握手会擁護小論

テーマ:

なにやらモーニング娘。は、今回もイベントやら握手会やらが目白押しのようですね。




正直、把握しきれてませんw



凄いよね~。どんだけ握手すんのよ。




それについて、やはりと言うべきか、一部では批判的な意見も聞こえてきますね。



まぁその気持ちもわかるんですが、今回は擁護してみましょう。





だって今は、攻めるときじゃん。



それも、なりふり構わずに。




少なくとも今のメンバーはみんな、そう思ってるんじゃないでしょうかね。



ハロプロファンは、少なからず「実力ナンバーワンアイドル」のファンとしてのプライドを持っていて、その想いがこういった「必死に見える」「AKBの真似事のように見える」イベント類を毛嫌いする傾向にある気がします。



とくに、プラチナ期の頃はそれが大きかった。



だから、実力は史上最高だったのにも関わらず、「内に内に」向いてしまい、メディアからは干されまくる状況になってしまった。

(※もちろんそれだけが干された原因ではないし、内に向かうことが必ずしも悪いとは限らないけどね。だってそのおけげであのクオリティまで達したわけだし)



でも今、そんなこと言ってる場合かって話よ。




きっとメンバーに聞けば、「なんでもいいからモーニング娘。をアピールしたいです!」的な答えが返ってくるんじゃないでしょうかね。



握手会だって、大変だとは思うけど、「握手会ばっかりで嫌だ」なんて思ってないと思います。(たぶん)



むしろ、自分たちにやれることはなんだって、積極的に、がむしゃらにやろうとするでしょう。

それが今のモーニング娘。ですよ。




モーニング娘。としてのプライドとか重圧とか、きっと少し前まではあったと思う。



さゆとれいなも、それは感じてたんじゃないかと。



でもしかし、九期十期と11期(表記バラバラw)のあの娘たちに、たぶんそれはない。

きっと六期の2人にも、今はもうない。



インタビューなどでも言ってるように、本当の意味で初心に戻れてるんだと思います。



少しくらいみっともなくてもいいから、とにかく頑張ろう。



という、デビュー15周年のグループとは思えない心意気を、きっとあの娘たちは持っているはず。




それを、他ならぬファンがああだこうだ言って阻んでどうする。



プライドを維持してエリート然とするのも嫌いじゃないけど、そうして何が変わる?



個人的にはアホらしいと思うけど、依然として「オリコン1位」という称号は効果を持っている。

だからそれを獲りにいく。必死になって。



もはやそれをやらねばならないし、今の娘。ならやれると思う。



「1位をとれる」とかそういう具体的なことじゃなくて、「必死になる」ことができる。



だからファンも、それについて行かなくちゃ。



あの娘たちが必死になって頑張ってるのに、ファンが涼しい顔して文句つけててどうすんのさ。




って思ったり。




「AKBみたいなことしないでほしい」という意見もあって、その気持ちもよ~くわかるんだけど、でもなんでこっちがそんなこと気にしなくちゃいけないわけ?



別にアチラの特権ってわけでは全然ないし、「AKBがやってるから」という理由で自粛していったら、それこそアチラに囚われてるってことじゃないですか。意識しまくりじゃないですか。



そんなこと気にせず、なんでもやったらいいんだよ。(もちろん限度はあれど)



もしそれが結果的にダメだったとしたら、今度はまた違うことをすればいい。



「これやります!」という言葉だけに対して「え~」と言うのは、エーイング大好きなハロヲタの悪い癖ですよ。(え?違う?)



「もっとこうしてほしい」という意見は大切ですが、あまりネガティヴなことを言い過ぎると、全体の士気も下がります。

そういうマイナスな気持ちというのは、伝染しやすい。




数年前に比べたら、メンバーも事務所も必死になっています。良い意味で。



必死になってるからこそ、今少しずつ「現役モーニング娘。」が評価されつつあるわけで。



悔しいけども、もう悠然と構えてるだけでは世間は振り向いてくれない。(色々と障害も多いし)



だから、こっちから大声で呼びかけるしかないんですよ。

握手とかイベントとか色々やって。



それを一番わかってるのは、きっとメンバーなんじゃないでしょうか。



だからファンだって、必死にならなきゃ。




矜持を忘れるのは良くないし、だからといってそれを守るために何もしないで衰退したら元も子もない。



その辺のバランスは難しいですが、でも今のモーニング娘。は「攻め」の時だと思います。



攻めよう。



守りに入るのはまだ早い。





というわけで、話が全然まとまらない気配を帯びてきたので、ここで終了~w





久しぶりに、偉そうな長文語りをしてしまった……。





AD

コメント(4)