Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:

先日、GFA(ガーナサッカー協会)より

今季2006/2007シーズンの開幕について

8月下旬からという発表がありました。

そもそも物事がゆっくりと進む国(らしい)。

僕が事前に得ていた情報では、

2~3ヶ月前には既にリーグが

始まっている予定でした。

8月下旬というのもどうなるかな。

そんなことでは困るんですが、

自分の処遇についてもゆっくりな進行です。

こちらはその他の事情もあるのですが、

もうちょっと迅速に諸々をすっきりしたいものです。

代理人を入れてない自分としては、

なかなか負荷の大きい事柄であります。

未知の国でのこと。

予想できない色んなことがおこりますが、

軸をぶらさず、やることをやる

意識を、未来や過去に散らすのではなく、今に

そこから先はなるようになる。

と自分に言い聞かせております。

話は変わり、

大学時代の先輩が五輪代表のフィジカルコーチ

就任されました。大学現役時代からお世話になった

方で、引退後もフィジカルコーチとして自分達を

しごいて頂きました。先輩の今回の就任は、自分

にとってとてもとても大きな刺激です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、

あるレストランでランチを取りました。




こじんまりとしたところですが、そこで

頂いたレバニーズ料理はなかなかおいしく、

当地で食した外国料理のなかでは僕的に

かなり評価よしです。

オーナーと思われるレバノン人の方と

そのお友達と少しお話も。




材料は何つかってるの?から始まり、

当地でのレバニーズ事情や

お互いの国の話を。

どうやらガーナではたくさんの

レバニーズがビジネスで

活躍しているようです。

僕はまだあまりわかりませんが、

こちらで大きな会社や有名なレストラン

スーパーなどのオーナーにレバニーズが

多いんだとか。

こんな時、

日本ネタとして驚かれるのがその物価の高さ。

ライターやジュースが100円はするよと言うと、

「高すぎ!….」とお友達は仰天。

オーナーはかつて船乗りだったらしく

横浜に行ったことがあるんだとか。

楽しいひと時でしたが、

2人の顔がどこか沈み影を感じられたのは

気のせいでしょうか。

戦争が歴史としてだけでなく現在進行形のものとして

日常にある母国を想う気持ちは、隣国によってたまに

ミサイルが放たれるにも関わらず普段と変わらない

生活のできる日本から来ている僕には、

とても推し測ることができません。

レバノン人は、その母国の情勢のため、

国内よりも国外に滞在している

人口のほうが多いんだとか。


恥ずかしながらそんなこと全然知らなかったし、

現在のイスラエルやレバノンの状況や背景についても

ほとんどわかってません。

だからどっちがどうとか、

何がどうだとか、

その他能書きを言う気はなく、

僕が感じたのは、

せめて自分にかかわる身の回りの人達には

少しでも笑顔でいて欲しいし、

笑顔にしてあげれたらいいな、

ということです。




そんな小さな連鎖が果たしてどれだけ

大きなものに影響力があるのかは疑問ですが、

俺のできることって、、、 と

こんな感じで綺麗事を考えていた昼下がりでした。

ということで手始めに、

最近喧嘩していた悪ガキのクエクと

仲直りすることにします。 べーっだ!





追伸:L.A.G

進むことで新たな視界が広がる。

自分がどれだけやってきたかは

自分が一番わかってるもんだろ。

フラットの後は

走れよ、力強く。

そんでまた追い込もうぜ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

サッカー人口が多いこの国。


たとえば

早朝にジョギングに行くと、

サッカー選手と思われる人達を

かるく20人は見かけます。

みんな自分でトレーニングしてるんですね。

路上やビーチを走り、

陸橋の階段でダッシュし、

空き地で腹筋をし、

たくさんの選手が

色んなところで

自主トレを。

そういう選手とすれ違う時です。

たまに不思議な瞬間に出会います。

意思のある視線が交わされ、

無言でお互いに親指を突き上げ、

時にはハイタッチを、

なんていうことが。

もちろん一度もあった事がない

全然知らない人達だけど、

サッカーやってるというだけで、

無形無音の共通プロトコルによる

コミュニケーションが

生まれてるのかな。

(こちらがサッカーやってる珍しい

White manということもあるかもしれませんが)

僕のほうも

自然と手が動くんですね、そういう瞬間。

不思議なもんです。

でも悪くない瞬間です。


さて、写真は近所の悪ガキです。

イタズラ好きで困り者ですが、

雨が降ると知らせてくれる

僕の洗濯物見張り係りです。

カメラ向けたら滅茶苦茶はしゃぎまくり。

左がボラジ、右がクエク。

2人ともシャキッとしろっ!にひひ

ボラジとクエク

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

Black Stars

ガーナに

帰国した

先週、

Jubilation

こんな感じで

Bus

バスに乗った選手達と

Crowd

パレードが。

Overhead

ガーナ、

とにかく

盛り上がってます。




かつて

カメルーン代表の

ロジェミラが、


ガーナがW杯に出ないと

アフリカがW杯に出たことには

ならない。


というようなことを

言ったそうですが、

そのことが示された

大会になったのでは

ないでしょうか。



ちなみに今

ほとんどの

ガーナ人が

フランスを

応援してます。

理由は多分、

ブラジルに

勝ったからかな。;)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

自戒をこめて。




たとえば

10本のシュート練習をするとします。

その時11本打つ。

たとえばリフティングを100回。

その時101回やる。

シャトランを10セット。

その時11セットやる。

腹筋を30回。

ならば31回。

その1に、こだわってみる。

シンプルに、量、を多く、

という考え。

毎回は難かしい。

でも毎回やり続けると

ある日その+1をやらずに

終わろうとする自分に

「なんでやらないの?」

という問いかけが生まれ出す。

そもそもやらなくてもいいことだけど、

やると自分が決めたこと。

だから、やらない自分に問いかける。

「どうして?」

コンディショニングのためか、

何か他の理由か、

それとも、単なる妥協か。

多くの場合、結論は、

上手くなりたきゃやれよ

ということになる。

どうせやるならその+1

いい感じのものにしたい。

ラスト1本のパスは、

精度の高いもので終わりたい。

それが出せなかったら、

もう1本やる。

それでもだめならもう1本。

いいパスが出せるまでやる。

1本目からこだわった

精度の積み重ね

+1の質につながる。

意識ひとつで質は向上する。

1本のパスも試合を意識するか

しないかで大きな違い。

+1は、+2でも+3だっていい。

それに質がともなえば更にいい。

そしてその質は、

しかるべき方向

向かっている必要がある。

マクロな視野。

時にやっかいだけど、

自分のための+1

目をそらさず、

睨みつけろ。





業務連絡:

土曜日に渋谷ボビーズカフェで

飲んでいたみんな、至急写真を

メール下さい。特に○る氏の

雄弁な垂れ目姿が見たいです。ニコニコ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。