小川山水晶紀行①

テーマ:
ブログの更新が滞っている中、鉱師さんからいきなり「今週の日曜空いてますか?水晶がザックザクの所に行きます。」とLINEが来た。

決行日は4/22(日)で本当に直近の事なのだが、本体もSDカードも容量がパンパンなので先にこのネタから更新しようと思う。

ラパケシの都合でちょうど探索がキャンセルになったタイミングの良さもあり、水晶好きなか~み~としては断る理由もないので二つ返事で快諾し当日を迎えた。


長野の朝は寒い…。今回参加するにあたって引っかかる問題があった。

それは林道含む二時間の山歩きってやつだ!!

かつて少しだけやっていたとは言え、か~み~は登山がそんなに好きではない!!
なので水晶は欲しいけど長時間歩きたくないと葛藤していたのだwww


しかも朝6:00に川上村のナナーズ集合と早く…前日穴探索からのキャンプで、そのまま長野入りした時は体はバキバキで眠気も疲労もかなり蓄積されていた。それでも参加するあたりが…。


山を完全に舐めている!!



バタバタしつつも装備を整えて出発!!
気がつくとあっという間に引き離されてしまったwww


今回は鉱師さん、Mさん(ロボコップ)、広瀬さんにか~み~を加えたフォーマンセル。

広瀬さんはメルカリで鉱師さんから石を購入し、そこから繋がって参加となった面白いパターン。
 
メルカリで石を見つけて興味を持って、買って、行きたいです!と志願し、決行するまでが非常にスムーズ。


恐ろしいのが広瀬さんは鉱師さんについていける機動力の高さを持っているぞ!!

言うまでもなく鉱師さんはex.クライマー、ex.山岳救助隊と山のスペシャリスト。
チャクラ量も半端ない故に、普通の人が一時間かかる所を三十分で通過するかなりの手練だ!

今回は撮っている時間がなかったのでさり気なく休憩中に記念撮影。


本当は何人か声をかけて一緒に行きましょう的な事を考えた。だけど二時間歩かせるってさ…。

僕には出来ない!出来ないよぉ!!


しかも普段色々な人が採りに行ってる所とは別の場所で、かなりキツいってなったら…流石に厳しいかなと…。

だからまずはか~み~が体験してどんなものかわかったら、他の人を誘って行こうかなって思ったんだ。


林道をひたすら歩き、沢や雪渓を登って奥へと行くと…。


今度は山登りが始まるんだけど、これがなかなか苦戦する。


でもこの辺から水晶がそこら辺に転がり始め、テンションが一気に上がった!!


叩いてわろうかな?と思いハンマーを手に近づくとMさんから「ここより上の方が良いのがありますよ☆」と言うので諦めたけど…。

この段階でもかなり良質の透明な水晶なのに、上だともっと凄いのかwww


それにしても体がおかしい…。前日の影響がここまで出るとは…。頭が痛く体がダルくて重いのですぐに疲れてハアハアしてしまう。


万全の体制で来るべきだった…。小川山がここまで手強いなんて。Mさんが行けるんだから余裕と思ってたのにとんでもない話だ。

休み休みしつつ何とか最初のポイントに到着。早速鉱師さんがガマ開けをしてる所を見せてくれた。


しばし各自水晶探しに勤しみつつ…上を見上げた。ここが終わったら今度はここを登らなきゃダメなのか…。

そう思いながら…ここでか~み~は苔の上に体を横たえて一息ついたかと思うとそのまま眠りについてしまったのだった…。