パリージャ Parrilla

テーマ:


アルゼンチンでは本当によく牛肉を食べる。

人口が3,500万人に対し牛は2倍の7,000万頭いるといわれている。

一人当たりの年間消費量も日本に比べ断然多い。


牛の飼い方はオーストらアリアと同じ牧草を食ませて育てる。

アメリカの穀物で育てるのとは違う。肉がしまり歯ごたえがあり

より自然に近い肉質である。


牛肉料理といえばパリージャ。炭火で焼いて味付けは塩・胡椒と

至ってシンプル。

レストランでも家庭でもどこでも食べられるのでアルゼンチン料理と

いえよう。


AD

マテ茶

テーマ:

アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイではマテ茶を飲む習慣がある。


イエルバマテ(マテ草)と呼ばれるモチンキ科n植物の葉を乾燥させた

お茶でビタミン、ミネラルが豊富。肉食系食事が中心のアルゼンチンでは

栄養バランスの為にもよくこのお茶を飲みます。


ひょうたんでできたマテ壺にボンビージャとよばる鉄のストローを

さし、葉にお湯を注ぎストローで飲みます。

オフィスでもパーティーでも田舎に行っても皆よく飲みます。

仲間うちでは回し飲みもします。


夏はお湯の代わりに冷たい水を入れも飲みます。

これはマテ茶ではなくテレレといいます。


AD

バレンタインデー

テーマ:

もうすぐバレンタインデー

ラテンの国々でバレンタインデーがあるか?というと、生活していた頃

特別なことがあった記憶はない・・・

ただし、EL DIA DE AMISTAD(友情の日)として花束を男性が贈る、って

いうようなことをした記憶はある


またある日は”秘書の日”(EL Dia de secretaria)というのもあったような気がする

いつもお世話になっている、仕事場の秘書、アシスタントの女性に花束を

皆配っていたような・・・・


チョコは日本だけかも・・・・



manzana

AD

コロンビアで700万人が観ているという人気テレビドラマ


みんなマリリンが好き!


マリリン2  

主役のスカルレット・オルティスはベネズエラ人だそうだ

マリリンは25歳の独身。飲み屋で働く娼婦。正直で明るくておおらかで陽気な性格。

裁縫が趣味で流行の衣装も自分で作る。母親以外に身寄りがないが、その母親も

刑務所に服役中で、手作りの弁当を差し入れに通っている。
そんなマリリンの人生を描いたドラマ。

マリリン


国連の人身売買撲滅キャンペーンにこのドラマが一役買っているとの

記事からたどっていった、ラテンの人気ドラマでした~