メンドーサ


の町はアンデス山脈の麓にあるごく普通の町であった

街中のレストランで名物の赤ワインを二人で夕食に試してみたが


ふう~ん


といった感じ。


ホテルの窓から見えるアンデス山脈の最高峰


アコンカグア


が絶景!!といったところだろうか・・・・


翌朝5時頃にホテルを出発

一路、Hさんが待つ、山の向こうのチリ・サンチアゴに向け出発


アンデス山脈の上り坂も道がすいており、僕らのプジョーは快走


さていよいよ国境付近になったらしく、一旦車を降りて、書類を記入するところに着いた

必要事項を記入した書類を持ち、いよいよアルゼンチンとチリの国境越えとなる


ここいらからイミグレーションまで国境を越える車やバスやらで渋滞


なが~い車の列


30分かかりようやく僕らの番


Hola!


書類をイミグレーション職員に手渡すYさんの声も軽い


さていよいよチリへ突入!!と横のY氏が

Como?

声を荒げる


なっ、何事!?


No puden pasar!


確かに、そう聞こえた・・・・「君たちは通れないよ」


えっ、国境が越えられない!!!!!





















AD

 なんやかんやでクリスマスが終わりいよいよ長旅への出発となる


もともと暇な二人での旅の予定が、急遽同じくバンカーのHさんも加わることに・・・

但しHさん、隣の国チリの首都、サンチアゴに飛行機で先に行き、車で移動する

僕らとそこで落ち合うことで、スタートはやはり二人であった


ブエノスを車で1時間も郊外に走ればもうそこは大草原


パンパ



そこらじゅうで牛が草を食んでいる


Yさん所有の中古のプジョーで100km近くで快調に飛ばす僕ら


前をのろのろ走る大型のトラックがいれば、反対車線を通り、猛スピードで追い抜かす


たまに反対側からも同じスピードでくる対向車があり、慌てて元の走行車線に


危ない危ない


ひたすら西に向かって進む


目指すはワインの一大産地


メンドーサ



ん~~ 母をたずねて三千里のマルコになった気分




mendoza








AD

まるごとラティーノ

テーマ:

年末年始の11連休


一緒に過ごす家族や彼女がいない僕らはこのなが~い休みをいかに過ごすか?

で頭を痛めていた


というのもここブエノス・アイレスではクリスマス前後から町の機能が

止まってしまうからだ・・・ 

街中のレストランやスーパーも閉まり、家族持ちの他の日本人達は日本に里帰りか

近隣のリゾート地に旅行に出かける


それなら、車でアルゼンチンからチリをぐるっと一回りしませんか?」


バンカーらしからぬ?!Yさんの一言から、僕ら3人はとてつもない長い旅に出ることになった


最初はまあ何とかなるか~、と軽い気持ちで考えていたのだが・・・・


というわけでラテンビジネスすすめからラテンとの架け橋になるべく新たにページ開設しました!!


まるごとラティーノ


AD