***Toujours ensemble***Veuillez envoyer la vie journaliere merveilleuse.Je prie chaleureusement.

~いつも一緒に~
家族と友だちと花と木と自然と地球と宇宙と・・・
この出逢いに感謝して
笑顔でいっぱいの素敵な日々を過ごすことができますように・・・



テーマ:

***Toujours ensemble***Veuillez envoyer la vie journaliere merveilleuse.Je prie chaleureusement.


先月は台風で読み聞かせ中止になり、秋になってはじめての読み聞かせです。


東京で読み聞かせをやっているKちゃんが、新潟県の昔話「ねずみの歯」を素話でやっていて、粟の穂を岩手県の雑穀のお店http://www16.ocn.ne.jp/~odakawa/top.html 尾田川農園さんから送ってもらったとのこと!ぜひぜひ私も子どもたちに粟の穂をみせたくなってしまって、Kちゃんにお話をおしえてもらいました。

でもでも残念ながら、今回は素話にして体にしみこむまで暗誦する時間はなく、あんちょこ作り^^;。

大きな画用紙に写真だと薄いですがパステルで秋色にして、イタチを描いて貼り、真中には送っていただいたドライの粟の穂のブーケをはりました。裏にお話をはって紙芝居形式です!

ねずみはいつもやっている手袋人形で。最後に粟を見せるために、リースを作り、真中に粟をおきました。


お話はまず春の野原でねずみがの手袋人形

♪野原でお花が咲くころに

♪野ねずみひょっこり顔を出す

♪お花が見たいと顔を出す

♪チュッチュッチュッチュッチュゥチュッ


からはじまり、ねずみさんから今日のお話のタイトル紹介

絵をたてて、ねずみは裏でかくしておいて 紙芝居形式でお話の始まりです。

イタチが一生懸命育てた粟の穂が秋になってねずみに刈り取られてしまい

怒ったイタチが歯を前歯二本残して切ってしまったのですが

その歯がたいそう強い歯であったために、ねずみは今でも二本の歯でなんでもかじってしまうのだそうです。


途中 ゆんべの粟餅うめかった というところは、わらべ歌風にして歌いながら、ねずみを一匹ずつ

出したり、ねずみ5匹で謝ったり、喜んだりを絵の上でしました。


最後は冬になり、ねずみがまた春にねといって巣穴に戻って眠るところまでをしました。


昔話と手袋人形紙芝居のコラボレーション・・・なかなか楽しかったようです。


最近雑穀ブームですが、現代の都会の子供たち、粟の穂を見たことがないので、Kちゃんの作ったプリントを参考にさせていただいて、11月23日の新嘗祭や五穀豊穣、縄文時代のお話をしました。

ことわざや言葉も残っているというお話から「濡れ手で粟」を実際に手を水にぬらして、粟をとる実演。おーーーという歓声!「どういう意味で使うと思う?」「うーん、早くとれる」「そうそう、苦もなく手に入るということとよね」などとみんなで会話のキャッチボールしながら考えました。


最後に粟と粟の穂を全員に回して、みんな興味深々、そっと触ったり、実際に食べて見ちゃったり・・・

ごまみたい!おいしい!でも~これがお餅になるなってって想像できないみたいで、やっぱり粟餅作っていけばよかったなぁと思いました。


せっかく粟穂のドライがあるので来月クリスマス間近ですが、ちょっとアレンジして別のクラスでやります!その時は粟餅も作っていきたいなぁ!と思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


***Toujours ensemble***Veuillez envoyer la vie journaliere merveilleuse.Je prie chaleureusement.


我が家で毎日毎日大活躍の鉄くんたちです。

先日葉山のクックアンドダインでAちゃんに薦められて購入したお魚焼コンロに入れられる野菜用鉄鍋&能見台の南蛮屋さんで母が一目ぼれして購入したコーヒーミル。


お野菜の絵が描いてあって、かわいい長方形のお鍋。野菜とお肉をポンと入れて、お魚焼に入れてタイマー15分!あっという間にメインディッシュの出来上がりです。

Aちゃんがお弁当にお薦めとのことですが、ほんとにほんと・・・おいしい塩コショウと素材があれば、あとは鉄くんがおいしくおいしく素材の良いところを引き出してくれるのです。

Aちゃんのいうとおり、ほんとにお料理上手ってお鍋さんのこと???と思う今日この頃です。

お野菜やお肉だけでなく、パンケーキやフレンチトーストまでこれで作ることに!

家族みんな感動して、やっぱりダッチオーブン買っちゃう???なんて話もでているほどです!

Aちゃん、クックアンドダインhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/cook/shop/index.html のYちゃんご夫妻との再会と鉄鍋伝授ありがとうねっ!


コーヒーミルは、毎日コーヒータイムにガリガリガリガリ!ひきたてのお豆でコーヒーを入れます。深入りの時は、泡立てたミルクを最初に入れて、トールグラスに2層カフェオレにしたり。浅入りの時は、そのままストレートで!


話はそれますが、ミルの隣にあるのは、タイの王室御用達 ドイ・トゥン・コーヒーです。

これはブルーなのでライト。クラッシックの深入りと両方買ってきました。

酸味の苦手な我が家はとてもお気に入りです!

メーファールアン財団のお店に行けばお豆で購入できるという情報だったので行ったのですが、なんとそのときは粉しかありませんでした。あきらめて帰ったのですが、最後空港になんとお店ができていて~豆で売っていました。200g600~700円位だからこちらではかなり高級かもしれませんが、日本に比べれば安くて上品でおいしいコーヒー。コーヒー好きの方へのお土産にお薦めです。


このドイ・トゥン・コーヒー、タイ北部の山岳地帯で栽培されています。 もともと北部の山岳地帯はケシが大量に栽培され、農民たちの生活は貧しく、麻薬による健康被害もひどかった地域。 そんな現状の地域をご自身で実際に視察されたプミポン国王が麻薬撲滅に立ち上がり、商品作物で生活ができるよう資金を提供。 そして、プミポン国王のお母様の出資によって設立された、メイ・ファー・ルアン財団(山岳民族の織物もセンスよくとても素敵です)がドイ・トゥン・コーヒーの生産管理、販売を行っているそうです。 収穫は手作業で行われ、より良い豆を厳選しているので、これだけ風味もよいのです。


10年前はまだまだお砂糖練乳たっぷりのあまーーいコーヒーがタイのコーヒーだったけれど、この数年はアラビカ種のフレッシュコーヒーが人気になってきたそうです。これだけコーヒー豆の品質が向上したこと、タイ人の好みも変わってきたこと、景気がよくなったこと・・・

コーヒーひとつとってみても、ここ10年のタイの移り変わりを感じて、楽しくなってくる今日この頃です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

***Toujours ensemble***Veuillez envoyer la vie journaliere merveilleuse.Je prie chaleureusement.


読み聞かせでいつもお世話になっているボランティアのKさん。お孫さんは今年卒業なさったのですが、まだ続けて下さっています。実はKさんと娘さんは陶芸家でもいらっしゃり、ご自宅に窯がありお教室もなさっています。

夏休みは子供たちにも教えて下さるというので、この夏は娘も参加させて頂きました。


まずは7月に土の捏ね、練りを指導していただいて、素焼き前の形づくりまで。

娘は、大きなお皿の上にコップがのるタイプ。カフェをイメージしているようでした。


***Toujours ensemble***Veuillez envoyer la vie journaliere merveilleuse.Je prie chaleureusement.


8月中旬に素焼きしていただいたものに、ヤスリがけ、絵付、釉薬かけ

そして本焼きして一週間後に完成品を頂きに行きました。


帰国してからチェンマイの象さんの幸せ計画 http://www.elephanthappylife.net/  絆メンバーになったのでその記念とみんなにその活動を知ってもらいたいということで、お皿のデザイン絵は象さんになりました。タイ語も一生懸命練習して。

自由研究ファイルには、焼き物の説明とタイの象さんやボランティアのことも載せました。


ちょうど金沢で九谷焼も伝統的な作品から新鋭作家の方々の作品までいろいろ見ることができ、実際に自分で作った後だったので、とても興味深く、またこんなのも作ってみたいとアイデアも浮かんできたようでした。


陶芸教室は数多くありますが、最初から最後まで、特に釉薬がけまですべて子供にさせていただけるところはなかなか少ないと思います。Kさんと読み聞かせでご縁をいただいたおかげで、本当に貴重な体験をすることができました。ありがとうございました。

また来年の夏もぜひお願いしたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。