統一原理の生活化

私は分派や反対派、何とかグループでも妄信的な現体制支持派でもない。
あえて言うなら、「氏族メシヤ候補」というところか。
教会内外の様々な問題を見るにつけ、今更ながら統一原理の真理性を確信するこの頃である。


テーマ:

…といっても夜の関係の事じゃない。


よく夫婦を漢字の「人」に例えて、

左側が夫、右側が妻に見立てた。

この姿は妻が夫を支える関係。


夫が弱々しくても、妻がしっかりしてれば、

何とか「人」という字は倒れずにすむ。

逆に夫が強くても、妻が弱々しければ、

「人」という字は倒れてしまう。

全てが妻次第という事?


しかし本来は、そうじゃない。

夫も自立し、妻も自立しながら、

その上で支えあう関係。

これが「H」という文字になる。

「I」だけでもしっかりしてるが、

「-」が入ると、構造的に、かなりしっかりしてくる。

ここで1+1が3になる。

この「-」というのが、夫婦間の微妙な距離にもなる。

近すぎず遠すぎず、適度な距離が大事。

また鎹(かすがい)という意味の子供にもなる。


本来、個性完成してから結婚となる。

信仰路程では、サタンを分立した立場に立たないといけない。

サタンを見抜けないまま家庭を持つと、

意外な落とし穴に落ちる。


ま、最近こういう事を感じている。

ニコニコ  たまにはポチポチしてね~ チョキ

        ↓↓

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



いいね!した人  |  コメント(2)
PR
同じテーマ 「ぼちぼち日記」 の記事

テーマ:

神の啓示についてお父様は、いくつか語ってある。
それを自分なりに整理してみた。
以下は私見なので、完全に正しいかは判断不明。
もしかしたら5段階以上に分かれるかもしれない。
啓示の段階に関してお父様の完璧なみ言をご存知の方は教示願いたい。

~~~~

啓示には段階や種類がある。
祈り以外にも啓示を受けていることがある。

暗示:自然現象や人を通して神の啓示を感じる。

目の前に木の葉がヒラヒラと舞い降りたとき、何でもない人の一言が実は神の啓示だったりする。

夢示:夢うつつの中に現象が現れる。これは普通に眠っている時の夢ではない。

文先生は寝ているか起きているかわからないような、

うたた寝の時に見る夢の中に啓示があるといわれる。

啓示:何かの声や幻想が目の前に現れる。それ自体では何の意味かわからないので、

分析が必要となる。

指示:祈祷の中に直接神様の声を聞く。ある人は外的な男性の低い声を聞く。

ある人は音声ではなく、内的に訴えかけてくる言葉として聞く

(経験者にはわかると思いますが、ちょっと説明しづらいです)

黙示:完全に神通した状態。神と一問一答。堕落前のアダム・エバの状況のよう。

~~~~

直接神の声を聞くような人は、本人の信仰というより、

何代もの先祖の信仰の土台がある人が多い。
知人の三代続けて熱心なクリスチャンだった人は、よく神様の声を聞いていた。

ちなみに私は「指示」の中の「内的な声」を聞くことがある。
2時間祈れば神様が答えられるが、実際はそう簡単ではない。
心情の状態、体力の調整、時間空間の環境が整わないといけない。
何よりもそれだけの深刻な課題がないと祈れない。

~~~~

昔から言われていたが、統一教会は祈りが少ない。
祈祷会と言っても報告会だったり。
それでも私が以前いた部署は祈祷会では最低40分は祈っていた。
祈らずに、み言を読んでもお父様の真意が伝わりにくい。

そういえば以前、経済摂理が大変なとき、「神様の啓示」がFAXで流れてきた。
それを読んで「これ、本当に啓示?」と不信仰を抱いてしまった。

いつもの私の受ける感覚と違っていたから。何か意図的なものを感じた。
その不信を誰にも話さずにいたら、よく啓示を受ける姉妹から「これ啓示じゃないですよね?」

と質問された。
私は何も答えられなかった。
あんなに信仰的な姉妹が、そういう事を言うとは思わなかったが、

答えは今でも闇の中。
(まあ啓示は5段階あるから啓示といえば啓示だろうが)

……最近、神様とはあんまり話してないな。

PS:2時間の祈祷の中身はほとんど「神様、あなたが語りたい事をお話ください」。

いつの間にか涙と共に語られてくる。


ニコニコ  たまにはポチポチしてね~ チョキ

        ↓↓

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:

今日は「ブログの日」なので久々にアップ。

2(ブ)6(ログ)という事でサイバーエージェントが制定したそうな。


お母様と顕進様が会談されたというニュースが先日流れた。

そして今度は金孝律氏に3ヶ月の休暇を取らせたという話も。


私は3年間、この事をずっと祈ってきたので漸くかという感じ。

問題は今後、どのような方向に向かうかということ。

顕進様を支持する人達は、顕進様の主張と行動が正しかった、

教会幹部の過ちが正されていくという感覚だろうか。


果たしてそう簡単に解決するだろうか。

今までの教会側と顕進様側の対立は様々なシコリを残す。

教会側は顕進様側をサタン呼ばわりしてきた。

また顕進様を支持する人達は、教会幹部だけでなく、

他の子女様までも批判してきた。


私は、教会側からの宣言文にはサインをしなかったし、

集会にも参加しなかった。

顕進様を批判もしなかった。

むしろ一日も早く顕進様、国進様、亨進様が一体化される事を

願ってきた。

顕進様を支持する人達は、教会側につかず、

顕進様側にもつかない人を「中間位置」だと批判してきた。

そしてどちらかハッキリするように主張してきた。

これは正に分裂させるサタン的手段だと思う。


結局、どちらが正しくどちらが間違っているというような、

兄弟主義的観点から抜け出せていない。

父母主義に立って、子女様の一体化を願うのがあるべき姿なのに。


今後、お母様を中心にどのような方向に動くはわからないが、

問題は食口が兄弟主義から脱却できない限り、

本質的な解決はないだろう。


真の家庭にカインの子女達が割り込む事で複雑化する。

カインの子女が争うのではなく、その点を反省すべきだろう。


どうか霊界におられるお父様と子女様が地上に働かれ、

地上のお母様と子女様が一体化するようにと祈るのみである。

これなくして全ての世界摂理は空しくなるだけだ。




ニコニコ  たまにはポチポチしてね~ チョキ

        ↓↓

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ





いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード