1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-08-29 13:24:55

ボルトとわたくし

テーマ:グルメ


先日近所の沖縄にて、奴隷舎弟2匹とともににゅうボルト完飲したこと既報の通りだが、実はその後同沖縄

「この前のボルトはもうありませんでしたっけ?」

とシラ~ッと聞いてみたところ、液体が少~しだけ残っており、ボルト自体もキープ扱いとなっていた事を報告せねばなるまい。

とはいえ、残っていたのは驚くほど少量であり、例えて言えば、“トルかまの誠意”ほどの残量ゆえ、1秒で飲み干してしまった事は言うまでもない。

しかも、このボルトには、明らかにダー○ツの筆跡で「インリン」だの「97艦攻」だの大書してあり、恥ずかしくて人様の目につくところには置いておく事が憚られるシロモノである。

仕方なく、またしても泡にゅうのボルトを入れ、こちらはほぼマルッと残っているという大自慢である。


一方、味韓であるが、ある日突然筆者がフラ~ッと同店に行ってみると(このあたり、僕は思いつきで神楽坂に行けるほど家が近いんだよという微妙な自慢である)、以前この店で一緒に飲んだことがある「入社4年目にして完璧なオッサン」と化したOLが友人を3人連れて飲食しているところに遭遇である。

筆者的にはボルト提供である。

しかしながら、恐ろしいことにこのオッサンOLがほぼ一人で当該ボルト完飲の上、新たに入れた2本目のボルトも空いてしまったのである。

ボルト2本締め3本目突入という過去に九州は熊本出身の同期のオヤヂとしたぶっこいた事がないプレイ」をぶっこいてしまった筆者である。

しかも今日になって、その事実をしらされるまで、筆者は「2本目のボルトは果たして残っているであろうか?」程度の認識しかなかったのである。

記憶完トビである。

まあしかし、味韓にもボルト有という二重の大自慢である。


さらに恐ろしい事に、ふと愛用の高級小かばんをのぞいてみると、CoCo壱番屋のレシート(同日付である)が入っているのを発見したのである。

筆者無意識のうちに行ってしまったのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-23 15:58:02

味韓とわたくし

テーマ:グルメ

このところ、トルかまのあまりにも理不尽な連続攻撃の為、我を忘れ、本来のテーマであるグルメをこっちに置いといてトルかま攻撃に邁進してしまった筆者である。やや反省である。

従って、世の中によくあるグルメ系ブログに戻るのである。

当初より、頻繁に紹介している近所の韓国料理「味韓」であるが、最近雑誌などにも取り上げられ、絶好調らしい。もっとも「雑誌に出ていた」というのは軍団員情報ゆえ、信頼度5%ぐらいなのだが。しかし、確かにこのところほぼ満席ということが多い。

この店、4人がけテーブル5つの他に7-8人用スペースがあるのだが、カウンターや1~2人用スペースがない為、筆者がフラーッと1人で行ったような場合も、4人がけのテーブルを占有する事となる。

このような場合、1人で4人分の席を使ってしまって申し訳ないという小市民心理から、ついつい必要以上に頼んでしまうという心優しい筆者である。先日は複数で襲撃したのであるが、

-ネギサラダ

-海鮮チヂミ

-きのこジョン

-ナムル盛り合わせ

-ブデチゲ(注:デブではない)

-ライス

とともに、韓国焼酎のボルトを2本飲み倒した後に、

-あわびのお粥

という離れ業をやってのけている。しかし、味韓あわびのお粥は非常にんんまいので、これは仕方ないのである。

トルコあたりに棲息しているおかまは、どうでんぐり返っても食えないうまさなのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-19 16:36:16

英国航空とわたくし

テーマ:オカマ

先日、“トルかまの悪魔的攻撃に起因する英国航空のストライキ”に遭遇し、筆者的には肉体的にも精神的にもかなりのダメージを被った事既報の通りである。

これもまた既報の通り、トルかまは、木曜日には仕事が終わっていたにも係らず、翌週の月曜日に帰国したのであるが、今思えば同かまも英国航空便を利用しており、最初からすべてお見通しでスケジュールをたてやがったのである。

なおかつ、帰りのイスタンブールまでの英国航空便(約3時間30分の飛行時間である)では機内食が出なかったらしく、トルかま的にはこの点を捉え

クッソ迷惑かけられたから、詫びとしてマイレージを寄越しやがれ

と言って英国航空にすごんでいる最中らしい。

度し難いおかまである。

おそらく英国航空的にもアホらしくて相手にしない事とは思うが、世の中にこのような悪魔が存在してよいのだろうか?



このところ、トルかまにいかなる鉄槌を下すべきか知恵を絞っている筆者であるが、トルかまが本アメーバの存在を知らず、従って同かまロンドン急須あたりとのハレハレ及び悪魔的プレイの数々も御存知ないらしいとの信頼できる筋からの有力情報を得たので、本日中にトルかまには、本アメーバの存在を告知する所存である。

おそらく、トルかま嫁は「マジギレ」し、トルかましばらくはおとなしくなるものと期待する次第である。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-18 15:46:44

世界三大料理とわたくし

テーマ:ワールドグルメ

世界三大料理というものがある。

聡明なる読者諸兄は既に御存知の事と思うが、説がふたつある。

中華料理トルコ料理は必ずどちらの説にも含まれるらしい。これは当然であろう。

かつてのオスマン・トルコ大帝国の影響で、例えばオーストリア料理なんざトルコ料理クリソツらしい。筆者はオーストリアには行ったこともねえが、行ったトルコ人に聞くとそう言っている。

三番目になに料理を入れるかで説が分かれるのだそうな。フランス(かえる)料理イタリア(ギトギト)料理で説が分かれるらしい。どっちでもいいけどね。



さて、これまで執拗にかえる料理排撃を唱えてきた筆者であるが、実はギトギト料理もあまり好きではない。

筆者は食材の好き嫌いは皆無なので、出されりゃ食うが、自分では絶対行かん!今はね。

かつて、バブル華やかりし頃のコじゃれたイタリア料理屋なんてえのは、最低であった。

ペッペッ!!でございます。

店員生意気高い予約取れず”の三重苦である。

かくいう筆者も、その昔バブルに踊らされ、六本木・広尾・恵比寿あたりの“有名コじゃれたイタリア料理店”に、

下心マル出しでねえちゃん連れて出没したものの、見事に飯だけ食い倒された数多の苦過ぎる経験を有するのである。

当時「東京いい店やれる店 」というナメた題名の料理店ガイドブックがあり、そのクソ本に従って“有名コじゃれたイタリア料理店”行き倒し、挙句の果てにすべて玉砕である。

余談だが、筆者がアメリカンエキスプレスカードを持つようになったのも、この手の店に行く為である。大反省!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-18 13:04:19

久方ぶりの沖縄とわたくし

テーマ:グルメ

体調がやや落ち着いた為、一昨日ほぼ1ヶ月ぶりに行きつけの沖縄を襲撃した筆者である。


アホ舎弟を2匹(アホP並びにダー○ツ)引率し、堂々の襲撃である。

店内はほぼ満席で、テーブルがひとつだけ空いており、すべり込みセーフであった。

軽~い自慢であるが、筆者ほどの常連になると、メニューを見ずに注文できてしまう。


・ ポチギソーセージ x 2

・ たこわさび

・ 島らっきょう天ぷら(これ最近発見したメニューだが、なかなか秀逸である)

・ 豚肉とキャベツの唐辛子炒め・ ゴーヤ肉詰めフライ

・ なんとかいう塩漬けのハム

・ 麩ちゃんぷる

・ タコライス

・ ソースやきそば


あたりを完食し、にゅうボルト完飲したわけであるが、このあたりから若干記憶関係が危なくなっていたことが判明した。


つい先ほどまでスッコーン!と忘れていたのだが、そういえばその後ダー○ツに場末のスナックに強引に連れて行かれたのみならず、最終的には天下一品にも連れて行かれ、「ラーメン+餃子+野菜炒め+ウーロンハイ」をやっつけ(させられ)た事実を思い出した。

だから昨日あんなに胃がもたれていたのである。

何度も言うが、筆者的にはデリケートなのである。


ついでに言うておくと、ダー○ツは勝手に筆者宅にあがりこみ、勝手にパンツ一丁になり、勝手に尻出しっぱなしで泊まっていきやがったのである。

しかも、年長の筆者をさしおいて、風呂もトイレも筆者より先にすましてやがんの、あのタコ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-17 13:05:07

硬水とわたくし

テーマ:グルメ

実はロンドンから帰る飛行機の中あたりから若干体調を崩し、ピーピー気味の筆者である。

既に申し述べているように、おそらくでんでんむし関係ではない。


ロンドンは水がいかんようである。

イラン/トルコ/チュニジアあたりだと水道水を飲んでもじぇ~んじぇん大丈夫な筆者であるが、どうもヨーロッパの硬水は昔から結構あかんのである。

皆様よく御存知のように、筆者の胃腸は非常にデリケートなので、変な水を飲むと、てきめんにあかんのである。

従って、帰国便の機内では、機内食しか食していない。

すなわち機内では岩じんすらぶちかましていないという体たらくである。


かくして、帰国後も飲酒は控えておった筆者であるが、昨夜経理のダー○ツ及びピロ○(通称:アホP”)に強引に沖縄に連れていかれた為、仕方なく大量の料理食い倒しの上泡盛のロック(略して“岩バブル”)飲み倒しである。

心優しい筆者は「また軍団がいつでも飲めるようにボルトでも入れておいてやろう」と思い、泡盛のにゅうボルトを入れたのだが、一晩にしてほぼ完飲である。

勝ち負けで言えば大勝ちであるものの、おそろしい事にアホPド下戸である。

又、瑣末な事であるが、会話のあまりの下品さ並びにラベルの低さに、他の客“どんびき”の上、見事に“とんづら”である。

入店2時間にして、満席だった客が全帰りである。

もう一勝である。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-16 14:24:21

ドレスコードとわたくし

テーマ:オカマ

今急に思い出したことがある。

ロンドンのかえる料理屋で会食した日のことである。

筆者はまったく知らなかったのであるが、その「シェ・なんとか」は結構有名な店らしく、それなりの格好をして行かないと入れてもらえないという話になった。

当然筆者は、いついかなる時もスーツにネクタイをしめ一分のスキもないゆえ、まったく問題ないのであるが、ふと横を見ると問題だらけの方がいらっしゃった。

まずこのおかま運動靴である。こ汚いシャツにジャケットも着ていない


心配した英国人が、「せめて靴ぐらい」という事で、靴を貸してくれようとするが、トルかまは典型的な「アホの小足」なので、ブカブカで、よけい滑稽である。

筆者的には、「そこらで革靴を買え。」と言いたいところであるが、トルかまは裸足のままツカツカと会社の外人ねえちゃんに近寄ると、そのねえちゃんが履いていたブーツを脱がせ、てめえで履こうとしているのである。

さすがに女性用ブーツは履けず、トルかまブーツの匂いをかいだ後ねえちゃんに返却(ねえちゃんブリブリに怒っていた)していたが、もし履けていたら履いていくつもりだったのであろうか?変わった方である。


結局その「シェ」は、ただのチェーン店で、ドレスコードなんざこれっぽっちもなかったのであるが(ついでに料理もまずく、かつでんでんむし大当たりだったのであるが)、それにしても毎回毎回面倒くせえおかまである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-16 10:44:39

折檻とわたくし

テーマ:オカマ

筆者が英国航空の非情なストライキにもめげず、必死の思いで帰国したのは当然靖国神社に詣でる為である。軍人の鏡である。


かかる筆者の崇高なる志に反する国賊が筆者の身近にいたので、この場を借りて糾弾せねばなるまい。

既に察しのいい読者の脳裏には一匹の姑息なおかまのボケツラが浮かんだ事と思うが、それは大正解である。

筆者が飛行時間11時間をものともせずになんとか帰国しようとしている様子を薄ら笑いすら浮かべながら眺めていたトルかまは、信じ難い事に;


一. 筆者がなんとか日本航空便でロンドンを出発した夜、ロンドンの愛人 (通称:ロンドン急須)及びその友人とともに寿司を食っていた。 近日中に筆者宛に請求書が届くと思われる。 当然のように金曜日にロンドン急須と同伴出勤している。


二. 会議は木曜日には終わり、なんの用もなかったにも係らず、週末をロン ドンで過ごしたのみならず、月曜日にイスタンブールで会議があったに も係らず、月曜日の夕方帰国した。


三. ロンドン急須が次回イスタンブールに遊びに行く際の航空券をマイレ ージを使って手配してやる事を約束した。


四. 筆者の財布から50ポンド抜いた

以上信頼できる筋より得ている情報である。


確かに筆者の財布の残高が50ポンド減っている。

この悪魔に制裁を加える為の新手の折檻をあれこれ考える今日この頃である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-16 10:07:37

8月15日とわたくし

テーマ:ブログ

皆様、815には当然、護國英霊に奉悼したものと確信している。

尚、一転816は“女子大生の日”である事もここに申し述べておかねばなるまい。

なんでも大正年間に、初めて東北帝国大学で女性の合格者が出た日らしい。

軽~い薀蓄自慢である。

というのは大ウソで、今朝テレビで見かけたので、インターネットで検索しまくったのである。



さて、先日筆者の行きつけの立ち食いそば屋が、筆者の許可なく休んでいた事をお伝えしたが、そういえば盆休みなのである。

盆じゃ、盆じゃ、ボンジュールなのである。

筆者の屋敷周辺の飲食店も軒並み休んでいる。

痛い!これは痛い!!

食事のほぼ100を外食に依存している筆者的には、この仕打ちは猛烈に痛い。

元来、コンビニ弁当/ほかほか弁当/マクドなどを屋敷で食する事を好まない筆者にとり近所のおっさん系飲食店は生命線である。

ではどうするかと言うと、毎日はなまるうどんをすするのも侘しいので、泣く泣くファミリーレストランである。

勝ち負けで言うと完全な負けなのである。

筆者的には、盆だからといって会社が休みになるわけでもないので、早いところ盆には明けて頂きたいものである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-15 10:39:09

はなまるうどんとわたくし

テーマ:グルメ

ひさしぶりに日本で週末を過ごした筆者である。

皆様お気づきになられたかもしれないが、“ぼくは海外出張が多いんだよ”という軽~い大自慢である。



さて、食通の筆者的には、ここ一週間かえる料理を初めとするまじいもの攻撃を受けていたわけで、そろそろCoCo壱番あたりで口直しをぶっこきたいところである。

若しくは立ち食いそば屋で天ぷらそば大盛りたまご入りであろう。


いそいそと出かけた筆者であるが、けしからん事に行きつけの立ち食いそば屋は筆者の許可もなく休業である。CoCo壱番は、まるっきり逆方向である。

仕方なく最も近い“はなまるうどん”襲撃である。

ここは、もんのすごくうまいわけではないが、その時の気分で勝手なものを組合せられるというところが売りである。

勝手に天ぷら類を取り、その後で好きなうどんを頼むというシステムになっている。

さっそく店に入った筆者であるが、何故か行列ができている。しかし、席は空いているので、前方を見ると、背は低いがデブなねえちゃんが、何を取ろうかといつまでもウジウジ迷っているのである。

そのチビデブの友達と思しきねえちゃん達も不満そうな顔ながらも、デブが通路をふさいでいるので仕方なく待っているのである。

瞬時に状況を把握した筆者は、こやつらを一気に抜き去り、デブを邪険に横に寄せ(体型がスリムな筆者だからこそ可能なプレイである)、勢いで;

野菜かき揚げ

鳥ささみ天ぷら

ちくわ天ぷら

半熟たまご天ぷら

を一気に取り、カレーうどん大盛りを注文である。1000円超である。

ざまあみろでございます。勝ち負けで言えば完勝である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。