Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:

あばら骨が思った以上に痛むため、本日レントゲン
撮りに病院行ってきました。

昨日の試合中、前半にハイボールを競り合った際、

後ろから相手ストッパーの巨人ナイジェリア人が

飛び膝蹴り。

とりあえず骨折はしてないようですが、ヒビの可能性が
あるため、最終の診察結果は明日か明後日になる
とのこと。


また報告します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近、なぜか試合日のある週末には雨となるシンガポール。
本日も朝から雨。しかも雷雨。試合開始の3時間ほど前
に止みましたが、水はけのいいグランドにも拘らずピッチ
には大きな水たまりがいくつもありました。


こんなピッチコンディションの場合には、ボールが思った
ように走らなかったり、逆に「ピュンッ」と水きりのように
ボールが走りすぎたりするので、コントロールには普段
より気を使います。



さて、以下本日のスタメンの11人。
フォーメーションは4-4-2です。
 
GK         ファイザ
DF  アディ、ボブ、アダム、マンジェ
MF  ハイルー、ボーイ、ロッ、ヨニー
FW       タイ、ヤンディ
 
 
前節で痛めた左膝はほぼ完治。自分(タイ)はスタメンの
FWで古巣Khalsaとの勝負です。


前半は五分五分の試合展開。双方にチャンスがあったものの
互いに決め手をかき、0-0。自分も一発チャンスがありましたが、
シュートはゴール左外で枠をとらえられず。

そして、後半15分頃だったと思います。中盤のミスから
Mountbattenが失点。そこからは失点すると集中がきれる
という我々の悪い癖が出て、そのまま連続してゴールを
許します。結果0-3。

今、チーム状態が非常に悪いです。。
チーム内で、リーグ開幕頃のあのスピリットや一体感が
失われてるのを感じます。僕らは決してうまいチーム
ではなく、結束力で勝つチーム。雰囲気や勢いが大きく
結果に影響します。戦術的にはディフェンス面、特に
中盤のディフェンスの修正が必要だと思うのですが、
対応もなされてない。


そして自分も結果出せてない。
まずは自分から。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日、日本の知人よりDVDが届きました。


以前、今年のJリーグは開幕からKazu の調子がいいと聞き、

Kazuのプレーがみたいので試合をDVDに録画して下さい」

とお願いしていました。


ヴィッセル神戸 vs 横浜Fマリノス。

てっきりTV放映されたものを録画してくれたのだと思っていたら、

どうやら試合会場でわざわざ自分で撮影してくれたようです。

マジ感謝。


その映像には、アップはもちろん、Off the ballの時のKazuの

動きも撮影されていたので、試合を通じた全体の動きが見れ、

とても勉強になります。


ぼーっと見つつ思ったことは、「今、Kazuは何を考えているのだろうか」

とか「どうして今そこに走ったんだろうか」「回りのプレーに対して今の

Kazuはどう感じたのだろうか」といったこと。


プレーのすみずみはもちろん、映像からは見えてこない内面的な

部分もとても気になります。


ブラジルで活躍している頃から今の今でも、メディアに出るたびに、

見入ってしまう選手。「なんでだろう」「どうしてだろう」、と。


何か理由があるはず。

もし、上手くなるための、凄くなるための、サッカーを続けるための
秘訣が今ここに隠されて
いるのなら、なんとしても見つけ出したい。


高校1年生の時、2週間だけブラジルにサッカー留学しました。

おぁー、と、圧倒された感覚を覚えてます。


試合はアンジョンファンの綺麗なキックフェイントからの得点により、

1-0でマリノスの勝利。


それでも、淡々ともみてとれるリズムでプレーするKazuの姿に

力強さがあるのは、、


ハーフタイムは走って控え室にもどってた、、


サッカーがしたくて、30歳をすぎて国外へ移籍、、


そして今も、、



何が。なぜ。何を。どうやって。



DVD、なんどもみたいと思います。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


不満全開モードの前節から
1週間。

今はすっかり機嫌を直して切り替えております。笑


さて、今週末はリーグ日程の都合で試合がありません。
前節で左膝を痛めが自分にはありがたいスケジュール。
まだ膝の奥に違和感がありますが、あと1週間かけて

コンディションを上げてこうと思います。


そんなこんなで、今週末は知人の少年サッカーチーム
にコーチとして
お手伝いに行ってきました。

幼稚園から小学校
3年までの日本人の子供達16人ほどの
こじんまりとしたチームですが、とにかくみんな元気!


30度を越える炎天下の中、2時間の練習をはじけん
ばかりの
パワー爆発!ここのチームの父兄のかたも
協力的で練習中
の雑用などもお手伝い頂き、手作り
&アットホームな雰囲気
があります。


そんなお父さんがたも子供たちがゲームを始めると
少し熱く
なりすぎるようで、自分の息子だけでなく
他人の息子への
応援も激しくなり、グランドでは
選手達(子供達)の声より
も父兄の声のほうが
目立つ時が。。


「そこ、もっと頑張れ!」ぐらいならいいのですが、

「あんた、何やってんだ!」とか言うお父さんも。。

人の息子、しかも小学生つかまえて「あんた」って、、笑

まあ応援するお父さんもそれだけ必死になれるいい
チーム
ということでしょう。


練習が終わった後、子供達の夢中にボールを追い
立てる姿に
たくさんのエネルギーをもらった自分に
気づかされます。
シーズンオフの時など、たまに
コーチのお手伝いをするの
ですが、その度に同じ
思いになります。


何がそんなに嬉しいのかわからないけど、たまらなく
純粋に
ボールを追っかけている。本当に嬉しそう。

ここだけの話、嫉妬しましたね。

あまりにもみんなが楽しそうだから、
コーチだというのに僕もやりたくなって。


自分自身でボールを蹴ってばかりいる僕にとって、
コーチ
という体験はサッカーを違う角度から見れ、
色んなことを
気づかされる時間です。
俺も子供の頃はあんな風だったのだろうか。。
いや、ひょっとすると今も変わってないのでは。。
ああいう局面でこういうプレーを身につけたのか、等々。
また、時間があったらお邪魔したいと思います。


そういえば、子供達は練習終わってもまだボール蹴って

遊んでました。対照的にお父さん達はグッタリ。。
どちらもお疲れ様でした!
  

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


前日の晩の雨により
ピッチの芝の状態は良好。


本日、自分はスタメンの
FWでフル出場。

今日の相手は1st Round(リーグ前期)で自分が得点した
チーム。今回はご丁寧に相手キャプテンにべったりと
マーク
され、90分間マンツーマンのデートとなりました。



前半に
2つのアクシデントです。


1つ目は相手チームの選手がイエローカード2枚により
退場。
これで11人対10人ということで、我々は数的優位に。

これ以降、相手はディフェンシブな試合展開を始めます。


2つ目のアクシデントは前半20分頃。50/50のボールを競り
合い、相手ともつれ合いながら倒れた自分の左膝に上に
相手の体が落ちてきます。その瞬間に自分の膝が曲がって
はいけない方向に少しばかりグキっと(逆膝というんで
しょうか)。。


「これはヤバイかも」と、そのまま倒れること数分。

恐る恐る立ち上がり膝の可動域と痛みを確認。

痛みが出そうな膝の角度がありましたが、それさえ

避ければプレーできると判断してプレーを続行しました。



スコアは0-0のまま後半へ。

その後半、試合は一気に荒れます。


後半25分頃。途中出場の右サイドバックのファッリー
からセンタリング。それをニアサイドに走りこんだ
自分が
ヘディングシュート。ボールがゴールしたか
しないか
ギリギリのところで相手キーパーがはじき
出します。


微妙な瞬間に審判の判定は、、


ノーゴール



Mountbattenの選手とスタッフは猛抗議です。

何よりラインズマンがゴールラインまでもどってなかったし、

主審もゴールから離れている状態でそんな判定を下されたの

では納得いくはずありません。外でみていた人からも試合後
「あれはゴールだ」と言ってたぐらい。


が、もちろん判定くつがえらず。

(サッカーではそう簡単に判定は変わりません)


引き続き後半35分頃。相手のゴール前で我々がオフサイド
ひっかかり相手のフリーキック。早いリスタートから
出された
横パスを自分がパスカットし、そのまま切り込んで
センタリング。
それをゴール前でフリーの相方FWヤンディ
がヘディングで押し
込んでゴール。


しかし!

今度は相手がチームが猛抗議。


なんでも自分がパスカットした横パスはリスタートでは
なくて、
単にボールを蹴る場所にセットするためにチョコっと
触っただけ
だとか。。たわけたことを。冗談じゃない。

明らかなゴールにMountbatten陣営は自信をもって事を
静観しました。


相手の抗議に試合は中断し、主審は線審を呼び寄せて状況の
確認を
繰り返します。およそ5分後、改めてジャッジが。



ノーゴール



なんだよ、それ!

ふざけんなよ!


試合はそのまま終了し、0-0

普段は試合後に審判団と握手して終わるのですが、今日は

それどころじゃない。ふざけてる。試合後のブリーフィング
後も
気持ちは静まらず。自分も含め回りはしばらく騒然と
してました。



審判も人間である以上ミスジャッジすることもある。

こういったことも全部ひっくるめて絶対的な強さを
目指して
勝ってかないと、、というのは頭ではわかりますが、
気持ちは
そう簡単にいきません。


オフで体を休めつつ頭も冷やすとしましょう。


左膝ですが、試合後の時点で膝の奥で痛みがあります。

今日はアイシングして、オフ明けの状態をみたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Nike Air Legend FG

日本から新しいスパイクが到着!

練習で何度か試し、フィットしてきたら試合で履こうと思ってます。

何故だろう、いつも新しいスパイクが手元にくると気分がうかれます。
超ー、嬉しいのです!昔からそうなっちゃうんです!
グランドで履く前に部屋の中で履いてウロウロ歩き回ります。
早く自分の足型にしたいし。


スパイクは大事な用具なので定期的に磨いたりして手入れ
するの
ですが、それがまたお気に入りの時間!小学生ぐらい
の時は面倒
臭かったんだけど今ではスパイク磨きは僕にとって
大切な時間です。


磨いていると自然に色んな楽しいことが頭に浮かびニヤニヤ
しちゃ
います。傍から見ると怪しいかも。。


KAZUのまたぎにみとれながらPUMAを。ラモスのテクニックや
バレージのポジショニングを凝視しつつASICSを。バッジョの
ゲームメークに驚嘆してはDIADORAを。皇帝ベッケンバウアー
凄いと聞かされADIDASを。


昔はスパイクの性質そのものよりも、自分の目標とイメージを

だぶらせシューズを選んでいた要素が大きかったと思います。

使ってきたスパイクにはそれぞれにその時の記憶があります。

悔しかったり、嬉しかったり、情けなかったり、楽しかったりが

いっぱい詰まっている。何より自分が精一杯サッカーした証。
だから履けなくなってもなかなか捨てれない。。

昔よく靴棚を見ては母親に怒られました。

「邪魔だから履けないクツばっかり増やすんじゃない!」

でも日本の実家には、まだ昔のスパイクどころか練習着や
レガース
や小学生の時のユニフォームまである。。

お母様ごめんなさい。笑

ここ数年は、足首の持病をケアしたいのでクッション性のいい
NIKE社のシューズを履いてます。ランニングシューズもNIKE。


学生サッカーを終え、就職も含めた次の道を模索していた頃、
友人の草サッカーに参加した日がありました。

たしかその晩もスパイクの手入れをしながら、当時将来の選択に
混沌としていた自分の心がゆっくりと静まっていくのを感じ、理由も
わからぬまま目頭が熱くなり、でもいつものように嬉しくニヤニヤ
しながら、誰かが後押ししてくれたかのように自分の今後の選択に
ついて腹をくくることが出来た不思議な瞬間がありました。


これで何足目なんだろうか。
今日も思いをこめて大事に磨ける。
今に感謝。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

大学サッカーの同期で活躍している選手を紹介します。



今所属しているチーム Jリーグに上げるべく戦ってます。


 

大学時の彼について何より印象的なのは、サッカーに対し
の正直で誠実な姿勢。その分、理不尽なことがあると
キレてたなー(笑)。

 

いつだったか2対2の対人練習で一緒に組み、疲労により
足の止まりかけた自分に対して、彼が怒鳴るように叫んで
きた
「止まるなぁー!」というコーチングの声を、その声色や
トーンや
声の大きさまで全てを未だに覚えてます。
トラウマですかね。本人忘れてると思うけど。。


あと、グランドの外で彼を含めた同期みんなでやった数々の
馬鹿騒ぎも、
もちろん。

 


活躍している仲間の存在は何よりの刺激です。


最近彼から届いたメールに「まだまだ」という言葉が
書いてありました。



そう、まだまだ。

 


しばらくご無沙汰してるけど、またいつか騒ごうぜ!


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日よりリーグ後期のスタートです。


 

今日は終日の雨。試合直前に雨は止んだもののグランドは
ぬかるみ6本スタッドのポイントスパイクを用意して後期も
幸先のいいスタートを
きるべく試合にのぞみました。

 

自分はスタメンのFWでフル出場。今日の相方FWはヤンディ。

彼は引いてボールを受けてドリブルをしかけるプレーを得意と
するタイプ
のため、彼と組むと自分は1トップ気味で前線の
スペースを走りこむ
またはスペースを作る動きが多くなります。

 

試合は前半、うちのパスミスからカウンターを受け2失点。
この時点では
気持ちの焦りはなく、自分達のサッカーをやれば
追いつける自信があり
ました。



ところが後半に入ってまたもミスから失点し、0-3。

チームの雰囲気が一気に沈みます。



流れが変わったのは後半25分。
中盤からのスルーパスをスペース受けた自分が飛び出してきた
キーパーをかわし、その直後に
中央へセンターリングを折りかえ
します
。これを相方FW
ヤンディがボレーシュートを決め、1-3。

続けて後半30分、ヤンディのドリブル中央突破に対して自分が
スペースを
作るおとりの動きをし、その空いたスペースで左MFの
ハイルーがパスを
受け、ゴール左隅にシュート。これで2-3。


この時点で完全にうちのペースです。勢いづいた攻撃陣は
どんどんボール
を要求します。

 


 

ところが、です。

 

 

 

後半40分頃、足のとまったうちのDF陣がザル(ザルが簡単に
水を通すこと
から、敵に簡単に突破される様について「ザル」
といいます)になり、失点。スコアは2-4。



以降は得点できずそのまま試合終了。



唯一の好材料は失点後にも得点できたこと。前期のチームに
これは無かった。この流れを結果につなげないと。



試合後、そして今も、勝てないことに強い苛立ちを感じております。

でもそれは自分に向けるとして、顔を上げ、ボール蹴る。

OFF明けから切り替えていきます!




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

休みの日は体を休めつつ映画やら読書をして過ごすことが
いです。先日のOFFも映画を観にいきました。しかも2本。


1本目は「Interpreter」

英語の内容が難かしくストーリーをあまり理解できなったですが、
ショーン・ペンはシブクていい感じだったなー。ちなみにこちらで
洋画を見る時は、英語の会話に中国語の字幕がつきます。

感想は、俺ももっとマレー語勉強しないとなー、です。


2本目は「Coach Carter」
こちらはスポーツ系で、スカット気持ち良く観れましたね。

勉強になることもあったし、勝利するために勝利者たる姿勢を
学ぶ
ところなんかは共感しました。


今回は本も一冊一気に読破!読んだ本は、日本から送って
もらった「渋谷ではたらく社長の告白 」。筆者はこちらのブログ
運営
されている企業のボスですね。以前日本でお世話
なっていたIT系の
会社でこれらの業界と接点があったため、
親近感を持って読めました。とにかくスピードの速い毎日
だった
のを思い出します。

ということで、久しぶりに頭を刺激しつつリラックスできたOFFを
過ごせました。
あとは早くタラコ唇が治らないかなー。。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前節でリーグ前期が終わりました。


後期をむかえるにあたり、自分の整理のために少し
振り
返ってみようと思います。


前半はチームも個人も勝利と得点という結果を出せ、

いい流れを作れました。これについては良い立ち上
がりで
スタートを切ることが出来、上出来だったと
思います。
ただリーグ中ごろより引き分けの試合が
続き、後半の
強豪チームとの対戦が始まったあたり
で思ったような
結果が出せず苦しい展開となりました。


チームとしては、引き分けの試合の際には先制して
から
追いつかれるパターンが多かったです。また、
負け試合も
一瞬の集中の切れから失点というパターン
が多い。これらは日々のトレーニング
から全員が
意識するしかないです。あとは攻撃のバリエーション。


自分個人の課題は得点力のアップ。これにつきます。

チームが苦しくても自分の一発で結果が出ればそれでいい。

引き分けの試合なら自分がもう一点。負けてる試合
なら
自分の得点で追いつけばいい。

個人としては、その目的のために日々のトレーニングを

これからも積み重ねるだけです。満足することなく、

工夫も加え、継続する。
昨年よりフィジカル面では手応えがあり、チーム内でも
ある程度の
評価を受けてますが、この部分はもっともっと
上げていきます。


外人で、かつFWというポジションの自分は○×が
はっきり
する状況に置かれてます。要は得点。

得点がなくてもいいプレーについて声をかけられる
場合も
ありますが、結局FWの評価は得点だし、その
結果次第で
次もチャンスが与えられるか、もしくは
もうチャンスは
与えられないかが決まるもの。
結果出せなかったら次はない
という基本原理の上に
成り立つ。


サッカーは
11人でやるもので各自に役割があります。
FWは得点。


そして、チームにおいて外人はローカルの選手よりも

結果を出して貢献するのが当然の役目。


プレッシャーは大きいけど、それは必ず自分を成長
させてくれる
。大切なのは今に目をそらさず睨みつ
けて乗り越える
こと。ストレスもデカくなる時があ
るし、経験したことない類の
困難や理不尽にも遭遇
しますが、
それも挑戦。絶対に得るものもデカいはず。
何がおきたって、自分のためにやってるんだから、
前を向いて進むしかない。
立ち止まる暇があるんなら練習しろ。


あっ、もう一つ課題を発見。

自分のパフォーマンスが悪かったり、負け試合の後
などはえらく
気持ちが荒れて不機嫌になり口をきか
なくなること。笑

そしてその夜は眠れないのです。
1~
2時間おきに目が覚めます。。

まあ当日はいいけど、翌日には引っ張らないように
しようと思います。
つまりは気持ちの切り替え。これ大事。
切り替えて、翌日からは新たな気持ちでいくべし。


そして何より体の管理。

日々の疲労、後半戦に負った筋肉系の負傷、前節で受けた

ひじ鉄による唇の裂傷(タラコ唇になっちゃってます。。)。

治療も含めた日々の自己管理はここから更に重要になります。


以上。


さあ、

ここから後半戦、いきます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。