laphroaig-10さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

◎警蹕(けいひつ)の音


警蹕とは、天皇の出御・陪膳・行幸などの際に、先を払うために声をかけることです。また、貴人の通行などの際にも行われていました。

神社祭祀では、御扉開閉や降神(諸祭では昇神も)に際してかけられます。


その音(音韻)は、明治40年の「神社祭式行事作法」では「を(wo)」の音でしたが、昭和17年には「o」の音に改められました。


長谷晴男先生『神社祭式行事作法沿革史』(平成11年4月、140頁)では、


言語学者等の考證により、「御先を追ふ声はオである」とのことで「オ」に改めた。


と書かれています。その「考證」の典拠(研究書名・論文名)は不明です。


「御先を追ふ声」というのは、

『源氏物語』(少女)に


御前駆を(お)ふ声のいかめしきにぞ、「殿はいまこそ出でさせ給けれ…」


と出てきます。またその音韻については、


『世俗浅深秘抄』(後鳥羽天皇:1180~1239)に、次のようあります。


一、称唯時ハ塞口。警蹕時開口也。
一、警蹕伏ザマ爾称。称唯ハ起ザマ爾称也。


つまり、はい、と承る声である「称唯(唯称)」の場合は、口を塞ぎ「ヲ(wo)」の音であり、「警蹕」の場合は、口を開き「オ(o)」の音であったことが確認できます。


AD
いいね!(8)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

◎伊勢神宮の宣命に「押紙」


伊勢の神宮の宣命(天皇のお言葉を勅使が奏上する)の行事作法については、『儀式帳』や『延喜式』(伊勢大神宮)に書かれています。


『皇太神宮儀式帳』(延暦二十三年〔803〕撰進)

即(やがて)駅使中臣(はゆまづかひのなかとみ)、版位(へんゐ(に))進みて跪(ひざまづ)き、告刀申し畢(をはり)て、本座就き、次に大神宮司、版位に進みて跪き、常(つね)の例(ためし)の祭の告刀(のりと)申し畢りて

『延喜式』巻四・神祇四・伊勢太神宮・神嘗祭条(延長五年〔927〕奏進)

右月十六日、祭度会宮。十七日祭太神宮。大内人各著明衣。分頭左右。宮司立中。次使忌部捧幣。  次馬。次使中臣。次使王。入就内院版位。使中臣申祝詞。訖神宮司宣祝詞。余儀同月次祭。


その祝詞の本文は、『延喜式』巻八によると、


◎九月神嘗祭[勅使]

皇御孫御命以伊勢乃度会五十鈴河上尓称辞竟奉留天照坐皇大神乃大前尓申給久常毛進留九月之神嘗乃大幣帛乎某官某位某王・中臣某官某位某姓名乎為使忌部弱肩尓太襁取懸持斎波利令捧持弖進給御命乎申給久止申

◎同神嘗祭[宮司]

度会乃宇治五十鈴乃川上尓大宮柱太敷立弖高天原尓比木高知称辞竟奉留天照坐皇大神乃大前尓申進留天津祝詞乃太祝詞乎神主部物忌等諸聞食止宣 禰宜内人等共称唯
天皇我御命尓坐御寿乎手長乃御寿止湯津如磐村常磐堅磐尓伊賀志御世尓幸倍給比阿礼坐皇子等乎毛恵給比百官人等天下四方国乃百姓尓至万弖長平久護恵比幸給止三郡国々処々尓寄奉礼留神戸人等乃常毛進留由紀乃御酒御贄懸税千税余五百税乎如横山置足成弖大中臣太玉串尓隠侍弖今年九月十七日朝日豊栄登尓天津祝詞乃太祝詞乎称申事乎神主部物忌等諸聞食止宣

神主部共称唯荒祭宮月読宮尓毛如此久申進止宣 神主部亦称唯

という内容です。勅使の宣命は、内宮と外宮の違いは、「五十鈴河上」と「山田原」のみです。


『新任弁官抄』には、弁官の心得として神宮の殿舎やその配置、祭主以下の神職について書かれています。


為職事弁官者者、尤可知神宮事、粗記之。【写真参照】


という理由です。その直前に、


五十鈴川上下津岩根〔伊世宣命一通也。而中臣参外宮時、加押紙、五十鈴川上ヲ山田原下津岩根止讀云云〕【写真参照】


と記されています。


つまり、宣命は、内外両宮分、二通を用意するのでなく、内宮用一通を用意し、外宮では、使中臣(勅使)が「五十鈴川」という文字の上に「山田原」と書かれた「押紙」(張り紙)をして奏上していたことが伺えます。


laphroaig-10さんのブログ


★現代の神職も固有名詞のみ「押紙」をすることはありませんか。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◎祝詞奏上作法の故実と沿革


 【参考文献】
小野和輝氏「神社祭式行事作法(明治四十年)制定の一考察―祝詞奏上を中心として―」
長谷晴男氏「祝詞奏上作法の変遷─昭和十七年の改正の作法について─」
小野迪夫氏「戦後篇 祝詞奏上の作法について」  (『禮典』第十九号、昭和五十七年七月)


①故実


 *最も多い事例
再拝
祝詞
再拝


 *拍手を伴う事例

 『儀式』(大原野祭)
両段再拝
祝詞
両段再拝
拍手四

 『江家次第』(吉田祭)   (春日祭)
   神拝四段       両段再拝
祝詞 祭文
拍手一段或は四段 拍手三度或は四度


②明治八年「神社祭式」
(神官の長官)
  次同官祝詞ヲ奏ス〈再拝拍手下同シ〉

      (揖) (揖)

③明治四〇年…………再拝 拍手二 押合 祝詞奏上 押合 拍手二 再拝


④昭和一七年…………再拝       祝詞奏上       再拝
 
*「日拝、祈願、祈祷等ニ当リ祭典執行ノ場合ニ於ケル作法ニ関スル件」
 (昭和十七年十二月十日 神祇院一七発教第八三号教務局長依命通牒)


  祝詞奏上…………再拝       祝詞奏上       再拝

  拝   礼…………                再拝 拍手二 拝揖

  祝詞奏上・拝礼 … 再拝       祝詞奏上 再拝 拍手二 拝揖
*祝詞奏上後の「再拝」の部分は、再拝が重複するので、これを一回にまとめた。


⑤昭和二三年………再拝       祝詞奏上 再拝 拍手二 一拝


◎祝詞・祭詞・祈願詞等の名称

  御告文(おつげぶみ・ごこくぶん)…神祇に対して、天皇が奏上されるもの
  告 文(つげぶみ・こくぶん)…………   同    皇族が奏上されるもの
  御祭文(ごさいもん)…………………… 同    勅使が奏上されるもの
*古くは「宣命」と称したが、明治六年四月三日の太政官布告第一二三号により「御祭文」と改称された。
  祝 詞(のりと)………………………… 同    宮司が奏上するもの
  祭 詞(さいし)………………………… 同    献幣使が奏上するもの
  祈願詞(きがんし)……………………… 同    総代が奏上するもの

○宮司・諸員の作法

  御告文・告文・御祭文・祝詞……… 諸員は深い平伏(磬折)
  祭詞…………………………………宮司は浅い平伏(磬折)
                  祭員・随員・総代以下は深い平伏(磬折)
  祈願詞………………………………宮司は祇候の姿勢のまま
                  祭員・献幣使。随員は浅い平伏(磬折)
                  総代以下は深い平伏(磬折)


○祭場・礼法と作法


        殿上坐礼式 庭上坐礼式 庭上立礼式

  再拝 居拝 起拝 立拝
  祝詞奏上
  再拝 居拝 起拝 立拝
  二拍手
  一拝 居拝 居拝 立拝


AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。