Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


テーマ:

本日がリーグ戦前期の最後の試合となります。

相手のSRCは自分が2年前に所属したチームです。

 

試合結果です。0-3

前半で2失点。2点ともうちのミスからカウンターを受け、

失点。後半の1失点も同じ形。自分達で自分の首をしめる

ような試合展開となりました。

 

自分はスタメンのFWでフル出場。

シュートは打ってる。でもゴールしなきゃ意味がない。

攻撃については、チームとして色々な課題があるけど、

自分の立場から言えるのは、FWの俺が点とればいいこと。

それで問題のほとんどは解決できる。
あとチャンスを増やすために回りとの連携を充実させる。

 

たとえ先制点をくらってチームの雰囲気が沈んで流れが

悪くなったとしても、自分が一発決めればそれで盛り返す、

それだけのこと。それが自分の仕事。

 

3連敗について、今は何も言うことないです。

自分もチームも、驕った気持ちや甘えがあるならば全てを
捨てて、一から謙虚に
やり直すしかない。

 

勝ち続けている時は何も問題ないですが、負けてくると

チーム内でも色んなことがでてきてストレスも生まれます。

組織とはそういうもんだと思います。

 

大事なのは、そういう状況でも周りに惑わされずに前に

進むこと。目標を再確認してそのためのみにエネルギーを

注ぐこと。ネガティヴさを一切排除する前向きな強い意志。

自分を信じて毎日を大切に積み重ねること。

 

いい形で前期を終えたかったけど、こうなってしまった

結果はもう変わらない。切り替えて行くしかないです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の相手も本リーグで強豪とみなされている
チームで
、毎年前節の相手とチャンピオン座を
争っています。
現在リーグ2位の我らMountbatten
の対戦を前に、前節の試合で偵察に来てました。

 

試合結果、0-1の負け。

失点は後半にフリーキックから。ファウル直後の
リスタート
のケアが出来ておらず、即座にチップ
キックでゴール前に
パスを出され、ドフリーの相手
FWが楽々とヘディングでゴール。

 

自分はFWのスタメンで出場。

前回の課題とするシュートを意識してプレーしましたが、

ゴール出来ず、後半ラスト10分で交代。

 

負け試合の後は人と話す気がしません。

 

ウダウダ言っても始まんないで、結果出すだけです。
切り替えて次行きます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の対戦相手は、今のところ無敗でリーグトップを
独走中
のチーム毎年優勝候補としての定評があります。

試合結果は0-2の負け。
2失点はうちのミスを相手につかれた形でやられました。

チャンピオンチームとの対戦を前にチームはいい雰囲気で
のぞめましたが、勢いだけで勝てるほど甘くはないです。

チームとして、攻撃及び守備での各選手の共通理解や
その浸透度の差がゲーム内容に出ました。

今期、初の黒星。
個人もチームもこの敗戦をどうやって次へ前向きにつなげるかです

自分はスタメンのFWでフル出場。
チャンスは一度だけありました。
その一度で結果を出すのが自分の仕事。

ゴールにつなげられ
なかったことと、チャンス自体を増やす
ための
プレーが今回の課題。

切り替えてオフ明けの練習からいきます。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「You die or he dies! (お前が死ぬか、相手が死ぬかだ!)」

Mountbatten FCのスタッフには元シンガポール代表選手が
います。
オスマン・バル(写真:最前列左端)。御年60を超える
彼は、
そのフットボーラーとしての実績と、若い選手達とも気軽に
そして率直に接する人柄により皆に
慕われ、リスペクトを受けて
いる我がチームの大老です


     Mountbatten FC (2005) Ⅱ

もともとマレー民族は年上を敬うカルチャーがあるのですが、元代表
選手というのにもかかわらず、チームでドリンクの用意やユニフォームの
準備などを率先して実践する彼は、フットボーラーみんなの手本です。

彼のチームやサッカーに対する姿勢を目の当たりにすることにより、
若い選手達も自主的にチームという組織を色んな面からサポート
しようという意識が芽生え、伝染します。

普段は温厚なオスマン・バル。挨拶の時はいつも顔には優しい
笑みを
たたえ、何かと若い選手をからかい冗談で笑わせています。

そんな彼も試合の時だけは豹変。
特に負けていると無茶苦茶機嫌悪いです。。

FW出身の彼は、FW陣に特に厳しい。
FWのパフォーマンスが悪いと、ハーフタイムで監督とチームの
ブリーフィングが終わった後に個別に呼び出され、説教、
いやいや個人指導を頂くこととなります。

かくいうFWの僕も随分とご指導頂いております。。

彼にかけてもらったたくさんの声の中で一番心に刻まれたもの。

 

「いいかTai、FWの秘密を教えてやるからよく聞け。FWはボールを
  もったら恐れることなく前を向いて勝負しろ。その後は、 

 You die or he dies! (お前が死ぬか、相手が死ぬかだ!)

シンプルだけど、それが真実。


そうだよね。オスマン。

FWが前向いて勝負しなきゃ、ゴールはない。
ゴールがなければ勝利はない。

試合後も、彼の顔にいつもの優しい笑顔があるように、
前向いて、勝つまで勝負します。
  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

試合前 (10 Apr 05)

本日は今シーズン初のナイトゲーム。19:30よりキックオフ。

常夏のシンガポールでは日中の最高気温はもれなく30度
越えるため、デイゲーム(といっても17:00キックオフ)では
暑さに
よる体力の消耗が激しいです。

ナイトゲームでも高温多湿であることに変わりはないのですが、
太陽の出ているデイゲームに較べたらよっぽどマシ。
体はかなり
動けました。

試合結果は1-0の勝利。接戦の中、得点は後半に。
ペナルティエリア内でFWの相方ヤンディが相手DFの蹴りを
胸に
くらいファウル、そしてPK。キャプテンのボブがそのPKを
確実に
ゴール。

その時、PKを蹴りたかった自分はヤンディが倒れた直後に
ボールを
抱えてPKスポットに自分でボールをセットし、
「俺が蹴るぞー」と
アピールしてたのですが、ベンチからは
主将に蹴らせろという指示。

蹴りたかった。。
試合後にキャプテンのボブから「お前PK蹴りたかったの
ミエミエ
だったぞ。欲張りな奴だなー。」とみんなの前でから
かわれました。
いや、本当に蹴りたかったんだって。

そのまま試合終了で3試合ぶりの勝ち点。
試合に出てないメンバーも含めチームに関係するみんなの
ためにも、勝利という結果が出せてよかった。

ただ、こういう試合は少し複雑です。試合に勝ったの嬉しい
けど、
自分が得点をとってないから素直に喜べない。
やっぱり得点という自分の仕事をしてこそ。

試合中に流れの中でチャンスはありました。
そこで結果出すために、また明日から日々のトレーニングを
大切に
積み上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Mountbatten FC (2005)

   ①マレー民族である

   ②マレー語が話せる
   ③イスラム教徒である

自分が所属するMountbatten FCの選手達(自分を除く)
及び
スタッフ達の3つの共通項です。

ちなみにシンガポールという国は、中華、マレー、インドなどの
複数の民族が混在する多国籍国家(一番多いのは中華系)
ですが、サッカーの競技人口ではマレー系が大半を占めます。

ということで国の公用語は英語なのですが、我がチーム内の
コミュニケーションは80%がマレー語で20%が英語です。
ミーティングでは「Tai(自分のこと)がいるから英語で」と気を使って
くれる
ものの、2~3分後にはほぼマレー語になってます。。

最初の頃はさっぱり言ってることがわからず目が点でした。
でも今は少しづつ内容がわかるようになり、特に試合中の会話
では自分もできる限りマレー語を使うようにしてます。

ただし自分のマレー語はかなり幼稚なレベルのため、
「私、走る!あなた、蹴る、前!」という内容になってるはず。

同じ言葉でコミュニケーションを取る努力をすると、信頼関係が
出来あがるスピードが違います。英語で「パスをくれ」というより
マレー語で言ったほうがパスが回ってきます。本当に。

シンガポールにおけるマレー民族の特徴として(自分が知る
範囲ですが)、みんな仲間や家族をとても大切にしてます。

冒頭の3つの共通項に当てはまらない唯一の外人である僕は、
当初に何度も居心地の悪い思いをしたことがありました。

でも今となっては「よう兄弟(bro)!」という具合です。

最近チームで流行ったのは名前の「さん」づけ。
いつもはTai(タイ)と呼ばれている自分の名前を誰かが
「サイトーさん!」と呼んだのをきっかけに、自分達の名前まで
「マディーさん!」「ヤンディーさん!」「ズルーさん!」と
呼びあっては笑っていました。
妙な光景です。笑

試合では熱くなりすぎて、たまに相手と乱闘になりかかることも。

自分が好きなのは、試合に勝った後に皆と過ごすシャワールーム
での時間と、その後に仲間達で食べるメシ。

このチームで、もっともっと勝って、たくさん美味いメシを食います。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちのチームではスタメンの発表が試合直前に行われます。

ウォーミングアップ後に監督が最後のブリーフィングを行い、
その後にアシスタントコーチのラマンからレギュラー11人の
アナウンス。一番後ろのポジションであるキーパーから順に
発表されるため、FWの僕は今まで最後に名前が呼ばれて
きました。

ところが今日は違いました。

名前を呼ばれたのは最後ですが、今日のポジションは右のMF。
前節で怪我したレギュラーMFであるヨニーの回復が間に合わ
なかったため、自分をMFに配置し、FWには前節サブだっ選手
を投入。

シーズン前はMFでのトレーニングもしてましたが、シーズン
始まってからずっとFWできてたので正直驚きました。回りの
選手達はもっと驚いていたようです。が、僕自身はすぐに
気持ちは切り替わりました。どこのポジションで出ようとも
やることはサッカー。結果を出せば勝ち。試合に出れなくて
悔しい思いしている選手もいる中、いつもとポジション違う
からって動揺している暇はないです。

ただ、さすがに久しぶりのサイドMFだったため試合中は
ポジショニングに苦戦しました。監督は僕のサイド突破を
期待
していたようですが、前半はいい位置でボールに触れず、
また
守備についてもDFとの連携が不安定で、お世辞にも
いい
パフォーマンスとは言えなかったと思います。

驚いたことに、監督の指示により前半途中で左のMFに
ポジション
チェンジ。理由は左のMFのハイルーの調子が
悪いからということ。
もともと彼は右利きの右MFで今回は
左足でのプレーにいつもプレーが出来てなかったようです。

という僕も左利きではないのですが、そもそもポジショニング
苦戦していたのであまり関係なく左でプレーでき、後半
には少し
づつ安定してきました。

最初の得点はその後半です。試合時間残り10分ぐらいの
時間帯で、ポジションチェンジした右MFのハイルーから
センタリング。
ファーサイドで狙っていた僕の前に。そのまま
自分がジャンプヘッド
して左隅にゴール。後半に入って相手DF
のマークがゆるくなってた
所を狙い通りです!

しかし、喜びのつかの間その3分後、相手にサイドをくずされ
同じ
ようにヘディングでゴールを奪われ同点。そのまま試合終了。

チームはこの3試合を連続で引き分け。得点後の集中力の
欠如
というチームディフェンスの課題が明確になりました。

試合後のチームメイトとの会話では、いろんな改善点が出て
たけど、
今回は気持ちの問題が大きいと思う。

日々のトレーニングから厳しくやるしかない。
こんな思いしたくないならやるしかない。

強いチームが勝つんじゃなくて、勝ったチームが強い。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。