小鹿野探索① ~公会堂編~

テーマ:
この前ラッパーK氏と穴に行く前に小鹿野町を探索しようZE!って話になったんだ。
今までは単なる通過の為だけで特に気にしていなかったけど、実際色々あるんじゃないのか??

ちょっと寄ってこ!寄ってこ!ってな感じで探索開始…ッッ!!
一応一ヶ所廃吊橋があるのでそこを目指しつつ車を走らせた。


いつも周りを見ながら乗っているので気になった場所があれば引き返したりして確認をする。
ナビを出して見てると高橋はくせい専門店と気になるお店を見つけたので、何気なくその道を通ってみた。

ふと思い出したのが山里の記憶に出てたあの剥製屋の高橋さんだ!って事。秩父鉱山の本にもその絵が出てくるので見た事がある人もいるだろう。
また山里の記憶が味があって面白くってね、好きな本の一つでもある。

まぁそれでだ!そこを過ぎてすぐ右側に古い建物が見えたので思わず二度見。


廃校かと思ったらそうじゃなくてどうやら公会堂らしい。


当時使ったであろう釣鐘…にしては新しい気もする。


この廃校チックな雰囲気と西洋風を足して二で割った感じが萌える要素満載。


敷地内の木には巣箱が設置されていた。結構古い物で中を確認しても鳥は入っていなかった。


現在はたまに何かで使われている可能性もあるけど歴史はそこそこあると思われる。


柱にはホーローの電話板が打ちつけてあり、当時の歴史を偲ばせる。
昔はこんな感じであちこちにあったんだよね。
今でも田舎の方に行くと時々見かけるけど、個人的には右から書かれた電話板の方が萌える!


正面玄関の上には謎の紋章が!これで何か手がかりが掴めるのかもしれないぞ。
とか言って単なるデザインだったりしてwww


カーテンの隙間から僅かに中が見えるんだけど埃をかぶった何かがある。
地域の公民館代わりに使ってる可能性が非常に高い。


忘れ物の傘もあるのがほぼ間違い無さそうだ。
実はこの近所の人にも話を聞いてみたかっんだけど、誰も歩いていないwww


何故かトイレは外にあって両便所と看板が出ていた。
トイレってそれなりに歴史だったり感じられるから面白いんだよね。


う~む…。男性用は垂れ流し式でしかも土タイプ…ッッ!!
ひたすら浸透させて土の交換は行わないってやつだな!


女性用は汲み取り式とは違った外タンクに流れるタイプっぽい。


あっという間に見終わったので帰ろうとしたら草むらに何やら蠢く物が!
ビックリしてまたトリプルアクセルかましてギックリ腰になりにでもしたらシャレにならんwww

アオダイショウだったからまだ良かったってか目が可愛いかったので、出てくるのを待ったがしばらく動かなかった。


公会堂の片隅には三田川村道路元標と書かれた石碑があり、歴史がわかりそうだったけど…残念ながら他には何も書いていなかった為に謎のベールに包まれたままだ。

中に入れなかった事もあり、我々はそのまま次の目的地の廃吊橋の方へと向かった。


住所:埼玉県秩父郡小鹿野町三山385-1からすぐ
AD