アレルギー性鼻炎を予防するといっても、アレルギー性鼻炎の症状が現われるかどうかは遺伝の占める割合が高いと言えます。


アレルギー性鼻炎の原因は、免疫系統の過剰反応ものです。


IgE抗体の血中濃度が高くなると、免疫系統が過剰反応を起こすと考えられていると思います。


このIgE抗体の生み出しやすさは、遺伝因子によるといわれています。


もし、親や兄弟にアレルギー性鼻炎を持つ方がいる場合、できるだけそのアレルギー原因物質を避けることで、アレルギー性鼻炎の予防となるはずです。


また、過度なストレスや睡眠不足、慢性的疲労等で抵抗力が落ちていると、アレルギー性鼻炎の症状が出易くなるでしょう。規則正しい生活を送るようにして、栄養バランスのいい食事をとりましょう。


それに、日常的に適度な運動をすることで、自律神経の働きもよくなりますし、ストレスも解消出来るとなっています。アレルギー性鼻炎の原因物質として代表的なのは、花粉、ダニ、カビ、ホコリ(ハウスダスト)、ペットの毛やフケなどでしょう。


生活環境からなるべくアレルギー性鼻炎の原因物質を除外する事も、アレルギー性鼻炎の予防のためには必要のです。


掃除を頻繁に念入りにする事も大切なのですが、空気清浄機を使用する事で、アレルギー性鼻炎の予防や症状の改善に役立つ事もありますね。


ぜひ、加湿機能のほかに、花粉やほこりなどを除去する機能が高い空気清浄機を使用してみてください。


空気清浄機の導入出来ないなら、室内が乾燥しないように気をつけるだけでも、多少はアレルギー性鼻炎の予防に役立つと思います・

AD

世間に広く知られるアレルギー性鼻炎の治療に、レーザー治療がよくあるのです。


レーザー治療は入院の必要がない手術で、痛みを感じることなくできる手術であり、現在、たいへん注目を集めています。


レーザー治療とは、鼻の粘膜にレーザーを照射することで変性を行う治療方法でしょうね。


レーザーを照射する事で鼻の粘膜の組織が鈍くなるので、アレルギーを起こす要因と言われるアレルゲンによる反応を抑えられるといった仕組みくれるのです。


レーザー治療は手術にかかる時間が短く、入院することなく施術できるのが注目の理由としてあげられる他、局所麻酔はするものの、痛みや苦痛をほとんど感じず、出血もしないため、子供やお年寄りにも効果的な治療方法と思います。


ただ、効果や持続力には人による違いがよくあるのです。アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水や鼻詰まり、くしゃみなどの鼻の症状が一般的とは言え、人によっては、目のかゆみやノドの痛みなどの症状も見られます。


と思いますので、レーザー治療をしても症状の全てが改善される訳ではないのです。


そして、アレルギー性鼻炎に副鼻腔の炎症が合併している場合は、一度レーザーを照射しても治ることは少なく、二、三回何度もて行う方もいれば、一年後にまた行う人もいますよね。


レーザー治療は有効な治療法ですが、効果や適性に人による違いがありますから、ご自身の症状に合った治療方法なのかを専門医に相談するといいでしょう。


ほかにも、凍結手術や電気凝固術、および、アルゴンプラズマサージェリー、化学焼灼術、下甲介粘膜切除術などで治療する事もできます。


手術を行うかどうかやどんな手術を行うかなどは、専門医と相談し、自分の症状や体質、生活を考慮した上で判断して下さいね。

AD

最近では、漢方薬を使用してのアレルギー性鼻炎治療が注目を集めています。


東洋医学での病気に対する考え方は、西洋医学とは異なっており、特定の病名をつけることはありません。


アレルギー性鼻炎だったら、その人が感じている鼻水がでる、鼻づまりが起きる、くしゃみや喉の不快感などの症状に対して、証と呼ばれるものをたてて、それに合わせた薬を処方するのです。


同じアレルギー性鼻炎でも、その人の体質や症状によって、違う薬が処方されます。


漢方薬を服用すると、西洋医学の薬のように眠気や口渇などの症状があまり出ないので、服用する時間を気にしなくてすみます。


それに、通院にかかる時間や費用などをへらすことができるはずです。


さらに、漢方薬だったら処方によっては、妊娠中や授乳中の女性でも安心して服用する事ができます。


継続的に飲み続ける事で、体質改善出来る薬も少なくないのです。


副作用が少なく、不安なく服用可能な薬として知られる漢方薬とは言え、証に従って服用しなければ、思いもしない症状が出ることもあるようなので注意が必要でしょう。


漢方薬は、漢方薬局の他にも、病院で処方してもらうこともできるはずです。


病院でお医者さんに処方してもらう場合には、漢方薬でも健康保険が適用されるでしょう。


ただ、出来る事なら、和漢診療科などの漢方に詳しい医師がいる病院で処方を受けた方が良いのではないでしょうか。


漢方薬には即効性がない事が多いため、対処療法として西洋薬で症状を止め、漢方薬で根源治療を目指すといったやり方もあります

AD