今日は雨でございます。

過酸化脂質の続き
なんで僕が気になりだしたかというと


酸化された脂質は細胞を損傷させてしまうらしい。
{263AAA7C-A7F0-46F2-9C6E-845572BCB103}

ウィキペディアより。
実際、過酸化脂質除去後の毛母細胞は活動が活性化するらしい。
また、脳からも脂質はでていて、基本は下に下って身体で分解されるものの、皮脂量にも影響しているらしい。

頭に溜まった過酸化脂質は髪の毛母細胞にもダメージを与えるが、脳にも影響があると。
過酸化脂質の発生には、活性酸素の関わりも大きい。
{672B8D66-104C-45A9-B30F-5BCE9EA8A615}

食事とか生活の乱れで処理しきれなかったものが溜まっていくんですね。

なので美容的な視点だけでなく、健康維持としても頭のデトックスが超重要なんじなゃないかと思うんです。






AD
いつもありがとうございます。
ここしばらく

ブログをサボリ気味だったのですが、
一年の後半に入りましたので ボチボチと。

最近、改めて過酸化脂質がとても気になってます。

過酸化脂質とは、皮脂が酸素に触れて参加して固まったもの。

抜け毛や細毛の原因になることは有名な話。
しかし本格的に過酸化脂質の対策をしている方がどれだけいるでしょうか?
過酸化脂質は通常のシャンプーではとれません。
シャンプーでは、表皮上にある脂はとりますが、
毛穴の奥の汚れは界面活性剤の性質上難しい。
界面活性剤は汚れを浮かせて包んでとる
ですが、毛穴の深いところに埋まった過酸化脂質は浮かばない。
クレイ系の泥パックとか、イオン分解系の洗浄剤を使って毛穴の中の過酸化脂質は引っ張りだしてとる
作業が必要になります。
メーカーでは月1回のサロンケアが目安といいますが、毎月定期的に過酸化脂質除去をしている人はほとんどいない。しかし大人の頭皮ケアは、実は月に2回とか3回とか必要なのではないか?と考え始めてます。


AD

学びは楽し

テーマ:
いつもありがとうございます。
今日はカラー講習西海塾の講師三回目。
{8B2D60B2-CFA4-4162-AE8A-B9A379D546FE}

{15EA03D6-1672-4198-BEF3-F568CEC02680}

毛先に残った残留色素を除去して、カラーオン!
低いダメージで高いクオリティーを作れました!

無理に1プロセスの施術にこだわることなく、2プロセスに分けた方がいいパターンもある。
一番大事なのは、目的と手段がぶれていないかどうか?
勉強するほど、カラーの世界は深くなりますねー。

AD