Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:









$Last More  -斉藤泰一郎 ブログ--モッツァレラ











両親と

カプレーゼと

ワイン。











自然な時間。














落ち着きたい時は

目をつぶる。












自戒をこめて。














シンガポールに

来てくれて

ありがとう。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:









$Last More  -斉藤泰一郎 ブログ--Eunos 表彰









先日、

シンガポール サッカー 2部リーグ

NFL Division 1 の

今季リーグの表彰式に参加しました。








シンガポールのサッカーの聖地といわれる

ジャラン ベサル スタジアムにて。
(Jalan Besar Stadium)








ちょうどFA Cup決勝がスタジアムで開催中。

(残念ながらEunosは1回戦敗退)








セレモニーは、

ハーフタイムに

Divison3からDivision1の順で

トップ3が。

アナウンスでグランドに呼ばれ、

スポンサーのバックボード前にて表彰&撮影。








多分その時の写真は

どこかのWebにのるのかな。


冒頭の写真は、その舞台裏。

グランド入場スロープにて。

Eunosスタッフ3人衆。

左からコーチのマルダニ、

同じくコーチのモトー、

そして監督の自分。

スタッフの中でも、

この3人は特に現場で一緒に

ゴリゴリとやった仲間。;)







たくさんサポートしてくれました。

初のトップチーム監督をやるにあたり、

彼らにはたくさん助けられました。

彼らがいなかったら、

今の自分はいません。

感謝です。








その表彰式の現場は

かるーく同窓会的な雰囲気。ニコニコ

違うDivisionの監督達と会うのは

シーズン前の協会主催の

怒号のとびかったにひひ

コーチ&マネージャーMeeting以来。








お互いの健闘をたとえ、

今季終わったリーグの状況や、

今後の予定など、

諸々情報交換をしたり。








余談ですが、

シンガポールでは

現場よりのサッカー関係者には

マレー系の方が多く、

決まってこんな場では

マレー語が飛び交います。

お蔭で自分の

マレー語ヒアリング感覚が

かなりもどりました。笑








それによると、

どうも来季のNFLは

Division 2 から以下の3チームが昇格して

Division 1 は10チームになるようです。


+++
Singapore Khalsa Association
Pioneer CSC
Borussia Zamrud FC
+++


そしてなんと

Division 3 が

なくなるそうです。

これはまた

競争の激しいリーグになりそうですね。













小さなことを

丁寧に

積み上げる。

時間をかけてでも。

気づいたら

信頼が

築かれる。







シーズンの節目に

自戒をこめて。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






$Last More  -斉藤泰一郎 ブログ--NFL Logo










記録として

2013シーズンの

シンガポールサッカー

2部リーグのチームご紹介を。

けっこうレアなinfoかも。










リーグテーブルの上からいきます。








第1位(10勝 1分 3敗 34得 15失)

【Police Sports Association】
シンガポール警察が母体。毎年フィジカル的にフィットして穴の
ないチーム。今季は大事な試合に向け集中強化練習に取り組む
などモチベーション高く。チームとして共通理解が浸透している
サッカーを。基本的に外人選手はとらない方針。





第2位(10勝 1分 3敗 29得 13失)

【Singapore Recreation Club】
略してSRC。昨今安定していい結果を残しているチーム。
現在のラムー監督&モルガンマネージャーの体制がうまく機能
しているよう。かつて自分もこのチームでプレーしたことがあり
ますが、SCC同様に由緒ある社交クラブが母体で、SCCとの
試合はダービー戦として大いに盛り上がります。
余談ですが、今季の主力外人のMathieuとはフットサルリーグで
同じチームでプレーしています。





第3位(7勝 3分 4敗 26得 17失)

【Eunos Crescent FC】
我らがユーノス。ローカル選手はマレー系が中心。
今年よりGFAと提携し、運営ならびに人材面(監督&選手&運営)
で連携を。外人選手枠2名についてはGFA所属の周詞壮広
(国士舘大学)がGKとして、またMFに中村彰宏(Tampines)が
前期に、中武駿介(神奈川大学)が後期にプレー。監督は私、
斉藤泰一郎が務めました。つなぐパスサッカーを意識して。
サポーターはリーグNo1の呼び声が。にひひ
来季も続くGFAとEunosの提携に期待ビックリマーク





第4位(7勝 2分 5敗 28得 19失)

【Admiralty Football Club】
元Sリーグ選手をたくさん抱える強豪チームで、オーナーが事業家
でありファイナンスも潤沢。個性の強い選手が集めたリーグ前半は
順調だったものの、まとまりにかけリーグ後半でやや失速。来季は
新オーナーのもとチームを構成予定という噂あり。





第5位(5勝 3分 6敗 18得 31失)

【Sporting Westlake FC】
去年Division2から昇格してきたチーム。ベテランプレーヤーが
多いがアグレッシブ。但しアグレッシブすぎてラフプレーが多く、
一番カードをもらったチームで、何度か試合中に乱闘がおきて
しまったゲームがあり、FASによるDisciplinary会議にかけ
られることも。





第6位(3勝 7分 4敗 15得 17失)

【Tiong Bahru FC】
リーグ前半は出遅れるも、シーズン途中の移籍期間で選手補強に
成功。除々に勝ち点を重ねてジャイアント・キリングもおこし、降格圏
から脱出。ハードワークできる選手が多く、リーグ下位ながら失点が
少ない。某Sリーグチームのオーナーのは以下。リーグ後半のチーム
完成度があれば上位が狙えたかも。





第7位(1勝 5分 8敗 11得 30失)

【Singapore Cricket Club】
略してSCC。毎年リーグで善戦する強豪チームだが、今季はローカル
選手の獲得がうまくいかずスタートダッシュに失敗。シンガポールの
中心に在する由緒ある社交クラブ所属のサッカーチーム。パダンという
敷地をはさんであるSingapore Recreation Clubとはライバル。
入れ替え戦を勝利し、降格をまぬがれる。





第8位(0勝 4分 10敗 7得 26失)

【Sembawang Sports Club】
監督件選手に元シンガポール代表選手を抱えるも、今季は勝ち点を
積み重ねることができず苦戦。過去には強力なナイジェリア人選手
(チーカとチークェ)とともに破壊的な得点力でリーグを独走して
いたことも。来季降格決定。因みにDivision2からの昇格はおそらく、
自分もゆかりのあるチーム、古豪Singapore Khalsa Association。










さあさあ、来季のリーグ戦はいかに!?
お楽しみくださいビックリマーク









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。