Larmia's Room

主に観劇記録。
濱田めぐみさん大好き。


テーマ:



2月18日(土)
ミュージカル「フランケンシュタイン」
大千秋楽



Wキャストは、柿澤、加藤、難波、齋藤。

ビクターとアンリの組み合わせは4通り全部観たけど、この柿澤加藤ペアが一番分かりやすいと感じました。芝居も歌詞の聞き取りやすさも。

でも、かきこにペアの時の酒場の「ルンゲだぁ~~~」も好き。
「君の夢の中で」で、加藤アンリが手を出してアッキービクターと握手かと思いきや、そのまま引き寄せてガッツリハグするのも好き。

誰を何回観たのか、数えてみました。
中川・加藤4
中川・小西3
柿澤・加藤2
柿澤・小西3
スペシャルバージョン柿澤・中川・小西
以上の合計13回だったようです。
結構満遍なくチケット取ってたのね、私。

千秋楽にあーだこーだ細かく書くのは好きじゃないので、必要最小限に。

まずは恒例のルンゲ。
千秋楽の献立はカツカレーでした。
東京でもあったの二度目のカツカレーです。
カッキー坊っちゃま、ガッツポーズ。

そのあと。

ル:質問ですか、命令ですか
ビ:どつかれたいんですか、どうなんですか
ル:カツカレーがニンジンスープに変更されました
ビ:クビにするぞ。カツカレー好きなんだから

千秋楽に坊っちゃんの大好物を用意する愛に溢れた執事ルンゲさんでした。

1幕の回想シーン「孤独な少年の物語」。もちろん、めぐエレンの歌は素晴らしいし、子役ちゃん達の演技も素晴らしいのですが、ちょいちょい出てくる若かりし日のルンゲさんが、本当に素晴らしいのです。台詞も歌もないのですけど。
犬を生き返らせた後リトルビクターが「生命の本質」を歌うところ。うしろで見守るルンゲとエレン。いつもは眉間に皺を寄せて心配そうに見守るだけですが、今回はルンゲとエレン両方とも泣きそうな表情になり、全く同じタイミングで両者がワッと泣き出したのでびっくりしました。なに?!このリンク?!ルンゲとエレンは位置的に互いの顔は見えないと思うのですが。あの場の空気がそうさせたんでしょうか。
こういうミラクルがあるから、何回も劇場に通っちゃうんですよね。

2幕のジャックは「でら会いたかったしぃー」と名古屋弁。そのあとも「みゃーみゃー」言ってました。
PPAPもウケてご満悦なカッキー。東京ではドン滑りでしたから。
ルンゲが「返品させてちょ」って言ったら、「もう1回やって」とやり直しさせるジャック。カキジャック、どこまでもS!

カッキーが名古屋弁入れてきたので、めぐエヴァも挑戦。ジジィの棺桶こしらえて待っててやる!の後に「でら」とか「みゃー」とか付けて退場していきました。そのささやかなアドリブがカワイイのです。ドSなはずのエヴァちゃんが、控えめにアドリブ放ってそそくさといなくなるのが。ギャップ萌え。

今作品は、エレンは初日から完成形だったし、エヴァは変化はあってもいつものめぐさんのような深化とは違う。ちょっと珍しいパターンだったかなと思います。出番も少ないし。だって死ぬ前にあんなちょっとしか歌わない役なんて、今まであった?「お先に逝くよ、淑子ちゃん」以外に思い浮かばないんですけど。
今年はこのあとも、王家の紋章、デスノートと、めぐさんの出番が少ない作品が続きます。去年のテルミーやマーダーのコスパが良すぎたので、余計に短く感じますが。最後にドカンと一発ソロコンサート、やってくれませんかねぇ。

話がそれましたので、フランケンシュタインに戻します。
カテコご挨拶。終演直後にTwitterに上げたので、それコピペしてちょい付け足し程度ですが。

そーまさん「今回は替え歌ないんです(えー、という客席の残念そうな声にご満悦のそーまさん)。43回、料理を考えるの楽しかったです。」

相島さん「感無量。お客様と同じく私もフランケンシュタインが大好きです。20人も友達ができた(キャストのこと)のが嬉しい。」

めぐさん「初めはどんな作品になるかわからず、初めてメンバーと顔を合わせた日は
、千秋楽が本当にくるのだろうかと思ったほど。私たちがまいた種を、皆様が育てて大輪の花を咲かせてくれた。エレンとエヴァはとても振り幅が大きい役で、充実した日々を過ごしました。」

音月さん「感謝でいっぱい。感謝を語ろうとすると5時間は必要。皆さん時間ないと思うので(笑)。アッキーと勇人がカンパニーを引っ張ってくれました。」

加藤さん「生まれも育ちも名古屋。地元で千秋楽を迎えられるのは嬉しい。幕が開いてから、みんなで競い合い、助け合いながらやってきた。明日からは別々の道を歩んでいくけど、みんなでまたやりたい。」

柿澤さん「一人も欠けることなく千秋楽を迎えることができてよかった。再演があると信じています。それまでにみんなそれぞれの道で経験を積み、パワーアップしたい。」

5階までびっしりと埋まった客席のスタオベは圧巻でした。
この人気なら、再演あるよね?
ただ、多忙なキャストばかりなので、みんなの予定を合わせようとするとやっぱり数年先になってしまうのかなぁ。

めぐさんが出演していなかったら観に行かなかったであろうこの作品。思いの外、ハマりました。もし再演でめぐさん不在でも、たぶん観に行くと思う。

フランケンシュタインカンパニーの皆様、お疲れ様でした。
またお会いできますように。


千秋楽を記念して、今日の夕食はカツカレーとニンジンスープ作りました。

カレーにはエレン(茄子)とジュリア(ポテトサラダ)、「星になりたがった友達」という台詞があったので星も散らしてみました。ご飯はもちろん、ホッキョクグマ。

めぐさん、茄子にしてごめんなさい。

クマオイシイ。
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミュージカル「フランケンシュタイン」
愛知県芸術劇場大ホール

マチソワしてきましたが、キャスボ撮影はマチネのみ。入ってすぐのところにあるので、撮影しにくい。通路を塞がないでとスタッフが呼び掛けるがそれは無理難題。そこにキャスボ置いたら通路確保できないことぐらい素人でもわかるわ。他に場所はなかったのかなぁ。いっそのこと5階のロビーでもいいよ。撮りたい人はエスカレーター上って撮影しにいくから。


マチネキャストは、柿澤、小西、難波、齋藤。こにたんが千秋楽でした。

ソワレは、中川、加藤、石橋、寺田。アッキーが千秋楽でした。平日ソワレは子役はカテコ参加しないのですが、今日は最初だけいたので、子役もラストだったのかもしれません。

このホールは何回か来たことがありますが、本当に響きがいい。
幕開きのオケの音聴いて、思わずにやけてしまったほど耳福。
ただ、響きすぎて初見の人は歌詞を聞き取るのが大変かもしれません。

音月さんが最も響きを見方につけていた感じがします。東京公演とは比べ物にならないくらいパワフルなカトリーヌ。繊細な高音を上手く響かせたジュリア。
めぐさんの声はすごく通りがいいので、エレンは東京よりも2割増しぐらい気の強そうなエレンに感じました。エヴァの方は、マチネはそれほどでもなかったけどソワレは、めぐ節満載で痺れました。エヴァのシャウトはしないで響かせる歌い方でしたが、むしろこの劇場はその方が効果的。でも、日生劇場前半の頃やってたあのシャウト、もう1回聴きたいなぁ。

ルンゲの料理は、マチネが「ピーマンの肉詰め」、ソワレは「エビフライ。3本!」。
カッキービクターはピーマン好きじゃないみたいで渋い顔してました。

アドリブも面白かったけど、マチネの客席は反応が薄い感じ。ソワレは笑ってたかな。

カテコ楽挨拶。

マチネの小西さん。
今日は名古屋初日なんですけど、千秋楽を迎えました!と明るい感じのご挨拶。「またお会いできますことを。」と、アンリの台詞で締めくくりました。最後のカテコでは、客席とともに「クマ、オイシイ!」。
カッキービクターと熱い抱擁を交わしたら、衣装のボタンが引っ掛かって、離れられなくなった二人が微笑ましかったです。

ソワレのアッキー。
いつも通りオケメンバーや裏方、現地スタッフまですべてに感謝を述べてました。主役級の人でも、こうやってみんなに気を配れるのは素敵なことだと思います。カミカミでしたけど、アッキーの人の良さが滲み出てました。そして、カミカミアッキーを後ろで目を細めて見守るそーまさんとめぐさん。ルンゲとエレンのまんまでした。


いろいろ書きたいけど、眠くて目が限界なので(昨夜3時間位しか眠れてない)、明日の新幹線で余裕あれば思い出して書く。


ちなみに、名古屋着いてマチネ前に食べたブランチは、エビフライサンドでした。3本!ルンゲさん、このイメージだったのかな。


おやすみなさい💤
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

▼私を構成する成分は・・・



\あなたはなにでできている!?/
成分チェッカーで分析する

「たまに」なのに70%って。それは、たまにではなくほとんどなんじゃないかと。
えぇ。毒吐きます。
でも、毒を吐く場所と相手は、かなりわきまえてるつもりです。
私に毒を吐かれた人は、私が信頼している証拠ですので。嫌いにならないでね。
AD
コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。