Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:




FAS









何かと話題の多い

最近のシンガポールサッカー界。






いよいよせまるSea Game。

日本と同組のワールドカップ予選。

代表チームのありかた。

ヤングライオンのありかた。

それをとりまくシンガポール国内リーグ、

Sリーグのありかた。






そんななか、

今週末からいよいよ開幕する

シンガポール2部リーグ、

NFL Division 1 について

今回はすこし。







個人的にも、GFAとしても

縁のあるシンガポール2部。






個人的には1999年に

現地で初のプロ選手としてプレーしたのが

このリーグ。

現在も国際試合で使われている

シンガポールサッカーの聖地

ジャランベサルスタジアムが、

リーグ戦会場だったり。

改装前でしたが、当時からやはり

厳かな雰囲気すら感じられる聖地でした。




そして現在取り組んでいるGFAでは

このリーグに所属する

GFA Sporting Westlakeというチームを

運営しております。

去年はなんとリーグビックリマーク優勝

2年前よりスタートさせた

「Road to S-League」というプロジェクトのもと

はじまっているのですが、

2013年には自分自身が監督もやらせてもらいました。

現在はそのプロジェクトが発展し

S-LeagueのHougang Unitedというチームの

運営にも携わっております。






さてその NFL Division 1 ですが、

現在はシンガポールサッカー界全体の動きにともない

リーグのスリム化が進んでおります。

以前はDivision 3までありました。

現在はカテゴリーやチーム数の整理がすすみ、

今季のDivisionは1と2のみ。

我々GFA Sporting Westlakeが所属するDivision 1は

今季は8チームでリーグを戦います。

選手契約も以前あったプロ契約は現在はほぼなく、

そのほとんどをセミプロまたアマチュア契約に。

これについてはサッカー界の指針もですが、

シンガポールの外国人雇用ルールの影響も

出ているものと思われます。







さてその2部リーグのレベルはどんなものかというと、

毎年カップ戦で1部のSリーグチームと対戦するのですが、

なかなか勝ててはいません。

そもそもリーグ入れ替え戦もなく

やはり上との差は否めないのですが、

最近はトップのSリーグ自体のスリム化もあって

元Sリーグでまだまだトップコンディションで

動ける選手達もNFLに集まりつつあり、

ポテンシャルのあるリーグではあります。

あとは練習、環境、モチベーションしだい、

といったところでしょうか。






また関連情報など掲載できればと思います。

ということで以下は今年のNFL Division 1参戦チーム。

優勝の行方はどこに!?





GFA Sporting Westlake FC

Police Sports Association

Yishun Sentek Mariners FC

Singapore Khalsa Association

Eunos Crescent FC

Tiong Bahru FC

Singapore Recreation Club

Siglap CSC








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:







JY合宿2







先日

シンガポールで

GFAのU14を対象に

強化合宿を行いました。






宿泊施設は

Singapore Sports School。

人工芝グランド、ジム、

ミーティングルーム、

室内タータントラック

食堂、等々の施設が完備。






今回の合宿のテーマは

「コミュニケーション」と「メンタル」。






合宿中は、

トレーニングはもちろん

ミーティングもしっかりやります。





コーチによる座学や、

スピーチ、グループディスカッション、

発表、質疑応答、演芸。






JY合宿1







チームみんなの前でやる

テーマにそった1分間スピーチは毎回みものです。

今年のテーマはこちら。



-もし2年後の自分にあったら何を聞きたいですか?

-自分にたりないものは何ですか?それを補うためには?

-自分にとってメンタルとは何ですか?




みなさんなら何を選びますか?







紅白戦を振り返っての夜のディスカッションでは、

自分たちなりにサッカーを掘り下げてくれました。

QAによるつっこみを通じ、さらにポイントが明確になったり。







3年生それぞれに

下級生たちからの質問タイムも。

上級生は、2年間の経験を、後輩たちに。








サッカーと同じように

自分自身を

しっかり感じてほしいなと思い、

コーチ陣で合宿の準備にあたりました。

メンタルというテーマは

抽象的で難しかったと思いますが、

それぞれに考えて、

むきあってくれました。







サッカーを通じて

人として成長してほしいと思っています。







1泊2日の合宿。

何かの刺激に、

何かのきっかけになれば。

選手にとっても、

コーチ陣にとっても。







日本のサッカー界でも

育成世代について話題になりはじめましたね。

東南アジアでのパフォーマンスとか。








試合に勝った負けたもあるけど、

人間力といえばいいのでしょうか、

この先につながっていくもの。

これは大事にしないとなと思ってます。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:









Yomiuri 10April(2)












読売新聞に掲載頂きました。



4月10日づけの朝刊、

23面のスポーツBizワールド

という特集欄にて。








スポーツBizワールドとは

この4月からスタートした新企画で、

世界規模で展開するスポーツビジネスの

内幕をレポートするという主旨。







そんな規模の企画のなか、

今回の紙面ではカンボジアのサッカー事情を

多面的に掲載頂いており、その中でも

現在進行形の事例として僕らの取り組みを

写真つきで丁寧に記事にして頂きました。











今回記事にして頂いたのは、

GFA Soriyaが2013年から取り組んでいる

スポーツマーケティングのプロジェクトで

ヤマハ発動機の現地法人とコラボして進め、

現地ではYamaha Challengeという企画として

進めています。








毎度毎度楽しいプロジェクト。

記事でも58校の小学校を回ってと書いて頂いて

おりますが、毎回色んなことがおきる

アドベンチャーな取り組みです。笑








このプロジェクトが生まれるにあたっては、

色んな過程がありましたが、

ポイントは直感を信じた速攻の行動だった思います。

提案が通った直後の初回の頃のサッカークリニックは

現地の日本人プロサッカー選手の太田と

試行錯誤しながら学校を訪問させてもらっていました。

なんてったって、まず学校に辿りつけないんだから。

しかし、ボールさえあれば、僕らは無敵です。にひひ

どんなとこでも、言葉が通じなくても、

初対面の子供達でも、あっという間に笑顔に。









これからもそうですが、

継続して取り組んでいくにあたっては

過程で様々な課題にもぶちあたります。

ひとつひとつ丁寧に解決を目指して向き合う。

サッカーのエネルギーを信じて。



紙面全体を読んで頂くと伝わるものもあるかと思いますが、

チャンスも多く、リスクも多い環境です。

携わるみんなはなんとかして続けて成長しようと

色んな施策を試みます。

でも全てが上手くいくわけではありません。





こちらが紙面全体となります。

Yomiuri 10April








ここ1~2年のカンボジアサッカー市場は、

少しづつ変化の兆しが見えているように思います。

施策も大事ですが、

メンタル、思い、志、ハート、情熱。

似たような言葉だけど、こんな時こそ、

施策の裏側にある目にはみえない

それらが大事なのかな、と。

おっと、経営者としては同じように数字も忘れてはなりませんね。








素晴らしいチームや関係者に囲まれ

今月もこのプロジェクトは続きます。

59校目も First one で Only one なり、と。

自戒をこめて。









今回の掲載にあたり、

読売新聞のご担当者より何度となく

インタビューをして頂きました。

そしてバッタンバンというカンボジアの

首都からバスで6時間もかかる土地にまでお越し頂き暑い現場に帯同。

使って頂いた写真はそのクリニックでの一コマ。自分のお尻の下に

あるボールをお尻ごと(?!)一緒に蹴ろうとする子供達。

プロ意識というか、これでもかというぐらいの

記者としてのアプローチに、大変刺激を頂きました。

そうなんです。グランドでもカッコだけの

アプローチは相手にわかるんです。

寄せる時は、本気でとりにいく気持ちで。

小金沢さん、ありがとうございました。

取材だったにもかかわらず、まさか試合に出場して

点を取りに行く展開になるとは。べーっだ!







こういうのもひっくるめて、サッカーは素晴らしいビックリマーク










AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。