メキシコ流サッカー観戦法

テーマ:

メキシコ第二の都市、グアダラハラ

そこには人気サッカーチーム、グアダラハラ・チーバスの本拠地でもある


ホームグランドのすぐ近くに住んでいることもあり、週末はよくサッカー観戦に行った


地元人気チームということもあり、試合前には多くのファンが詰め掛けてスタジアムの

周りはとてもにぎやか

露天商がところ狭しとひしめき合っている


特に最大のライバル、メキシコシティーを本拠地にするアメリカスとの一線は

日本の野球でいう巨人阪神線。

アルゼンチンでいうリーベルとボカ。スペインでいうレアル対バルサ。

まさにクラシコと呼ばれる伝統の一戦。

試合前から大いに盛り上がる。


そんなメキシコのサッカー観戦方法を周りの人たちを見ながら学んだ。


準備としてポテトチップスに辛いチリソースを掛け、シトラスを絞ったつまみを購入。

同時にビニル袋に入れたスプライトなどの炭酸飲料も購入。

試合を見ながらそれを食べる。いや、食べながら、試合をみる。


観客席にもポテトチップス+チリソースの売り子がいるので追加があれば購入可。


何か気に入ったプレーがあればチフラール(口笛)



モスキート


スタジアムにはこんな巨大な蚊も出現!?







AD

黄金の魚~エル・ドラド

テーマ:

まさにスポーツと呼べるフィッシング! それが


エル・ドラード 釣りだ!!



アルゼンチンの北部の川には、黄金の色をした魚”エル・ドラード”釣りが有名である


仲間6人で宿泊施設であるロッジからボートに乗って出発


餌は大型のドジョウ 


針は通常の釣り針でなく、針金大のでっかいやつ


葦の茂みに獲物をつけた針を投げ込むと・・・・しばらくして


ぐぐっつ・・・


きたっーーーーーーーー



手ごたえは十分


はるか向こうに黄金の魚 エルドラードが跳ね上がるのが見える


逃げようとする魚としばらく力比べをして、すこしずつボードに糸を手繰り寄せる


近くまでくると、網で船長が魚をすくい、ボートに引き上げてくれる


自分の手でもってみてその大きさ、重さを実感・・・・


ビギナーズラックとでもいおうか・・・ その日だけで10匹以上は釣れた


但し、大きさが規程値より小さく、結局川に逃がしてやることにしたのだが



魚自体の味はおいしくないらしいが、スポーツとしての醍醐味はなんともいえないものがあった




釣り好きの人には是非一度体験していただきたい魚である




ドラド


AD

ヨーロッパサッカー、チャンピオンリーグ決勝戦で


PK戦で3-2とリバプールに敗れた


イタリア・ACミランは来シーズン


スペイン・レアルマドリッドのストライカー、ブラジルのロナウド獲得に


乗り出した


今シーズンまでの契約となるアルゼンチン・クレスポはチェルシーに戻ることとなり


フォアードの強化がACミランの課題となっている


ロナルド

グアダラハラ・チーバスがベスト4へ!!


チーバス


南米サッカー選手権”コパ・リベルタードレス”にてメキシコ第2の都市


グアダラハラ


のチーム


チーバス


がベスト4に進出


今後の対戦相手はアルゼンチン・ボカジュニアーズとコロンビア・アトレティコジュニア


との勝者となる予定


メキシコ在住時代、グアダラハラの競技場近くに住んでいたこともあり


よくチーバスの試合見に行きました~


メキシコ・シティーのアメリカスとは伝統の試合でクラシコと呼ばれています

水曜日のコロンビア国内リーグ、カンピン・デ・ボゴタスタジオを行われ


サンタフェ VS アメリカ・デ・カリ


の試合で死傷者が発生した


亡くなったのは20歳の青年でサンタフェのファン。アメリカのファンに腹を殴られ


収容先の病院でなくなったとのこと


サッカーで殺人が起こるとはいやはや恐ろしいことである・・・・


コロンビアサッカー


「3分でわかるスペイン語ニュース」はこちらで