタン)
Bbox・ブイグテレコム(フランス)
ケスデパーニュ(スペイン)
サーベロ・テストチーム(スイス)
コフィディス・ルクレディアンリーニュ(フランス)
コンテントポリス・アンポ(スペイン)
エウスカルテル・エウスカディ(スペイン)
フランセージュデジュ(フランス)
ガーミン・スリップストリーム(アメリカ合州国)
ランプレ・N.G.G(イタリア)
リクイガス(イタリア)
クイックステップ(ベルギー)
ラボバンク(オランダ)
サイレンス・ロット(ベルギー)
チーム・コロンビア・ハイロード(アメリカ合州国)
チーム・ミルラム(ドイツ)
チーム・サクソバンク(デンマーク)
バカンソレイル・プロサイクリングチーム(オランダ)
シャコベオ・ガリシア(スペイン)

----------

 自国スペインからは、ケスデパーニュとエウスカルテル・エウスカディに加え、ガリシア地方のシャコベオ・ガリシア、アンダルシア地方のアンダルシア・カハスール、ムルシア地方のコンテントポリス・アンポが参加します。プロツアー格のフジ・セルベットはスポーツ仲裁裁判所 TAS の裁定によっては22番目のチームとして参加する可能性が残されているようです。今大会の出発地オランダからは、プロツアー格のチームであるラボバンクの他に、バカンソレイルというチームが招待されています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。