Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:

Fraser Park FC

退団することに

決めました。

方針、起用方法、

チームとの話し合いをふまえ。

今後についてはまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

シンガポールでプレーしていた時、

チームから永住権の話が出たことが

あります。

国籍を変え

ずっとシンガポールで

プレーしては、

という話でした。

実はガーナでも

同じような話を。

そんな過去の経験や

舞台が海外ということもあり

今読んでいる本、

 龍時   野沢尚 著

に、かなりはまってます。

2004年に急逝された著者。

機会あれば他の作品も読みたいです。





追伸:

LAG 、ナイスパス。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めてお会いする方に

「サッカーやってます」と

ご挨拶すると、

「サッカーうまいんでしょうね」とか

「学生時代から活躍されたんでしょうね」

といったようなことを

言って頂くことがあります。

でも、

そうではないので

「いいえ」

と答えてます。

高校、大学と

レギュラーにも

ベンチ入りすらも

してません。

だからと言って

誰かや何かに

負けたと思ったことは

一度もありません。

古い友人に酒の席で

「お前の何がプロ級なの?」

と聞かれ、

何を持ってプロ級なのかは

よくわからないけど、

即答で出てきた言葉は

「気持ち」

です。

二十歳超えた自分を

拳でぶん殴って頂いた

大学の監督は

自分の恩師です。

だからどう

というわけでは

ありませんが、

毎日「これが最後」

という覚悟を

常に腹にすえ

ボールを蹴るようにしてます。








「気持ち」も、

それ以外も、

高めるために。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


自分で読む本を選ぶと

どうしても自分好みになり

その域を超えられないので、

ここのところ人が勧める本も

積極的に読むようにしてます。




ということで

最近読んだ本。

楽園  鈴木光司著


気に入ったくだりは、

おのれを取り巻くすべてと戦え。」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Kazu さんの記事 に触発され

アジアのサッカーを色々と考えてみました。


自分も、アジアサッカーは課題も多いけど

凄い可能性を秘めてると思います。

現にセレクションで色んな国にまわると、

各国サッカーに対する姿勢は熱い。

現地はもちろん世界中から外人選手が

チャンスを求めて集まってくる。

今、川淵キャプテンもACLの価値を

上げるべく改革案を上げているけど

可能性があるからこそだと思います。

そこで考えたのはACLの縮小版

みたいなのがあってもいいんじゃないか。

各国リーグのチャンピオンでなくても

そのリーグに出たい選手を各国で

セレクションして独自にチームを作るとか。

国対抗のミニリーグ。

名づけてAsia Independent LeagueAIL)。

もしくは育成リーグみたいな感じで

各国から若手選手を募ってリーグ

開催するとか。

名づけてAsia Youth League(AYL)

若手層はユース代表クラスじゃないと

国際大会に出場できない。

そんなに構えなくても

ユース育成リーグとかで

国際試合の場があれば、

選手の国際経験の底上げにつながり

どの国にとってもいいことなのでは。

特に、日本は経済力があるにも関わらず

島国とか歴史のせいか

海外への壁が陸続きの他国より高い。


今、シンガポールでは何チームか

他国のクラブチームを招聘して

自国のリーグを展開してるけど、

それの拡大版みたいな感じもいい。

シンガポールリーグでやってみて欲しいのが、

外国人枠完全撤廃のチーム。

選手全員が外人ってやつ。

世界各国の外人がいるチームね。

多少給料とか悪くても

それは次へのステップと考えれば

プレーしたい選手は

いくらでも世界中にいる。

そういう所から活躍して

自国のトップリーグや

ヨーロッパや南米のトップリーグへ

移籍する流れはきっと出てくるんじゃないかな。

アメリカの野球では独立リーグとかあるし。


実は大学の時、

各大学(慶応、法政、明治、朝鮮、早稲田大学etc)の

2軍または1,5軍の選手によってチーム構成された

ジュニアリーグというのを運営したことがあります。

KAMOスポーツにスポンサーになって頂いたけど、

結構盛り上がりました。選手はそこで活躍して

1軍目指すから試合は毎回必死。

実際そこで活躍して1軍にあがる選手がいたし。


そういうリーグでは

環境とか待遇は多少悪くていい。

そこでは違うサッカーにもまれることが大事。

場所はシンガポールがいいかな。

あそこは観客も多国籍だし。

どうでしょう、

ブラッター会長、川淵キャプテンビックリマーク

この構想リーグ、

自分、チェアマンやりますよ。にひひ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



先日シドニーに遊びに来た

友人T10番勝負しました。

小学、中学と毎日休み時間に

一緒にサッカーをした仲。

ここのところ

2~3年に1回程度しか

会わないのですが

彼とは小学生の時に初恋の相手を

奪い合っって以来

今でも何かと勝負になります。メラメラ

今回も日本から

「勝負してやるよ」ドンッ

と本人より挑戦状。

リフティング、バーあて、

ロングキック飛距離etc

全て真剣勝負。



Tsuru

写真のビリヤード以外は

ほとんど勝ちました。

Tai



Tいわく、

10年後には俺が勝つ」。



いや、10年後も俺が勝ちます。

君のその腹がへこまない限り。笑




ちなみに初恋相手を奪い合った結果は、、、

秘密です。べーっだ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日久しぶりにBeep Test をやりました。

Beep Testとはいわゆる体力テストで、

内容はBeep音にあわせ20メートルの間を

シャトルランで走り続ける持久力のテスト。

Beep音の間隔はレベルが上がるにつれ

だんだんと早くなり、選手がそのBeep音に

ついていけなくなる限界まで走り続けます。

要は「いけるとこまでいってみ」というもので

クーパー走と並び選手達にとっては好評(!?

のフィジカルメニューです。汗

ちなみにシンガポールのSリーグは

このテストである一定の基準をクリア

しないとプレーできません。

たしかLevel13の中盤ぐらいだったかな。

ひとつのレベルには10段階ほどの

ステージがあります。

1年以上前にやった時の結果は

レベル14の後半ぐらい。

今回も最低レベル14を念頭に挑んだ結果、

他の選手の平均がレベル1314ぐらいの中、

レベル1511アップ 前回より伸びてる。グッド!


腑に落ちないのが、テストの終了の仕方が

チームスタッフによる中断であること。

自分ともう一人残って走っている選手に

「良くやった!」みたいな感じで。

いやいや、最後(限界)までやらしてよ。。むっ

このテストはフィジカルのテストではあるけど

結構メンタルの要素も大きいと思います。

きつくなってもそこから更に強い気持ちでいけるか。

もちろんグランドの上では

 持久力=サッカー

という単純な図式ではありませんが

自分にとって運動量は武器。

コンディション上げていきたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


シンガポールで初の日本人プロサッカー

選手としてプレーした翌年(2000年)、




怪我により引退を決め、日本でIT系の

企業に勤めてました。




その際にお会いできた色んな方々の一人に

柏レイソル出身のIT営業マンという

異色な経歴の方がおりまして

(間違ってたらすいません)、

何度かフットサルをご一緒しました。




当時パワフルなドリブルがとても印象的でした。




以降、自分は日本を離れ選手として復帰し

ご本人とは56年ご無沙汰していたのですが

現在はなんと独立され

渋谷でアミカーレ という

イタリアンレストランを

経営しているということ、

本人のアメブロ で知りました。にひひ

サッカー→IT→外食産業。

ステージを変え挑戦する姿勢、

同年代としてとても刺激を受けます。ビックリマーク

次回の一時帰国の際には

是非お店にお邪魔したいと思ってます。グッド!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オフの月曜日。




普段はマッサージを受けたりした後

体を休め回復の時間とするのですが、

今回は週末に試合に出場していないため

かるくジムで体を動かしました。

試合のスケジュールしだいで

体重の増減も全然違う。




数値と、体の感覚。

このバランスが

自分のコンディショニングの目安です。



追伸:

マンU優勝決まりましたね。

ロナウドはいぇー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。