vocho

メキシコでは日産の車を良く見かける

但し名前は

ツル

 


ヒカリ

等日本語らしい名前だが・・・

主にタクシーに使われることで目立っているのだがアグアスやクエルナバカに
日産の工場があることがその強みとなっているようだ

だがメキシコが誇る国民車といえばなんといっても

フォルクスワーゲンの

ビートル

 

通称カブトムシだろう

メキシコでは

ボーチョ、ボチート

と呼ばれ本国ドイツで生産中止となっても、メキシコ・プエブラ工場では
生産継続し、各国に輸出する

そんなボーチョファンに「ボーチョマニア」というサイトまである(こちら)

AD

メキシコ人のイメージとなると、ひげをはやした浅黒い背の低いおじさんのイメージが強いのではないか?


そんなイメージのメキシコ人がそのまま描かれているのがアメリカ映画「サボテン・ブラザーズ」


原題は「Three Amigos!」だそうだ


直訳すれば「3人の友達!」ってところか・・・・


時代はメキシコ革命覚めやらぬ1916年。内容はコメディ映画。


そんなメキシコだが、大気汚染はいまだにひどいらしい


高地で酸欠の上に大気汚染じゃシティーには住めないのでは?と思う今日この頃


→ 詳しい内容は『3分でわかるスペイン語ニュース』 でどうぞ

AD

メキシコビール

テーマ:

メキシコ留学中、夜はよく飲み歩いた

また暑い日が多いのでリゾート地でもよくビールを飲んだ

そんな懐かしいメキシコビール


日本でも飲める銘柄もあるが代表的なものは・・・・


コロナ・・・世界で一番飲まれているビールというCMが流れてた

corona


テカテ・・・CMでは日本人が出ているのもあった
tecate

ボヘミア・・・個人的には一番好きな銘柄
boemia


モデロ・・・アルコール度4.5%薄味

modelo


ネグラ・モデロ・・・黒ビールではダントツのシェア
negro


ビクトリア・・・トルーカ発祥のビール。低アルコール
victoria


メルマガ『3分でわかるスペイン語ニュース』登録はこちら
AD

ヨーロッパサッカー、チャンピオンリーグ決勝戦で


PK戦で3-2とリバプールに敗れた


イタリア・ACミランは来シーズン


スペイン・レアルマドリッドのストライカー、ブラジルのロナウド獲得に


乗り出した


今シーズンまでの契約となるアルゼンチン・クレスポはチェルシーに戻ることとなり


フォアードの強化がACミランの課題となっている


ロナルド

グアダラハラ・チーバスがベスト4へ!!


チーバス


南米サッカー選手権”コパ・リベルタードレス”にてメキシコ第2の都市


グアダラハラ


のチーム


チーバス


がベスト4に進出


今後の対戦相手はアルゼンチン・ボカジュニアーズとコロンビア・アトレティコジュニア


との勝者となる予定


メキシコ在住時代、グアダラハラの競技場近くに住んでいたこともあり


よくチーバスの試合見に行きました~


メキシコ・シティーのアメリカスとは伝統の試合でクラシコと呼ばれています

’86年ワールドカップメキシコ大会でアルゼンチン代表を優勝に導いた


スーパースター


ディエゴ・マラドーナ


マラドーナ


麻薬や肥満といった困難を乗り切り


第2の人生を再スタートさせている


コロンビアでの手術で28キロのダイエットに成功!!


かつての引き締まった顔に戻ると世界中からサッカーやTV番組など


のオファーが殺到!!


実力知名度ともに世界のサッカー界を代表する人物であることには間違いない


→ 詳細は「3分でわかるスペイン語ニュース」 でどうぞ!

中東以外にラテンアメリカで石油産出国といえば


メキシコ

ベネズエラ


などがあげられるがとりわけ


ベネズエラは


世界第5位の産出量を誇る石油立国である

首都カラカスが超近代的な都市となっているのもオイルマネーによるもの


しかし治安は余り良くないと駐在していた友人に聞いたことがある

本当だろうか?


ベネズエラ


今日のスペイン語ニュースはベネズエラ

日系初の大統領


ペルー:アルベルト・フジモリ前大統領

”ツナミ”旋風で大統領の座に登りつめ、日本からの援助もあってペルーの経済発展


させ、また日本大使館占拠事件では陣頭指揮を執り、迅速に事件を解決した手腕は


高く評価されている


一方、左翼組織との抗争の中で、人道を無視した強権政治があだとなり、その座を追われる

こととなった


今現在も日本に滞在し、ペルー政府からの身柄引き渡し要求を拒否し続けている


ペルーではその右腕であったモンテシーノス容疑者に新たな容疑にて起訴されるという記事が・・・

詳しくはスペイン語ニュース

Fujimori



タイトル: タンゴ

海外留学はラテンアメリカが専ら・・・・


大学の同期はスペインの大学に留学するやつらが主流であるが

ラテンアメリカなどほとんどおらず、ましてダンスなどする人間は皆無に近い状態

メキシコでは民族舞踊 ハリスコのハラベ・タパティリョ、ベラクルスのラ・バンバ

チリでも民族舞踊 ハンカチを持って踊る”クエカ”

ブラジルではサンバとクンビア

そして本場アルゼンチンでのタンゴ

すべて踊りの教室に通いました・・・ 

どこかで披露する機会があるのか??