中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

日朝問題が平行線をたどって、解決の糸口すら見えない。

正確に言うなら、片付きそうにないのは、いわゆる拉致問題だ。


ことこの問題に関しては、北朝鮮は「既に解決済み」との主張を崩していない。

そんな北の態度に、大多数の日本人はイライラさせられている――ま、俺も含めてだが。


さて、そんな中で、従軍慰安婦問題もここにきてクローズアップされている。

日本軍の関与を認めるかどうか――というよりも、認めるか認めたくないか、という方が正しいのかもしれないが。

そういう議論になりつつある。

この手の問題に敏感に反応するのが、韓国や中国だ。

被害者サイドだから、当然といえば当然だ。


従軍慰安婦に限らず、マクロなレベルで、歴史問題は未だに大きな壁になっている。

少なくとも、中韓はそう思っている。

ところが、日本国内ではどうだろうか。

侵略戦争の是非はともかくとして、あの戦争は「過去のもの」となってしまっているのではないか、と、俺は感じている。

だから、靖国問題などで中韓が大騒ぎするたびに、「昔のことをいつまでも・・・」と眉をひそめる人たちの意見があちこちに登場する。

あの戦争については、もう解決済みだ、という意見もある。

政治史的に言えばその意見は一面では正しいのだが、とりあえずそれはおいといて。


「昔のこと」とは、いつまでのことを指すのか。

「解決済み」とは、何をもって解決というのか。


問題は、先にも書いたが、被害者サイドの心理にある。

例えば中国の場合、内戦等による疲弊のため日本の支援が必要になり、国のトップが「過去ではなく未来を見よう」と、仲直り宣言をする。

むろん、それは正しい。

ただ、その言葉だけで、実際に被害を受けた人たちが過去を忘れることができるのか。

・・・考えるまでもなく、否だ。

彼らにとっては、「解決済み」ではない。

そして、被害者本人や家族は、今もまだ悲しみを抱えて生きている。

ならばそれは、「昔のこと」なんかじゃない。

まごうことなき、「今」の話のはずだ。


さて、北朝鮮に話を戻すと。

彼らが外交戦術として「拉致は解決済み」と主張している、と、言われている。

そうかもしれない。

が、そうでないかもしれない。

彼らは本気でそう思ってるのかもしれない。

日本の政治家たちが、日中戦争を「過去のこと」で「解決済み」だと、本気で思っているように。


ふと、そんな気が、した。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

何度も書いてきたことだし、今さらいろいろ言っても仕方ない。

なので、簡単に。


もういいから、小泉、消えろ。

死んでくれても構わんぜ。祝電くらい打ってやる。



それと、海外のメディア(というか主に中国と韓国)へのお願いは。

小泉を非難するのは当然だし全然構わないけど、

日本中にあふれかえっている小泉への批判の声もちゃんと自国民に伝えてください。

日本人全員があのバカ首相と同じ穴のムジナだと思われるのは非常に屈辱だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

別に今に始まったことではないと思うが、最近は特に中国での反日感情の高まりを受けてか、「中国」を分析したような本をよく見かける。

内容の真偽はともかく、読んで気分がよくなるとも思えないから、俺は読んでないのだが。

案外そういう本に限って、「真の友好関係のためには真実を知らなければ」とか、まあそういうことをうたっているわけだが。

一理はあるが、こういう本を読んだ後に中国を好きになるという人は稀有だろうと、思う。

極端な話、例えば日韓関係においては、真剣に歴史問題を追及するマジメな方々より、歴史認識など気にせずにヨン様を追いかけて韓国に大挙して押し寄せたオバサンたちなどのほうが、よほど現実的に日韓友好に貢献してるんじゃないか、とか思ったりする。


さて、今回はそういう本についてなんだが。

ちらっと見かけたある本のタイトルは、『中国人の99.99%は日本が嫌い』というもの。

ふむ。

中国人を13億人とすると、12億9987万人が日本のことを嫌っている、と。

そいつはけっこうな数だ。


この数字が正しいの間違ってるのと、論ずるのは無益だろう。

根拠などあるわけがない。

日本のことが好き、という中国人を、俺はたくさん知っている。

それだけで十分だ。


しかしまあ、こういうのを書く人は、どういった意図の下に書いてるんだろうか、と、ときどき考えたりする。

日本国内で反中感情が高まって喜ぶ人――ま、政治家とか国防族とか、いろいろと思い当たるけど。

そういう、利益がらみであるなら、ある意味――語弊があるかもしれないが――健全といえなくもない。

利益を追求したいと思うのは自然な心理だし、理解できる・・・正しいかどうかは別問題だが。


ただ、そうではなくて、純粋に中国が嫌い、というのだとしたら。

そっちのほうがタチが悪いかもしれない。

そして、そういう傾向が徐々に増えつつあるのもまた、事実。


日本と中国、双方の指導部がそれぞれ大きな問題を抱えているのは否定しない。

その辺の連中を嫌うのは、無理もない。

というか、俺も嫌いだ。

けど。

そんなごく一部・・・それこそ0.0001%にも満たないような連中のために、隣同士の国でいがみあうのも、なんだか変な話だ。

別に、好きになれなんていわない。

実際に中国で暮らしてて、アタマにきたことはいくらでもある。

でもそういった、政治色のフィルターを抜きにして、個人的感情で好きとか嫌いとか言う・・・そういう関係が自然なんじゃないか、と思うのだ。


国と国・・・といったって、結局は人と人。

なんら変わりはない。

きっと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小泉首相、靖国参拝。

またまたうんざりさせられるようなニュースだ。

もういい加減にして欲しい。


小泉個人の信念など、どうでもよろしい。

結局小泉の子供のようなわがままな行動で迷惑を受けるのは、中国にいる日本人、日本にいる中国人。それから、中国のことが好きな日本人や、日本のことが好きな中国人である。

(「中国」を「韓国」と読み替えても差し支えないけど、とりあえず中国のお話なので・・・)


俺の観点で言えば。

小泉サンさあ。

他人のいやがることをやってはいけません、と、言われたことはないのかな?

自分が正しいと思い込んでいることなら、他人の感情を気にしないでやっていいのだ、と、思ってらっしゃる?

それを、コドモというのだよ。

仮にも一国のトップにいる人間が、いつまでもそんなダダをこねてていいのかい?

・・・ていうか、アンタ、バカだろ。

『長い目で見れば中国も理解してくれるはず』という意味不明な言葉はどこから出てくる?

行くなと言われているところに行き続けることで、相手がわかってくれるはず――どこをどうすればそんな論理になるんだ?

詭弁にしてはあまりにもお粗末だし、本気で行ってるなら底なしのバカだぜ。


・・・とまあ、言いたいことはいくらでもあるのだが。


ただ、現実を見ると。

小泉の靖国参拝が、日本国内で30%以上の支持を受けているという数字も存在する。

加えて、東京都知事のような存在もある。

こういう例があるから、中国国内で偏見と悪意から発生する反日感情が、まるきりデタラメではなくなってしまうという皮肉な結果となる。

そしてそれに踊らされ大騒ぎする一部の中国人を見て、日本人はますます中国のことを見下す――こうしてここにも負のスパイラルが生まれる。


もう一度言おうか。

迷惑を受けるのは、俺たちだ。

頼むからその辺、わかってくれ。

小泉サン。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の5月4日は、事前にけっこうな量の情報が飛び交っていた。

五・四運動を記念しての、反日デモの情報だ。

ネット上では、この日、中国各地での大規模なデモが予定されていた。


が、今のところ、特にこれと言ったニュースは入ってきていないようだ。

中国政府の必死の抑え込みが功を奏した、という見方が強いようだが。

つまりは、学生側が、前回のときにやりすぎたということだろう。


ちなみに前回の破壊行為に参加したとして、ここ浙江大学の学生も数人、既に退学処分になったという。

さらには、政府から各大学宛に通達が来ていて、今後学生が無許可の示威行為に参加した場合、その学長の責任を問う・・・つまりはクビにするぞ、と言ってきているそうだ。

ということで、大学側も学生に対して不参加を強く呼びかけたとか。


そんなわけで、少なくともココ杭州では比較的平和な空気が流れている。


もう一つの考え方も、ある。


以前書いたように、デモ参加者たちはもともとは大して「反日感情」なるものを持っているわけではない。

巧妙に扇動され、また普段からの不満等もあり、公然と暴れられるという一種の快感を求めてデモに参加した人が大半だろう、と、俺は思っている。

いってみれば、期間限定の「お祭り」だ。

大部分の人にとっての「お祭り」は、終わった。

そして今は楽しいゴールデンウィーク。

もういいや、と思ってもおかしくはない。


さて、それからもう一つ。

デモ参加者はほとんどが若者だということも、やはり以前書いた。

では、たとえば年配の人はどうなのか?学生以外の一般庶民はどうなのか?


俺が普段接している人を見る限りは、全くといっていいほど、変化はない。

一年以上暮らしていると、それなりに知り合いが増えてくる。

アパートのお隣さん一家とはそれなりに親しくしているし、近所のメシ屋もなじみになっている。

床屋のおばちゃんとかも、すっかり俺の顔は覚えたようだ。

もちろんこの人たちは、俺が日本人だと知っている。

そして、カケラの拒絶反応も示さない。

むしろ、心配さえしてくれる。


そういう、国だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
実のところ、この話題を続けるのは自分でもややうんざりしなくもないのだが。
だがまあ、なかなかないであろう出来事だ。・・・そうそう起こってたまるか。
引き続きデモ関連の話。

昨日の杭州のデモ&破壊行動は、やはりこちらの日本人にもそれなりの衝撃を与えた。本当にここまで行くとは思わなかった、というのが俺の正直な感想だ。

昨日一日で、けっこうな物的損害が出たようだ。
人的な被害は今のところなかったようだけど・・・。
主な被害は、やはりあちこちの日本料理屋。
投石等でガラスが完全に砕かれ、当分営業は無理のようだ。
それと、日本車。
暴徒どもの目に付いた日本車は片端から破壊された。

で。
この連中がどこまでわかっているのかわからないが、これによって、被害を受けているのは、当然中国人である。
日本料理店といっても、街中の店のほとんどは中国人が経営し、中国人が働き、客の大半は中国人。
日本車に乗っているのだって中国人である。
その点にはまったく考えが及ばないのか・・・?

及ばないんだろうな、と、俺は思う。
何故って、以前も言ったが、今回の行動は単に暴れたいがための行動だからだ。
日本は中国政府に指定された「生贄」。
不満を内に抱えた若い連中に「今日だけは『愛国』って叫んでれば、堂々といろいろぶっ壊していいよ」なんていえば、そりゃあ食いついてくる。しかも、数千人という仲間がいるのだ。

もっとも、壊されたほうはたまったもんじゃない。
日本車は、多少高級ではあるものの、今では相当数普及している。
たまたまそこに停めていただけで、あっさりスクラップにされてしまうのだ。
実際、怒り狂っている人もいたそうだ。
デモ集団に向かって、「きさまらは愛国者なんかじゃない、ただの犯罪者だ!」
とか叫んだとか・・・。

この、異常事態。
一過性のものにすぎないのか、それとも、歴史的に重要なターニングポイントになるのか・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちなみに、今日で既に二人、中国人の友達がわざわざ俺に心配して電話をくれた。
ありがたいことだ。
ついでに彼らにデモについて聞いてみると、
「おれはあんなもの見たくもない」
が、一人。
「あんなもんにかかわってる時間はない」
「じゃあ時間があったら?」
「あってもいかない。くだらない」
が、もう一人。

うん。
なんか、ほっとする。

だから、来週以降も日中交流会は続ける。
こうなりゃ意地でも続ける。
中止になんかするもんかい。

戦争は結局、数がものをいう。
一人でも多く、日本の友人を作っておく。
それが俺の仕事・・・などと、偉そうなこともいえないか。好き勝手やってるだけだからな・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
疲れた。
なんだか、どっと疲れた。
・・・この国は、どこへ行く?
あくまでもこれは一部の人間がしていることに過ぎない、と頭ではわかっているのだが・・・。

日本でどの程度ニュースになってるかはわからないけど、今日は中国各地でデモがあるらしく、ついにここ杭州へも波及した。
事前に情報が流れてたけど、朝9時に近くの広場に集合し、その後市内をデモ行進、ということだ。
本来は今日はソフトボールの日だったんだけど、それのせいで中止に・・・なんてこったい。
悔しいから、せめてデモの様子でも見に行こうと、朝から出かけてきた。

様子を簡単に言うと。
参加人数は、ざっと数えたところ2500人ほど。
ほぼ、若者である。学生っぽいな。
で、広場で国歌を歌ったりして気勢を上げたあと、国旗を掲げ横断幕もかかげ(打倒日本軍国主義とか、まあそういうヤツね)、シュプレヒコールをあげながら市内を行進。
ただ、ニュースで見るような悲壮感は全くない。
たぶん8割がた、自分で何をやってるか何も考えていない。
笑顔で友達と談笑しながら、参加している。
警備の警察も似たようなものだ。
これもある意味中国人の特徴かもしれない。自分の行動の意味を考えない。周りにあっさり流される。全く持って、これほど扇動しやすい国民もないだろうな、と思ってしまう。

ちなみに、配られていた何種類かのビラ。
宣伝、もしくは扇動するために相当にオーバーに書かれている(と思う。まさか本気でこんなこと信じちゃいないだろうが)。
日本をこれでもかと批判した後、日本製品の不買運動を呼びかけている。愛国者なら買うな!我々は炎帝、黄帝(中国の伝説上の皇帝)の子孫なんだ!ってさ。
戦争中の日本もこんな感じだったのかなあ。
あ、それと最後に、そのビラの中の一番笑った(笑うしかない)一文。
「日中友好などは全く存在しない!過去にもない、現在もない、未来にもありえない!」
・・・じゃあオマエは勝手に孤独に生きてくれ。
オマエと友達になろうとは思わん。
俺は、「大多数の善良な中国人」と、仲良く生きて行くさ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

烈火のごとく、反日運動が広がった。
歴史的に見ても相当な大規模な動きといえる。
北京での一万人規模のデモ、大使館への投石。
上海での日本人留学生への暴行。
四川でのデモ及び日系企業への襲撃。
広東での三万人以上のデモ及びジャスコ等への襲撃。
有名なものでこれだけあるから、他の都市でもけっこういろいろやっているんだろう。
特にこういう動きは、その都市固有の反日感情に左右されるから、例えば南京とか西安とか、あの辺はきっとまだなんかあったと思っている。
デモ行為だけではなく、日本製品の不買運動という形にもなってきているらしい。
理由は大きくは二つ。
先日の歴史教科書問題と、日本の国連常任理事国入り反対運動。
ついでに、というか、尖閣諸島から出て行け、という声もあるようだが。
個人的に言えば、教科書問題は確かに日本に非があるけど、国連に関しちゃ、大きなお世話だ、という気がしている。
おまえらにゃ関係あるまい、と。
嫉妬してるだけじゃないのか?

このデモ隊、構成員は大部分が若者という。
連絡手段は主に携帯やネット。
・・・と聞くだけで、なんかうんざりする。
偏見かもしれないが、なんかそういう連中って、本当に自分の行為をわかってるのか、疑問になる。
なんか日本が嫌いだから。
なんか気に入らないから。
みんながやっているから。
中国が絶対に正しいから。
案外、そんな程度の理由だったりするんじゃないのか・・・?
ちなみにそういう連中、中国語で「憤青」という。
なんにでも腹を立てる青年、ってことなんだと。

中国政府はこのデモに関しては黙認という立場をとり、出動した警察も彼らを制止することはなかったという。
そしてお得意の報道統制。
このデモ等に関して、テレビや新聞は完全な沈黙を保っている。
なので、多くの中国人はこの騒動を全く知らない。
この件に関しての責任は日本にある、と中国政府のある人はいう。
ま、そういう論理もわからなくもないが、教科書問題等の報道を見る限りは、政府が扇動したとしか思えないんだがな。
とまあ、そんな状況なのだが。

さて、ここまでの規模になると、ひょっとしたら他人事じゃなくなるかもしれない。
数人の友人からも、気遣いのメールをいただいた。
では、ここ杭州は、どういう状況だろうか?


とりあえず一言で言うなら、安全といっていい。

もともとこの杭州という土地は、歴史的にも反日感情は強くない。
また、西湖をかかえる観光都市だけに、人々もどちらかといえばのんびりした性格で、あまり騒動を好まない傾向にある。
数年前の法輪功の騒動のときも、ほとんどこれという事件もなかったとか。
騒動が片付いてからやっとそのことを知った、という友達もいた。
そういったこともあり、これまでのところ、特に事件が起きたという話はきいていない。
あるとすれば、街中に抗議の横断幕があったとか、なにやら署名活動をしていたとか、そういうささやかな話だけだ。

この件に関しては、杭州で仕事をしている日本人(ほとんどが駐在員)が、特に敏感なようだ。
その日本人社会では、情報を求める声が飛び交っている。
無理もない。
きっと日本本社からもいろいろと指示も来ているのだろう。
そこで俺も、大学内で情報を収集してみることにした。

それでわかったのだが、大学側も、動きは早かった。
既に教授間では臨時会議が開かれ、「少なくとも大学内においては問題を起こさせない、日本人留学生には絶対に被害を受けさせない」
と、決定したという。
そしてその旨、全学生に通知を行ったらしい。
そのこともあるので、学内はまず安全と思っていい、と、担任の先生は言っていた。

あとは、自衛の問題だろうか。
夜はできるだけ出歩かない。特に、酒場等には行かない。
タクシーに乗ったら韓国人のフリをする・・・これは必要ないかな・・・。
ま、一般の中国人には日本人と韓国人の区別はつかない。言葉を聴いても区別はつかないので。

あとは、日中交流会で問題がなければいいのだが。
もし何かあると、責任の一端はやはり俺のところにもくるんだろうな・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またかよ、と、思った。
「歴史教科諸問題」。

これ関係についてはすさまじく敏感な中国メディア。
あのわけのわからない集団「新しい歴史をどうのこうのする会」が作った歴史教科書が合格したとかで、今日の新聞の一面はいやもうすごいこと。
教科書を燃やしている写真とかが普通に使われている(もっとも、燃やしているのは韓国の民衆。野蛮さをアピールするつもりか、と邪推したくなってしまったが)。

実のところ、いいかげんこの問題にはうんざりしている。
バカばっかりだ、ホントに。
ま、一番のバカはこんな教科書を作る連中だ。
というより、何を考えてるんだか本気でわからん。
あんな事実はなかったと、日本は正しかったと本気で信じているのか?
だとしたら、救いようのない真性のバカである。
なにかしら魂胆があって、と見るのが自然なんだろうが、その魂胆が俺にはよく見えない。
連中の大好きな言葉、「自虐」。
自虐、ねえ。悪いことをした後にすいませんでしたというのが何故に自虐なのか、未だに俺には理解ができないんだが。ま、これに関して言い続けると時間がいくらあっても足りなくなるのでこの辺で。

で、だ。基本的には日本が悪いのだが、さてでは被害者であることを強調し続ける中国には非はないのか?と、いいたくなる人も多いだろう。俺もそうだ。
非、というのとは違うのだが・・・少なくともこの問題に対する報道姿勢には、やはりどうかと思わされることが多々ある。
極端な話、こっちのメディアは、民衆を扇動しているとしか思えない文章を書く。無論、背後には政府の意向があってのことだろうが。
今日の『青年時報』の記事の一部を引用してみよう。
「日本文部科学省は、アジア各国の数々の抗議を無視し、右翼団体『新しい歴史教科書を作る会』の編纂した『新歴史教科書』を合格とした。この本は侵略戦争を美化し、歴史事実を歪曲し、侵略の歴史を消すことを目論んでいる。日本政府のこのような歴史真相を改ざんするやり方は、日本の次世代を誤った方向に導き、アジア各国人民の信頼を失う結果になるだろう。」
と、こんな感じで延々と糾弾が続く。
正直、読んでてうんざりする。
その苛立ちの原因の一つは、やはり俺は日本人だというのがあるのだろうが、もう一つはきっと、正義の使者よろしく日本を断罪する中国が、けしてそれに値する立派な国家ではないからだ。


こと近代史に関して言えば、例えば毛沢東。
この人間の功罪はとてつもなく巨大である。
無論「功」は否定できないが、「大躍進」や「文化大革命」など、負の歴史に関しても大きな責任がある。
が、中国政府(つまり共産党)は、そのことについて公には批判しない。できるわけがない。「タブー」なのだ。
もっとも、今では「文革」は失敗であり、かの10年間は「暗黒の10年」といった認識は、一般的なものになりつつあるようだ。
だが、政府はそれを「公認」しない。「反省」もしない。なおのこと、「断罪」などもってのほか。今もって毛主席は紙幣の顔であり続けるし、愛国心の象徴である。
その他、地方政府の腐敗とそれに付随する農民暴動の完全報道統制、辺境の少数民族に対する弾圧の歴史事実の隠蔽など、実際ネタには困らないここ中国。
そんな国に、「日本は真摯に歴史に対面し、未来へと顔を向け、平和的発展の道を歩まなくてはならない。そうしてこそ、アジア各国の人民の信頼を得ることができる。それが結局日本自身の発展のためである」などと説教されても、素直にはいそうですか、と受け取るのは少々難しいかもしれない。

もっとも、この歴史教科書が日本の次世代に悪影響を与えるという点に関しては、俺も危惧しているところ。
昨今の子供たちの歴史離れは深刻なものになっているらしいが、そんな彼らのわずかな歴史知識はほぼ教科書(を使った授業)からくるものだろう。
そして一般には、子供は教科書は絶対正しいと信じているものだ。いや、そうでなくてはならないのだが。
その教科書があれだったら・・・ちょっとばかり恐ろしい未来像が描けそうだ。

この問題に関しては、中国のみならず、朝鮮・韓国も反応が早い。
韓国は今は竹島問題というまたくだらない(問題そのものよりも、両国の対応がくだらなさすぎる)モメごとを抱えているため、なおさらだ。
一部の団体は、なかなか過激なコメントをだしているようだ。
「この教科書は『軍国主義教科書』である。朝鮮民族とアジア人民は日本が勝手に歴史を歪曲することを絶対に許さない。日本政府はアメリカに追随した軍事拡張路線及び軍国主義への道を放棄し、歴史歪曲行為をただちにやめ、侵略行為に関する徹底的な反省と謝罪をするべきだ」
・・・軍国主義とはねえ。こりゃまた恐れ入る。
ま、扇動にはちょうどいい宣伝文句かもしれない。

・・・なんにしても、くだらない。
どいつもこいつも、もうちょっと理性的にというか、人として恥ずかしくないように生きようとか思わないのかねえ・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。