Last More -斉藤泰一郎 ブログ-

Blog "Last More" since 2005
サッカー人として。

東南アジアでサッカー事業に取り組む日本人のブログです。


   tai TopPage

たくさんの人々のおかげで今の自分があることを忘れずに、
自分の中にあるものを強く信じて勝負したいと思います。
数ある選択肢の中からこのページにアクセス頂いたことに
感謝いたします。       

                      2005年 斉藤泰一郎



Last More-GFA  Last More-Rebola

 Global Football      Rebola (リボーラ)
   Academy         ボールでつながる







テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、

 

カンボジアの首都プノンペンにある

 

オリンピックスタジアムで

 

カンボジア vs インド という

 

国際親善試合を観戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムは満席。

 

メインスタンドのチケット価格は$2.5。

 

Clear(ユニリーバ)が大きなスポンサーということで

 

選手入場時にはライトアップ、

 

そしてキックオフ前のセンターサークルには大きな円形のバナーが。

 

同国で6万人が集まるイベントはまずありません。

 

カンボジアの国歌は荘厳な印象のメロディーで、

 

大観衆の斉唱はなかなかの圧巻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合についてはカンボジア代表は敗戦となったものの、

 

私見としてはレベルがあがってきているように思います。

 

低いラインでもビルドアップでボールロストが少なく。

 

現在タイのリーグでプレーするティエリ選手が配球のハブになり。

 

攻撃についてアクセントとして感じたのは、

 

現在J3所属のチャン・ヴァタナカ選手と

 

国内リーグで首位を走るSvay Riengに所属するモニウドン選手。

 

3トップでポジションを変えながら攻撃の起点に。

 

10年前にインドと対戦したときは0-6だったとか。

 

今回は2-3。

 

内容も結果も前進が。

 

この試合は翌週のアジアカップ予選にむけたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムのサポーターの反応も。

 

徐々にですがサッカーのいいプレーを楽しむ傾向が

 

垣間見れました。

 

数年前から始まった代表ブーム当初は、

 

ボールのあるところのその瞬間のインパクトの大小で

 

スタンドが反応していた感じがありましたが、

 

この前の試合ではその前後や周辺も含めた部分にも

 

反応を感じました。

 

みんな目が肥えてきたのか。

 

もちろん前述の選手達にボールが集まると

 

会場のボルテージはあがります。

 

サポーターの期待通り、

 

1点目のアシストはモニウドンのドリブル突破から、

 

そして2点目はチャン・ヴァタナカが左足で。

 

 

 

 

 

さてそのカンボジア代表、

 

本日アジアカップ予選でAwayでヨルダンと対戦。

 

 

 

 

カンボジアは最近になって

 

代表が新監督に。

 

ブラジル人の新監督にとって初の公式戦。

 

 

 

 

首都プノンペンでは、

 

カンボジア国内リーグにも自前のチームをもつ

 

Nagaホテル&カジノの企業が、

 

今日の試合についてパブリックビューイングを企画するとか。

 

国民の期待が感られます。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月、卒業の季節。

 

そして、

 

海外に暮らす日本人にとって

 

3月は別れの季節。

 

 

 

 

卒業する選手、

 

帰国や転勤で移動する選手達。

 

新たな旅立ちですね。

 

 

 

 

写真はそんあ卒団や退団時にプレゼントする

 

メッセージカード。

 

 

 

 

 

自分のメッセージはいつもこれ。

 

Last More!

 

 

 

 

 

今までの感謝と

 

まだまだここからの思いをこめ。

 

またいつかどこかで会えることを楽しみに。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポール代表デビューしました。

 

はい、嘘です。笑

 

 

 

 

先日、シンガポールの

 

サッカーCP代表チームの練習に参加しました。

 

CPとは、Cerebrral Palsyの略で、脳性麻痺のことです。

 

 

 

 

2013年から

 

CPチームの活動について

 

企業に応援を頂きながら

 

定期的にサポートさせて頂いており、

 

練習のコーチングや

 

練習試合などに取り組んでいます。

 

 

 

 

会う度に刺激をもらう

 

貴重な時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は先日の練習試合時に。

 

今年はPara Sea Gamesという東南アジアの大会に

 

参加の可能性がある同チーム。

 

 

 

 

彼らとボールを蹴り、

 

学ぶところがいっぱいあります。

 

今自分にできること、

 

いっぱいあるよな、と。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

先週、日本でJリーグが開幕しましたね。

 

そしてシンガポールリーグも開幕しました。

 

 

 

 

 

今朝のシンガポールのTVニュースで

 

National Stadiumに15,000人以上の

 

観客が集まったという報道が。

 

毎年試合ごとの平均集客が2,000人前後で

 

あることを考えると、集客としては大成功の

 

スタートなったようです。

 

この継続がなるか。

 

これからが大事です。

 

 

 

 

 

ということでいたるところでリーグがスタート。

 

 

 

 

さて

 

その東南アジアの各国サッカーリーグについて

 

面白い記事を見つけました。

 

Fox Sportsが発表した記事で、

 

東南アジアの各国サッカーリーグについて

 

以下のようなランキングがなされています。

 

 

 

 

ランキングについて

 

しっくりくるものもあれば、

 

個人的な評価との違いを感じるところも。

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

 

 

何かきっかけがあれば大きく変わる東南アジア。

 

ここ数年で一気に伸びてきている国もあり、

 

逆に一気に停滞している国もあり。

 

一番評価の高いタイと

 

一番評価の低いブルネイ&ラオス。

 

経済状況やその他の要素も深く関係してきますが、

 

その差は実はAとDほどの開きはないのかな、とも。

(ラオスはまだリーグ開幕のメドがたっていないようです)

 

そしてBやCの国々からは

 

これからの成長の可能性をひしひしと伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

タイ A-

シンガポール C

ブルネイ D

ミャンマー B

ラオス D

フィリピン B-

カンボジア C

インドネシア B-

 

 

 

 

 

 

こうやって

 

東南アジアの各国リーグが話題になっていくこと自体、

 

いい循環だと思います。

 

今年1年の各国の動向、

 

そして来年のランキングが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちらから。

記事1

記事2

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
本日より開幕するカンボジアリーグについて。
 
 
 
 
 
 
毎年成長を感じるカンボジアサッカーですが
 
今シーズンも開幕前からまた新しい変化が。
 
 
 
 
特に強く感じるのは各チームの情報発信について。
 
SNSをつかって、
 
練習試合、ユニフォーム、選手移籍、監督就任、
 
これらのことをとても積極的に情報発信している
 
ことが見受けられます。
 
昨年までと圧倒的に情報量違いを感じます。
 
 
 
 
チームによってはホームグランドの整備が進んだりと
 
前述のSNSでの取組みもそうですが、
 
観戦する側をより意識した活動、投資が少し進んでいるようです。
 
ここ数年で国内にサッカー専門の情報サイトも開設されたり。
 
 
 
 
プレシーズン中にすでに5チームの監督が
 
交代されたというニュースもあがりました。
 
これを不安定な運営とみるか、
 
外国人監督も含めた活発な人材の流動とみるか。
 
 
 
 
同じくプレシーズン中に
 
隣国のシンガポールより2チームを招待し、
 
カンボジアより2チームの参戦でカップ戦を開催。
 
タイより強豪チームと親善試合が開催されたり。
 
 
 
 
最近では
 
昨年優勝チームのBoeung Ket Angkorから
 
ストライカーがJ3に移籍したというニュースも。
 
 
 
 
そんななか、
 
現時点でリーグには日本人選手が今年は
 
10人登録されています。
 
そして同国のサッカー協会には日本人の方が3名おられ
 
カンボジアサッカーの発展に尽力されています。
 
 
 
 
ホーム&アウェーも本格化する予定の今季。
 
早速本日はシュムリアップで開幕戦が。
 
 
 
 
今後の展開、
 
楽しみにしたいと思います。
 
 
 
 
 
以下は今シーズンにリーグに参加する12チームとなります。
 
 
Asia Euro United
Boeung Ket Angkor *2016シーズン優勝
Cambodian Tiger
CMAC United
Electricite du Cambodge *2部より昇格
Kirivong Sok Sen Chey *2部より昇格
Nagaworld
National Defense Ministry
National Police
Phnom Penh Crown
Preah Khan Reach Svay Rieng
Western Phnom Penh
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カンボジアの孤児院にお邪魔しました。
 
 
 
 
子供たちとサッカーをして遊んでもらいました。
 
 
 
 
帰り際に、はい、と子供から花をもらいました。
 
 
 
 
孤児院の庭に咲いているものをつんでくれたようです。
 
 
 
 
とてもきれいだなーと。
 
 
 
 
ありがとう。
 
 
 
 
また行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コーチも今日はいっぱいサッカー頑張ったからあげるー。
 
 
 
 
と、練習後にお菓子をもらいました。
 
 
 
 
幼稚園児のスクール生から。
 
 
 
 
う、嬉しい。
 
 
 
 
次回ももらえるようにコーチ頑張ります。ニコニコ
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
チャイニーズ・ニューイヤーを迎えました。
 
自分が住むシンガポールでは
 
昨日一昨日とお休みモードで
 
お店も閉店。
 
やっと今日から一部の店が営業を開始しました。
 
 
 
 
ということで明けましておめでとうございます!
 
だいぶ遅めですね。あんぐりうさぎ
 
 
 
 
不定期掲載の本ブログ。
 
よく現役の若手サッカー選手に、
 
「ブログとか書いたほうがいいぞ。
 
自己表現とか、思考の整理とか、コミュニケーションとか、
 
勉強になることいっぱいあるから。」
 
などとえらそうに言う割に、
 
本人が2ヶ月ぶりの掲載。汗
 
 
 
 
今年も不定期になるやもしれませんが、
 
ぼちぼち継続していきたいと思います。
 
 
 
 
昨年末最後のイベントを
 
12/31にカンボジアで終え、
 
今年も年明けからあちらこちらで
 
活動させて頂いております。
 
新年も賑やかで素敵な1年にすべく。
 
 
 
 
皆様今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
追伸:
facebookのほうでも
ぼちぼち投稿させて頂いております。
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末にバンコクで開催するF-Asia。

 

今回で6回目となります。

 

 

 

 

F-Asiaとは、

 

在東南アジアのサッカー/フットサル好きの

 

日本人選手達が参加する年に1回の

 

大フットサル大会。

 

みなさん各地でそれぞれの仕事に携わりながら

 

フットサルをされていて、

 

企業勤務の方や、

 

独立し事業をされている方、

 

研究職の方、

 

その他様々な社会人の皆さんが大集合のイベント。

 

6回目となる今回は20チームがエントリー。

 

参加国は数え間違えがなければ13カ国から。にひひ

毎年ボリューム増で、

 

間違いなく東南アジアでは最大規模の

 

日系コミュニティフットサルイベントになりました。

 

 

 

 

もちろん大会なので皆さん真剣に試合にのぞみますが、

 

そこにはたくさんの出会いもあって、

 

チームをまたいで

 

初めましてもあれば

 

去年対戦したチームとの再開や、

 

転勤して他のチームに移籍した仲間に出会ったり。

 

 

 

 

 

この大会、

 

こういう出会いやつながりというのが

 

醍醐味のひとつなのでは、

 

と、主催の立場としては感じております。

 

因みにその主催は、

 

自分を含めた運営委員会のメンバーのみんなで。

 

 

 

 

 

前夜祭、大会、打ち上げ懇親会と

 

様々なコンテンツも。

 

 

 

 

 

 

 

そうはいってもどこが強いの?!


毎年気になりますよねー。グラサン

 

ということで

 

参考までに2015年の順位表をこちらに。

 

 

 

 

優勝   広州1
2位  バンコク2
3位  華南
4位  シラチャ
5位  マニラ
6位  バンコク1
7位  青島
8位  ジャカルタ
9位  ビエンチャン
10位 プノンペン
11位 シンガポール2
12位 クアラルンプール
13位 ソウル
14位 東京
15位 ペナン
16位 コロンボ
17位 デリー
18位 深セン
19位 シンガポール1
20位 広州2

 

 

 

 

 

さあ、今年はどんな展開になるのでしょう。

 

そしてどんな素敵な出会いがあるのでしょう。

 

参加者の皆さん、関係者の皆さん

 

盛り上げていきましょー!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコクより更新です。

 

週末のイベント実施に向けた準備のため

 

こちらに移動しました。

 

 

 

 

ご存知の通り、

 

タイではプミポン国王が先月に崩御され、

 

1ヶ月間を喪中とされていました。

 

 

 

 

あれから1ヶ月を経過し、

 

現地事情も安定してきたということで、

 

その事情を理解し尊重する姿勢をもって

 

今回イベントをやらせて頂きます。

 

 

 

 

そのイベントについてはまた掲載したいと思います。

 

 

 

 

現地のほうですが、

 

空港から街中にむかう大きな商業用の広告看板に

 

大手企業の広告と差し替える形で、

 

亡き国王を追悼する主旨のものが掲載されていました。

 

いくつも。

 

タイ国民に愛され尊敬されていることが伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ滞在わずかですが、

 

街中もほぼ正常、とういのが第一印象です。

 

当初は大きなインパクトが予測されましたが、

 

政府が経済活動は止めないようにというメッセージを

 

出したことも大きいようです。

 

そして、ところどころで哀悼の意を示す黒色が見かけられます。

 

こちらの写真は空港の両替所ですが、

 

その主旨の黒と白の布による装飾が。

 

 

 

 

 

 

 

 

この先の展開として

 

王位継承について

 

穏やかではない時期を迎える可能性も、

 

という話しも現地にて伺いました。

 

 

 

 

 

メディア経由の情報と、

 

自分の五感から直接入ってくるもの。

 

 

 

 

 

確実に動いている今。

 

現地事情、もっと勉強させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

そして今回もまた、

 

特別なイベントにしたいと思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。